› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(内張り交換)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2017年05月07日

オーストリッチハンドバックの内張り交換


こんにちは

本日ひねりては営業中ですクローバー


日曜の営業日はなかなかないですので

この機会に皆さま

GW中に見つけてしまった眠れる宝物!?王冠

をお持込くださいませ家



本日の商品はこちら


まるで双子のように見えるのも当然

同じ鞄の色違いですパー

色合いの感じからなんだかクリスマスを連想してしまいますねツリー



今回のご依頼はどちらも内張り交換です。




中はこんな感じ




で、底の方のひねり留め具を外してみると・・・


こんなお部屋がありましたぁオドロキ

今回は二つとも

この部屋は修理せずにそのままにしておいて

開かずの間にするということでしたヒ・ミ・ツ



では仕上りご覧くださいカメラ




内張りの色は鮮やかな朱色もみじ




緑の方も同じくこんな感じで

こちらの内張りの色は少し押さえめのワイン色カクテル




赤がお好きな方のようですりんご

なんだか元気の出てくる色合いですねアップ



このポケットは元の革を使用して同じように作り替えてありますグー









内張り交換(上部部屋側のみ)
ファスナー付内ポケット1個
内ポケット1個        X2   48000+税円

作業期間                 約1か月 
  


これで今年のクリスマスは活躍してくれそうです拍手

って、気が早すぎたかな・・・アセアセ





今日でGWも幕を閉じますね花火


それにしても今年はほぼお天気に恵まれて晴れ

初のGW休みを頂いたひねりても

川沿いのベンチで探鳥しつつのブランチをとるなどおにぎり

のんびり穏やかな休日を過ごさせていただきましたクローバー

「ああ、贅沢だなぁ・・・」と思わずひとりごちてしまうほど

なんとも心地よいひと時でした天使


皆さまはどんな時間を過ごされましたか?

きっと明日からの力の元を

たっぷり蓄えられたのではないでしょうかスマイル ピカピカ




ひねりては次の贅沢な時間を楽しむために

またご褒美の積み立てをしていきたいと思いますプレゼント



  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 15:05Comments(0)修理(内張り交換)

2017年02月11日

BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修のつづき


今日は予報通り寒いですね~ワーイ 雪

広島市内は雪も降らず太陽も時々除くお天気ではありますが

雪が降らない分

寒いような気がするのはひねりてだけでしょうかぁ・・・?

同じ中国地方でも

中国山地周辺や日本海近くは大変な様子ですが

事故や災害が起こらないことを願いますクローバー



さて、今日はお待ちかね(でしたか?)

の革ジャン裏地交換の仕上がりをご紹介しますスマイル

まず全体の仕上がりはこんな感じカメラ


素材は厚手の若干伸縮性のあるサテンで

オーナー様はつやなしがお好みだったので

あえて裏面のマットな表情のほうを使用しました。


伸縮性があるので体の動きに合わせて伸縮してくれるため

縫製部分への負担も少なく花まる

生地の傷みを和らげてくれる効果が期待できますクローバー


袖口は劣化が酷く

縫製ラインがゆがんでいたり

縫いしろ幅が少ないうえに不均等だったので

あえて元とは違った縫製方法で縫い留めましたパー




袖口の革の破れ部分はこんな感じで仕上げました



オーナー様は

ヴィンテージの古着などがお好きで

お話を伺う限り

キッチリ直線でこぎれいに仕上げるよりも

あちこち継ぎはぎになったような

長年愛用しているように見える仕上がりが良いようでしたので

あえてこんな感じでギザギザの縫い方をさせていただきました↓



この左袖口周りは3か所穴があり

革自体も弱っていたため

袖口から10㎝くらいまでぐるっと1周

裏から革と不織布を貼りこんで補強してあります




ご希望通りタグも元のように移動してありますOK


今回取り外したパーツ類です











取り外したものをこうやって改めて見て

やはり苦笑いニコニコ アセアセ

ここまで元の情報がちぎれてなくなってしまっていると

ゆがんだ古着の本体からサイズを割り出していくしかなく

ひねりてにとってはかなり手ごわいお相手でした大泣き



これは左袖、

左側が袖口にあたる部分ですが

先から15~20㎝くらいがちぎれてなくなってしまってますタラーッ






裏地全交換
左袖破れ部補修3か所
背面部ゴム交換       50000+税円

作業期間          約1か月半


とっても苦戦したお修理でしたがアセアセ

仕上がりを見たオーナー様のはにかんだ笑顔が

なによりのご褒美となりましたプレゼント

K様、お正月休みを挟んで

長期間お預かりさせていただくこととなりましたが

ひねりてを信頼してご依頼いただきまして

ありがとうございましたスマイル




最後に

今回は開業前からなにかとお世話になっております


たくさんのアドバイスとご指導を頂き

このお修理を完成させることが出来ましたピカピカ


ロビンさん、最後まで熱心にアドバイスいただきまして

ありがとうございました。

この場を借りて感謝申し上げますクローバー





  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 16:45Comments(0)修理(内張り交換)洋服

