› ひねりてのお直ししまSHOW › 研修、出張のご報告

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2016年08月06日

大阪のゲストハウス 緑家


本日もぬけるような晴天晴れ

71年前も同じような晴天だったと聞きます本



今朝は朝日とともに心地よく目覚め日の出

しっかりたっぷり大満足の朝食をいただきコーヒー

日課の朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をみてほっこりしたのちテレビ

8時15分、テレビの前で黙祷

松井広島市長の平和宣言を聞き終えてから

ひねりてに出勤してまいりました電車



何にもおびえることなく目覚め

食べたいものを好きなだけ食べ

娯楽を自由に楽しむことのできる今に

ただただ感謝です。


本日は

広島の平和祈念式典の日であり

ひねりてが

「今後も平穏な日々を過ごせる世界になれるよう

日々の選択をしていこう」

という思いを、

年に1回自分に確認をする日ですクローバー



今年も平和な日本で確認することが出来ました!

ありがとうございますスマイル






さて、

今日は6月の出張時にお世話になったゲストハウスが

とっても素敵だったのでピカピカ

ちょっと遅くなりましたが、

ここでご紹介させていただきますパソコン



その名は「緑家」家














地下鉄緑橋駅が最寄駅なので緑家なのかな・・・?

と勝手に思ってますニコニコ

築70年以上の古民家を、

主ご夫婦の好みに素敵に改装してありました音符

渋い色合いの緑の暖簾に

何とも趣のある屋号の文字・・・

これだけで、なんだか期待できますアップ



入り口にはこんな看板がお花       












この歓迎されてる感じが嬉しい心遣いです♪



入ったらすぐこんな感じのホールになってます


全体的に木のぬくもりが感じられるインテリアに

思わず和みますクローバー



この棚には気になる書籍たちが

さりげなくそっと並べられてて

だれでも自由に手に取ることが出来ます本




この度ひねりては

女性専用ドミトリーを利用しました。

こちらがそのお部屋


何畳だったかちょっと記憶が定かでないのですが

4名がゆったり寝れるだけのスペースがあり

床の間が荷物置き場になってましたボストンバック

貴重品が保管できるロッカーもありますプリン



この格子窓も素敵ですピカピカ




客室を挟んでホールとは反対側に外廊下があり

そのすぐ横にトイレとシャワールームと・・・

かわいい箱庭があります音符

狭い間口に奥が長い

京都の町屋をおもわせるような作りになってました家




















そして

写真を撮り忘れてしまいましたが

ここでひねりてが個人的に気になってた一品に偶然出会って

思わず感激したエピソードをご紹介しますマイク


それはセラミック製のバスマットなんですが

皆さんご存知ですか?目


以前何かのテレビ番組で紹介されてて

とっても興味深いなと思ってたものが

たまたまこのゲストハウスに置いてあったんですオドロキ



実際試してみてその吸水性と速乾性にビックリ!

「これはいい!」と実感しましたぁ拍手


セラミックということで通常のバスマットとはちがい

割れる可能性のある素材なので

その取り扱いには気を付けないといけませんが

使い心地はとても良くて

ひねりて好みだったので

いつか手に入れたいなと思ってますグー


え!まだ手に入れてないのかって?

はい、慎重派な上に貧乏性なもんで~・・・ニコニコ アセアセ



では道草食うのはこのくらいにしておいて・・・ウシ

廊下の突き当たりにある洗面台です


機能も置いてあるものも必要最低限と

とってもシンプルなんだけど

ほんとに必要なものはすべてあるという

バランスのとれた快適なスペースでした花まる




再度ホールに戻って

玄関方向の構図カメラ

左の扉は共用トイレです




そしてこちらがお宿の主さん

今回お会いできたのはご主人のほうだけでしたが

長身で物腰の柔らかい素敵な方でしたピカピカ














アナログなひねりての相談や質問に

このパソコンを使って

毎回丁寧に答えてくださいました

ありがとうございました音符



あとは

いちいち小物がひねりてのアンテナに引っかかるものばかりでした雷



鉄製と思われるカモメ













トイレの扉の取っ手兼鍵は真鍮製












「カリカリカリリッ・・・」と

目覚まし時計のネジを巻いたときのような

何とも言えないレトロな音が魅力の一品でした鍵





このゲストハウスを利用させていただいたものとして

あらためて感想を言わせていただくとマイク


ホールにある書籍

テーブル上のティッシュ箱、うちわ、

飲食自由のお菓子やアイスコーヒー

開閉音が静かなブラインド

シャワールームのアメニティのセンス

例のバスマットなどなど・・・


とってもさりげないおもてなしの心をあちこちに感じ

それを見つけるたび

何とも言えない安心感を得て

とても居心地の良いいいお宿でした家





最後に

こちらの暖簾の猫

飼い猫をモチーフにしたものだそうですネコ

しっぽがフック状に曲がってるのが特徴だそうで

その辺もしっかりと描かれてましたOK

この伸びしてる感じが何とも言えずかわいいですねハート


ご夫婦とも猫好きで

自宅で3匹飼われているそうですが

猫アレルギーのゲストもいらっしゃるだろうと気遣って

この宿には連れてきていないのだそうです。


動物大歓迎のひねりてとしては

ぜひ会ってみたかったんですが

ここにもあらゆる人を気遣う主の優しさを感じましたクローバー


宿をよく見ると

あちこちに猫グッズがありましたよ!

ほんとにお好きなんですねぇネコ




今のところ出張の際に使うお宿は

いろんなゲストハウスを見たくて

同じところをリピートしたことはありませんが

こちらはまた伺いたいと思うお宿でした家

気になる方はこちらで詳細をご確認ください。



宿のご主人とは

時々食事時が重なったこともあって

お互い個人事業主としてのあるある話や

世界を旅された時の話が出来たのも

楽しかったです音符


こうやって

一人で訪れても

一人の自由は守りつつも

一人ぼっちの寂しさを感じず過ごせるというのも

ゲストハウスならではのいいところだなと思います花まる




ゲストハウスに興味をお持ちの方は

とりあえず一度試してみることをお奨めしますよ~good



但し

深みにはまってしまっても責任は持てませんので

その点どうぞ悪しからずパーですけどねニコニコ




  
  • LINEで送る


2016年07月01日

大阪仕入での収穫♪


本日は先週の仕入での収穫物を

一部お披露目しちゃいましょうカメラ


糸や金具類そしてお試し材料として

カラフルなファスナーを数色仕入れてみました音符

モノトーンの鞄や財布などのアクセントとして使うと

面白いと思いますOK


糸はすでに32色、100本以上を取り揃えてますが

それでも、「この色があればな~キョロキョロ

と何回か思うことのあったものを

新たに4色、10本程入手しました。

これでさらに商品に違和感なく馴染む修理を

ご提供できる機会も増えてくれるでしょうgood



金具もかなりの種類を取りそろえてはいますが

それでも少し買い足した上に

アンティークシルバーというメッキ掛けをした金具を

新たにひねりて在庫としておいてみることにしましたグー




ニッケルのつや消しタイプに似てますが

まさにシルバーのような独特の風合を醸し出した

シックでお洒落な色合いの金具ですピカピカ


マットな色合いの金具がお好みの方にはお奨めの一品です!

ひねりて的にはシンプルな装いや

ナチュラル志向の方に好まれそうだなと思ってますが

実際のところはどうですかねぇ・・・?

皆さまの反応が楽しみだ音符



あとは

出張から帰った次の日に

続々と到着したこのなが~い包み




はい、革です


ワイン、エンジ、紺、濃濃茶、紫、こげ茶



この2枚はカルチェの定番色の修理に使えそうな色合いですOK












こちらは白










こういう白がずっと欲しかったニコニコ

同じように見えると思いますが

左が真っ白に近いオフホワイト

右は微妙にクリームがかったオフホワイト

この微妙な違いが、実際に使ってみると

結構大きな違いとなって仕上がりに出てくるんですよねぇアセアセ


左は少し艶のある2㎜厚の黒色の牛革

質感、つや感ともに

TUMIの鞄に使われている革によく似ているため

TUMI修理の多いひねりてでは常備しておりますクローバー










そして右側は

質感がラムに似た0.7㎜厚のつや消し黒色の牛革

この厚み、風合がかなり使い易く、用途が広いため

これまたひねりての常備革です花まる



豚のベージュ


クロム鞣しではありますが

色はヌメのような自然な感じのベージュですクローバー

ヌメなどを使ってナチュラルな風合いに仕上げられた商品の

内張り修理にぴったりの革だと思い、一目で購入を決断雷

良い質感です



左がスムース面、右がスエード面




そして

内張り用の生地ですピカピカ

左から紫(濃いめのいい色です)、ワイン、わさび、紺、ラベンダー、ローズ


毎年少しずつ買い足して、

選んでいただける色数を増やしていってますが

今年は6色追加で

これで30種類になりましたチョキ


これだけあれば

どなたでも一つはお気に召すものに

出会っていただけるのではないでしょうかスマイル











ご依頼の際は

このサンプルである程度の目星を付けていただいたら

実際に大きい布でしっかりと確認していただいておりますパー



さて、今回仕入れた生地の中にローズというのがありますが

こちら、ひねりては初めて出会った色で

「お!なかなかやさしい色合いで

いろんな色と合わせやすそうだなぁ♪」と喜んでたのもつかの間

仕入先の在庫が無くなり次第、「廃盤!」とのこと・・・・残念なき



黒はもちろん、紺、茶系、には間違いないでしょうし

何よりグレー系に合わせると、

お洒落な大人の一品に仕上げられそうで

今から修理に使うのが楽しみですメロメロ


この色だけ多めに仕入れておきましたが

早い者勝ちですパー


気になる方は早めのご来店をおすすめいたします家



  
  • LINEで送る


2016年06月25日

革染職人さんの新工房に行ってきました!