2017年02月04日

BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修



今日はレザージャケットの裏地交換と

右そで口周り破れ部の修理をご紹介しますカメラ


商品はこちらの古着

BROOKSのレザージャケットですパー



持ち主様曰く

アメリカの古着屋さんだったかフリーマーケットだったか?

すみません、もう記憶があいまいですが

とにかくアメリカで気に入って購入してきた古着のジャケットで国旗:アメリカ

全体にダメージが進んでいて、着られる状態ではないためちっ、ちっ、ちっ

普通に着られるように修理してほしいということでした。



ではその状態をご覧くださいませスマイル


右脇の下に穴がありますねキョロキョロ



胸のあたりも破れてますなき




そして袖を引っ張り出してみると・・・オドロキ


お~、こーれーはー、見事な破れっぷりです!!



裾も・・・ワーイ



襟近くも・・・大泣き



極めつけは袖口です!

どちらも破れてちぎれて先がない状態アセアセ

こ・・・れは、・・・・型紙作りが大変そうですね~ガーン





あと、表側の右袖口はご覧通り↓




・・・ずいぶん風通しが良くなっております目アセアセ




ここまでチェックしてみて

思わず「う~ん・・・」と唸ってましたウトウト

ひねりてにとって、

これはなかなかの難題だったものですからワーイ



今回は1週間ほど時間を頂き

ひねりてで出来る、よりベストと思える修理方法を

あれこれ検討した結果時計

裏地全交換と革あて補強で

見積もりを出させていただきました家



では、その続きは次回をご覧ください音符




最後に

今週もほっこり写真を一枚どうぞクローバー


















キンクロハジロのたぶんオスですマイク

広島城のお堀に居る所を撮りましたカメラ


餌をあげる人がいるようで

人を見るとすごいスピードで近いづいてきますオドロキ

ほんと早かったーひよこ溜め息




  
  • LINEで送る


2017年01月21日

神秘的な雪の宮島に出会えました♪


ひねりては

先週の日曜日に宮島に行ってきましたアシ



本来は新年登山が目的で向かったのですが

さすがにあの雪の中ガーン

登ることは出来ても下山が危険だろうということで

急遽船着き場近辺の散策に変更して

雪の宮島を満喫してきました花まる



こんな場面、狙ってもなかなか出会えないですよね~ピカピカ

ほんとについてました♪




フェリー乗り場から降りてすぐの景色です




まずは一応登山をしてみましたよ!






























まるでひねりての心の中を現してるかのような一枚です


ほんとにすがすがしい良い気持ちでしたクローバー



標高30メートル!?の要害山













何とも意味の気になる漢字を使ったお山ですが

少し調べてみたところパソコン

厳島合戦の時、毛利方の陣・宮尾城が置かれたことにより

付けられた名称のようですマイク



遠くに鳥居が望めます





普段見慣れた景色が、雪が降るだけで

こんなに新鮮に映るものかとつくづく感心してしまいますが・・・














宮島では見慣れ、

時にはうっとおしくさえ感じてしまう(ごめんなさいアセアセ

この方たちも例外ではなく・・・・

















こんな風に風景になじんで

風情さえ感じてしまうんですから、雪の威力はすごいです雪




雪と海の取り合わせをこんなにまじかに見られるのも

ひねりてには珍しくオドロキ

しばらく見とれてしまいました・・・






宮島最北端の

聖崎という岬にある聖崎灯台船


























そして蓬莱岩

夫婦岩と呼んでる方もいらっしゃいましたが

確かにそんな風に見えますねスマイル
















この日の天候は

晴れたり曇ったり雪が降ったりと、

ころころ変わる空模様で雪くもり晴れ

その度、景色も変わって一つも飽きることなく楽しめました音符




狛犬さんもお洒落な綿帽子をかぶってらっしゃいます雪























そして3時間ほどののんびり楽しい散策の後は・・・レストラン


あつあつしみしみの、お・で・んハート

ガイドさんが前日から丹精込めて仕込んでくださってただけあって

大変おいしかったです拍手

賀茂鶴が良く合いましたぁgood



それにしてもこんな景色の中

バスをまってる時は

まさかここまで素晴らしい景色に出会えるとは

思いもしませんでしたピカピカ














なんだか今年は年明けからついてる気がする・・・天使

と楽観的なひねりてはすぐ調子に乗ってしまうのですがアップ

それもまんざらでもなかったようで

帰りのフェリーに乗る前に

こんな素敵な出会いがありましたプレゼント



イソヒヨドリのオスだと思いますパー

5メートルも離れてない至近距離で撮影できましたカメラ


少し検索してみたら

どうやら人に物怖じしないタイプの鳥さんのようで

こういうことは珍しくないようではありますが

野鳥をここまで至近距離でまじまじみられた経験は

なかなかないのでちっ、ちっ、ちっ

最後の最後にテンションは最高潮に達しました~ニコニコ





宮島ありがと~もみじ



またお邪魔しますね~船





  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:00Comments(2)修理(内張り交換)洋服

2016年10月08日

プラダショルダーバックの内張り交換(その後)


CSファーストステージ始まりましたね!

さて、いったいどちらがカープのお相手になるのでしょうか・・・?目

楽しみですねぇ♪野球ボールバット




はい、では前回の続きをご紹介しましょう!