行ってきました大阪!
























このなじみ深い天王寺には少し空き時間が出来た時に

足を延ばしてみましたアシ

やはりお決まりのこれ、撮っておきましたよカメラ

アベノハルカスオドロキ


















でっかすぎて写真に納まりきらない・・・タラーッ



さて、前置きは置いといて

今回仕入れと同じくらい楽しみにしていた

もう一つの目的がありまして・・・・

こちらに行ってきました溜め息


大阪在住時代に、縁あって知り合った

革染職人さんであり

自営業者としての大先輩であり

ほぼ同い年の気の置けない友人の

新工房です!家



その名もKyo Leather Repair(恭レザーリペア)


このロゴ

「恭」という文字のアレンジだそうです

そういわれて

目を細めてみたり下から見たり斜めから見たり目

と試してみましたが・・・

分からなかった・・・う~ん、感性不足か・・・ガーン

残念なき


デザインした方の話では

染める時にコンプレッサーで色を吹き付ける作業の

イメージを重ねたデザインなのだということでしたマイク


なるほど、そのイメージはわかるし

恭さんのイメージにも合う

良いデザインだと思います拍手



この工房はご自宅の敷地内にあり

以前も3年ほどこの場所で工房を構えていましたが

プレハブの劣化と雨漏りなどの影響もあり

心機一転

南船場のレトロなビルの一室を借りて

工房としていました。


そして10年以上経ったこの春

以前のプレハブを思い切って建て直し

再度移転されたというわけです家


そのお知らせを受けて以来

「是非仕入れで大阪へ行くときに伺うぞ!」

と心に決めてましたグー



この日は梅雨らしい雨模様の一日で雨

到着したその日に

工房を訪ねたのですが

なんと駅までのお迎え付クルマ

VIPな扱いを受けてご機嫌のひねりてでした音符


そしてきになる工房内は・・・






















おお~、染職人の工房ですねぇ

しかも綺麗に片付いてますピカピカ


なにげなく掛かってる乾燥中の鞄ですが

どれもこれも有名どころのブランドばかりでした

取扱いには気を遣うでしょうねぇアセアセ
























吹きつけるときに使う機械と作業台


ここから

あの繊細で無駄のない染め上がりの品々が

生まれるのだなぁと思うと

ちょっとわくわくします花まる





最後に

ぐるっと見回して目に留まったのがこの植物植木鉢

ひねりてが移転祝いに送らせてもらった多肉植物ですプレゼント


この万歳したように見える姿が

今回のようなおめでたいお祝いに合うし

なにより個性的でおしゃれな恭さんにぴったりだgood

という理由で選んだだけなのですが・・・

どうやらいろいろ手のかかる植物だったようでタラーッ


ひねりてが

目にとめた瞬間から

「実はなぁ・・・

こんなんであんなんでー、こうしてあーしてな~・・・」ベロ

とこれまでのお世話で苦戦したエピソードを

関西人らしくタワー

ちょいちょい笑いも交えて説明するその姿が

またかわいらしくてウザギ


ここまで手を掛けさせるものを選んでしまったことへの

申し訳なさを感じつつもワーイ

「こんなに一生懸命に世話をしてもらえて

この万歳植物(←正式名覚えられないから、ひねりてが勝手に呼んでる)

も幸せだろうなぁクローバー

よかったなぁ音符

ほんとこの人暖かい人だなぁハート

と、しみじみ感じて、ほっこりさせてもらいましたスマイル



他の多肉植物に囲まれて

なんだか居心地良さそうに見えるのは

贔屓目かなぁ・・・キョロキョロ


きっとこれからも、ここでいい時を過ごしてくれるでしょうクローバー




恭さんが開業されて

ほぼ14年と記憶しますが

彼女の存在が

ひねりてに開業を決意させたと言ってもいいほどで雷

ひねりてにはなくてはならない先輩であり、恩人ですピカピカ



「これからまた原点回帰でがんばるわ~!」ニコニコ

という明るくさっぱりした笑顔に励まされ

ひねりても6年目に突入した今

さらなる飛躍を胸に「がんばろう!」グー

と思わせてもらいました。


やはり恭さんの存在はおっきいなぁ太陽の塔

今後もその背中を

追っかけ続けていきたいと思いますダッシュ


あんまりペース上げないでねぇニコニコ アセアセ




  
  • LINEで送る


2015年08月29日

仕入に行ってきましたぁ!