プラダのショルダーバックの内張り交換の結果は

こちらでございますカメラ


以前はこげ茶色のプラダのロゴが織り込まれた生地でしたが

持ち主様が選んだのは

こちらのペイズリー模様が織り込まれた

エンジ色系の生地でしたピカピカ



本体の色合いに近いということもあって

織模様は個性的でありながら

うまく全体にまとまっていると思うのですがgood

いかがでしょう?スマイル




前ポケットの内張りはこんな感じです




元の構造とほぼ同じ仕上がりですが




ここはあえて変えてあります↓

before                          
      after









元々は左のように表から内張り生地は見えてませんでしたちっ、ちっ、ちっ

構造としては

表側の赤い生地の折り返し部分に

内張りが挟み込まれていて

この縫いしろ2~3㎜で縫いとまっていましたパー



が、今回この部分が長年の使用で

本体から下左側の写真のようにはずれてきていたためなき

あえて上右側の写真のように表生地には挟まずに

折り返して2重になった

内張りの端と表の端を重ねて縫止めることで

しっかりほころび難い仕上がりにしてみましたグー


この生地なら表から少し見えても違和感がないですし

逆にさりげなくお洒落な感じがするなと思っています花まる



before                                after














今回収穫した初代内張りです↓




このような織の大きい生地は

ほころび始めると、こんな感じに横糸が抜けてきて、

縫い留めているステッチの間から外れやすくなってしまいますガーン


なので、ひねりてでは

生地を使用する際は意識的に縫いしろをしっかり取るようにしフンッ グー

切り口からのほころびが原因で

不具合が起きることの無いような作業を心がけていますクローバー




プラダショルダーバック内張り交換
本体(内ポケット無)
前ポケット(本体からの分解あり)    26000+税円

作業期間              2~3週間



お陰様で今回も

持ち主様の満足そうな笑顔を拝見することが出来ましたニコニコ


さらにこの方を紹介してくださったお得意様にも喜んでいただけニコニコ

ひねりても思わず笑顔に・・・ニコニコ


一つの修理で笑顔が三つそろいました音符ニコニコ ニコニコ ニコニコ

これがスロットなら大当たりですね~花火




  
  • LINEで送る


2016年10月01日

プラダショルダーバックの内張り交換


秋の長雨とは言いますが・・・

なんだか今年の秋は

特に雨や曇天の日が多いように感じてしまうのは

ひねりてだけでしょうか?キョロキョロ



そろそろ秋ならではの高い空が恋しくなってきましたがなき

この雨がいろんな恵みをもたらしてくれると思って

もうしばらく、しとしと日和と

うまく付き合っていきたいと思います雨 くもり



では本日のお題です

こちらのショルダーバック

今回書き始めて気付いたことですが

このブログ上でプラダの商品を紹介するのは

どうやら初めてのようですねオドロキ


ご紹介は初めてですが、

お店では今までもいろいろ修理させていただいておりますよパー



さて、今回のご依頼場所はこちらです↓


お~、これは見事な修理跡が!拍手

持ち主様にお話を聞くと

とってもお気に入りの鞄だったのに

内張りが傷んでしまったので

ご自身のお母様に直してもらったのだそうですハサミ



でも、そうこうするうちに前ポケットもこの状態に・・・タラーッ


ということで

今回ご友人からひねりてのことを聞いて

しっかり直してほしいと思い、ご来店されたのでした家



お母様の心のこもった修理というのもいいなハートと思いますが、

確かにこまで傷みが進むと

ちょっと手直しして・・・という訳にはいかなくなってきてますよねアセアセ

「よし、ここはひねりてにお任せあれ!」です!フンッ



まずは今の内張りをすべて取り外していきますよハサミ



   本体側の内張り       内張りを外した後の本体内側













本体から取り外した前ポケット




本体側の前ポケットを外した跡



















と、ここまできてお気づきでしょうか?

本体、内張りともに素材が生地のため

切り口からのほころびが大変なことになってます叫び



この状態のまま作業しても

内側の事ですので、見た目には問題なく仕上がりますがちっ、ちっ、ちっ

ひねりての性格的にも、作業のやりやすさから考えても

不要なほころび糸はすべてカットしたほうが良いので

がんばってカットしていきますグー




かなりすっきりしたと思いますがどうでしょう?











受付時点で大体の予想はしていたことではありますが

それにしてもここまで全体がほころびてしまってるとは・・・ガーン

疲れましたぁワーイ



あとは本体の縫い代を補強するために強化テープを貼りこんだりアップ

生地がほころびにくくなるように

切り口にボンドを塗ったりと、出来る限りの補強をしておいて

内張りを取り付けていくわけですが

この続きは次回にご紹介しますねスマイル



内張り素材は元と同じく生地を使いましたが

持ち主様がパッと見でピーンッ雷ときたものを使い

個性的で素敵な仕上がりになってますので

その辺もどうぞお楽しみに音符








  
  • LINEで送る


2016年09月10日

グッチのセカンドバックを大幅にアレンジ(その2)



さて、今日は前回の続きで、答え合わせですね~

みなさん仕上りのイメージは出来てますかぁ?ニコニコ


ではおさらいをしておきましましょうか本

こちらが今回修理をするグッチの鞄です↓


修理内容は以下の通りです。


革パーツすべてを黒い革に交換し

持ち手を脱着可能なタイプに仕上げ

それとは別に脱着可能なショルダーストラップを作成して

メッセンジャーバックのようにも使えるようにします。

あとはすべての内張りを深緑の豚革に交換し

内ポケットはアクセントとして朱色の生地を使用しますハサミ



まず仕上がりをお見せする前に

作業者以外はなかなか目にすることのできない

内側を少しお見せしましょうねぇカメラ



はいこれ、本体胴体部の樹脂素材パーツの裏側です


たくさんのパーツが重なりあう部分の端のほうは

このように少し薄く漉いてあり

縫い重ねても角がきれいに出て

全体が納まりよいようにしてあるのですが

縫製跡の縫い穴が、貼り合わせ用の印の

切れ目部分まで裂けてしまっていたりと

少々強度に不安を感じる状態が気になりましたしょんぼり



そこで・・・


漉いてある部分すべてを

このようにナイロンテープで補強したうえで組み立てましたグー



根ももの縫付け部分も裏から補強をしてありますアップ





と、出来る限り全体の強度のバランスを整えながら作業を進めて

ここまで仕上がりました↓






















この内張りと本体を合体させて、完成です!ピカピカ







このストラップのデザインは

グッチの商品を参考にさせてもらっていますパー




前ポケットの内張りもこの通り深緑ですピカピカ













金具は元のエンブレムや引手の色合いに合わせて

すべて真鍮色にそろえてますgood














こうやって比べると、ずいぶん印象が変わったように思いますが

いかがでしょう?

before                                        after


















内張りの深緑と内ポケットの朱色という組み合わせは

お客様がグッチによく使われている色合いを

意識されたうえでの選択なのですが

いい感じにメリハリが効いた、お洒落な一品にに仕上がりました花まる



では再度、修理前後を見比べてみましょうか目



交換した黒色の革の効果で

アレンジ後のほうがより引き締まった印象になったと思います雷

色の違いでこんなにイメージが変わるものなんですねぇスマイル




グッチセカンドバックをアレンジ        95000+税円
ショルダーストラップ1本(脱着式)
ショートストラップ1本(脱着式)
根もも取り付け2か所
パイピング交換2本
テーピング交換1か所
エンブレム土台交換
本体内張り交換(ファスナー付内ポケットあり)
前ポケット内張り交換
本体一部補強あり

作業期間                2~3か月  




皆さまイメージされたとおりの仕上がりだったでしょか?ニコニコ

なかなか言葉だけではイメージって湧きにくく

やはり写真や絵がある方が

イメージの共有がしやすいなと思いますカメラ



ひねりてではこのような

大掛かりなアレンジやリメイクを希望される方には

必ずイメージの分かる画像や見本

絵などをお持ちいただくことをお願いしておりますパー



このグッチの鞄の打ち合わせ時にも

お客様がイメージする画像のプリントを

数枚ご提示いただくことでカメラ

イメージの共有がスムーズに出来て音符

よりお客様の希望に近い仕上がりにすることが出来たものと

思っております花まる



今回のような大幅なアレンジには

時間も費用も掛かりますし時計金貨

お客様にも

それなりの労力をかけていただくことにはなりますがアセアセ溜め息

それだけに仕上がった品物には

それまで以上の愛着が湧くのではないでしょうかハート



今、お手元に、

いつまでも大切にしたいと思える品物をお持ちの方は

まずはご希望のイメージが分かる画像などを手に

ひねりてまでご相談ください家

一緒に唯一無二の一品を作り上げていきましょうプレゼント




最後に

今日はある一部の方々は

朝からそわそわ落ち着かないのでは・・・!?

はい、ひねりてもその一人でございますニコニコ アセアセ



全国のカープファンのみなさま

今日が待ちに待ったその日になることを信じて

現地の球場で、またテレビの前でテレビ

はたまたラジヲを片手に

しっかり見守りましょう!野球ボールバット



あ~、興奮してわくわくがとまりませんメロメロ

こんな気持ちをくれるカープに関わったすべての方々と

平和な今に感謝ですクローバー





  
  • LINEで送る


2016年09月03日

グッチのセカンドバックを大幅にアレンジ!(その1)


今日は、久しぶりに

大型修理のご紹介をさせていただきますカメラ



商品はこちらの鞄

グッチのセカンドバックです。





この鞄の初代オーナー様は

持ち込まれた方の叔父様でもうお亡くなりになられてます。

新オーナーさまはその叔父様にとてもお世話になったそうで

頂いたこの形見の鞄を

きちんと修理して大事に使っていきたいということで

ひねりてに相談にこられました家



持ち込まれた時の鞄の状態は

かなり乾燥しておりまして

以下のような様子でした↓



まず合皮製の内張りはすでに寿命が来ており

ポロポロと表面がはがれてきておりますタラーッ














本体の表側は革と樹脂素材のコンビになってます





















そしてこの革がすべて乾燥しきっておりまして

このように簡単に裂けてしまうような状態でした・・・アセアセ



前ポケットの内張りの合皮も同じく劣化でポロポロしてますなき


この状態を長く使えるようにするには

全分解して作りかえるような修理が必要です。

もちろんそれだけの費用も掛かります金貨

が、この2代目持ち主様は

「叔父さんの形見の鞄を大事に使ってきたい!」

という強い意志をお持ちなので

それでも修理をお願いしたいということでした拍手



そして、新オーナー様との綿密な打ち合わせの結果

修理内容は以下の通りとなりました。

革パーツすべてを黒い革に交換し

持ち手を脱着可能なタイプに仕上げ

それとは別に脱着可能なショルダーストラップを作成して

メッセンジャーバックのようにも使えるようにします。

あとはすべての内張りを深緑の豚革に交換し

内ポケットはアクセントとして朱色の生地を使用します。

と書き連ねましたが、

イメージはできましたかぁ?目



さて、答え合わせは次回までとっておきましょう

どうぞお楽しみにニコニコ

  
  • LINEで送る


2016年07月15日

ハンティングワールド長財布のバチュー・クロスを革に交換 その2



こんにちは

さっそくですが、前回に引き続き

こちらの完成具合をご覧いただきましょうカメラ




新しく取り付けるバネホックのメスは

かぶせ側のオス(元からついているバネホック)

とサイズが、うまくかみ合う

イタリア、プリム社製の真鍮バネホックを使用してますパー





ヌメのテーピングは、元はこのように

四角く、くりぬいた額縁仕上げになってました↓


さすがハンティングワールドさん!

この方法はとっても贅沢な革の使い方でしてキョロキョロ アセアセ

その分費用も掛かるのですが金貨

この仕上げにこだわらなければ

革を効率的に歩留りよく使うことで、費用も抑えられますダウン


今回持ち主様から、仕上げ方はお任せいたいていたので

角の四隅で継いだ仕上げ方にさせていただきましたパー

















あと、受付時には気づけなかったのですが

分解してみると

札入れの内張りのひとつが

摩擦によって薄くなり、こんな感じに弱ってました大泣き


そこで電話で持ち主様に相談し黒電話

ご了承を得て、追加でこの部分の内張りも

交換することとなりました。



色も生地もお任せいただいたので

元の生地に近いタイプの色、質感の生地を使用してみましたパー




交換したパーツです


は~、やりごたえ充分の内容でしたぁオドロキ アセアセ





長財布
本体バチュークロスを革に交換
ヌメ革テーピングを新しいヌメ革に交換
バネホック(メス)交換X2
内張り交換(札入れ部分1か所)       34000+税円

お預かり期間               1か月半前後





バチュークロスの代わりの革は

牛のオイルレザーなのですが

オリジナルのカーキ色に近い色合いといい

オイルレザーならではのしっとりとした質感といいピカピカ

なかなかシックで上質な感じに仕上がったと思いますグー



この革を選ばれた持ち主様の

センスの良さが出てますね花まる



これからも夫婦円満のシンボルとして

さらに深みのある一品に育ててもらえるよう願っておりますクローバー





  
  • LINEで送る


2016年07月09日

ハンティングワールド長財布のバチュー・クロスを革に交換 その1


ここ最近

出張の報告やお知らせ関係で

あまり修理の紹介をしてませんでしたので

本日は久々にこんな修理をご紹介しましょう↓


ちょっと大がかりな内容なので

2回くらいに分けてお伝えしますね!マイク


商品はこちらの

ハンティングワールドといえば雷

カーキ色の生地とヌメを使用した長財布です。




持ち主のご主人様からプレゼントされた

思い出の品なのだそうですプレゼント


中には乾燥剤があちこちにいれてあったりと

とても取扱いに気を使いつつ

まめにメンテナンスしてある様子でピカピカ

大切にされているということが

手に取ってみてよ~くわかりました目




が、こちらのお財布

確か30年くらいのお付き合いをされているとのことで時計

ご覧のとおり、全体的に劣化が進んできてますねなき


この素材を少し調べてみたところ

ハンティングワールドのオリジナル素材で

バチュー・クロスというらしいです本(←詳しくはこちらをクリッククリック

あ!みなさんご存知でしたかね!

すみません、知らなくってアセアセ


この素材は革ではなく

表にはウレタン加工が施されている生地のため

残念ながら年数が経過するにしたがって

以下のような劣化による変化が起こるのは

止むおえませんキョロキョロ













今回はこのバチュークロスを革に交換し

周りのヌメのテーピングを

新しいヌメに交換してほしいというご依頼ですパー



う~ん、これは結構な大仕事!叫び

素材を違うものにするという時点で

事前に予想できるリスク以外の不具合が

起こらないとも限りませんちっ、ちっ、ちっ

内容も複雑なため費用も高額です金貨アップ

と思いつくことをすべてお伝えさせていただきましたが、


「それでもこれはどうしても直しておきたい!」

と持ち主である奥様キスマーク

最終的にご依頼されて納期の話になった時も

「出来れば主人の誕生日には間に合わせたい!」

ということクローバー


一方で、今回この方は

遠方からわざわざご来店してくださったのですが

その際、事前の情報収集パソコン、問い合わせなどは黒電話

すべてご主人様がされて、

車で奥様を連れてご来店クルマ

そして修理受付中は

車の中でじ~っと待っていらっしゃいました時計


・・・・こ、これはまさしく夫婦愛あってのお互いの言動でしょうメロメロ

素敵ですよねぇ拍手

お陰でひねりての心もほっこり温まりましたよ温泉マーク



そして修理後、こんな感じに仕上がりましたカメラ

経過と詳しい仕上がり具合については・・・


はい、次回のお楽しみです~♪

久々に出ましたねこのパターン!ニコニコ


次回にたっぷりご紹介しますので、どうぞお楽しみに音符


あとは、出張の時の記事も

今後ぼちぼち載せる予定ですので

そちらもお楽しみに~スマイル


  
  • LINEで送る