ご無沙汰してますアセアセ

先週の金曜日からお店は営業してますが

仕入の後処理や何やかやで

更新が後回しになってしまいました・・・すみませんガーン



今回は初の夏季に仕入ということで

暑さとの戦いを覚悟で行ってきましたフンッ


確かに暑かったですが赤面

到着した翌日は一日雨で雨

そのおかげもあって少しは気温も下がったようでダウン

何とか元気に乗り切りましたよグー


ただ、

東京ってこんなに湿度高かったっけ?と思うくらい

予想以上に蒸し暑かったですワーイ

全国的に熱帯化してきてるということですかねぇ・・・炎


さて、気温の話はこの辺にして

東京らしいのをここで一つカメラ


ひねりての東京での仕入れ先は、

ほとんどすべてと言っていいほど浅草界隈にあるのですが

浅草と言えばやっぱりこれですよねぇ目


いつも通るときは一人なので、

素通りしてるとこなんですが自転車

今回は初日に、広島出身千葉在住の友人と

久々の交流が出来たので

一緒にお参りしてきましたアシ


お盆最終日だったのでみんな帰省で忙しく、

浅草寺は少ないんじゃないかなぁ?

と期待してましたが・・・ちっ、ちっ、ちっ

甘かったアセアセ

まあ、最高潮の込み具合に比べたら空いてる方だと思いますが・・・

のんびりした広島の空気に慣れ親しんでいるひねりてにはしょんぼり

十分な混雑ぶりでしたわ~アセアセ


あとはこれ

ぶれっぶれですねぇタラーッ

すみません、私の腕ではこれが限界ですワーイ

スカイツリーは浅草のあちこちから見えて

存在感抜群でしたよ花火


日中の姿も、デーンッ、どうだーって言ってるみたいでしたニコニコ



それからここ、皆さんご存知ですか?


というスポット、

「ものづくり」をテーマとした施設が、

JR秋葉原駅ー御徒町駅間の高架下にあるんですが電車

今回偶然にも、初日に会った友人と、

次の日に会った先輩の二人から

「たぶんこういうの好きなんじゃない?」

とダブルで情報提供があり

「これは行かねば!」雷と思い立って行ってきましたぁ溜め息



うん、確かに興味深い雰囲気・・・









↑ランチはハヤシライスを堪能








←その横の姉妹店?らしきお店には

ブースカというキャラクターが

いっぱい並んでた!

詳しくは知らないんだけど、

ずいぶん前に見たドラマがらみで

少し気になってたキャラクターなので、

思わずパチリッカメラ













カラフルなプラスチックで作られた

雑貨があるお店のディスプレイ

カラフルな色合いに心惹かれましたハート







↑仕事柄気になったディスプレー目

実際に使えるレトロなミシンを、

いつの日か手に入れたいと思ってます音符

いいご縁があればいいなぁ・・・おにぎり



その他にも興味深い工芸品がいろいろあって、

しばし見とれながらのウィンドショッピングを楽しみ音符

良い目の保養が出来ましたぁピカピカ目





そして話は変わりますが

昨年秋ごろに縁あって

ゲストハウス宿泊デビューをしてしまったひねりて家

それ以来、その魅力にはまりつつありまして・・・

今回もやはりゲストハウスを利用してきましたスマイル



こんな感じのとこです↓



以前はおもちゃ屋さんの倉庫だったというこの建物を

改装してこーんなお洒落なゲストハウスにされてましたよ~ピカピカ


ここは1Fで、バーラウンジになっていてカクテル

宿泊客だけでなく、だれでも利用できるようになってましたクローバー


上の写真下側に見える階段のところは

以前は一つの大きな段になっていて

車が乗りつけて搬入できるようになっていたところだそうですクルマ

うまい具合にアレンジしてますよねぇ・・・拍手


業種は違うけどついつい修理目線で見てしまい

感心しちゃいましたクローバー




使ってる木もひねりて好みです花まる

もっぱら仕入に集中してたこともあって(ほんとですよ~ニコニコ アセアセ)

宿泊した部屋やリビング、キッチンの写真はカメラ

残念ながら取り忘れちゃいましたがなき

どこもかしこも居心地良く

おっしゃれ~に整えられてましたよ~ピカピカ

興味ある方はこちらを覗いてみてくださいな↓



女性専用ドミトリーに宿泊した私は

周りの方とは軽いあいさつ程度で、

マイペースに自分の用事をこなしていましたが溜め息

宿泊最終日になって、

同室のかわいい女の子から話しかけられたのをきっかけに雷

あれよあれよと周りの人にも会話が広がっていき

あっという間に同室の5名全員と

お話しすることができました!花まる


そのメンバーの出身地は

アメリカのシカゴ国旗:アメリカ、台湾カキ氷、韓国ウシ

石川県お城、北海道札幌市雪、広島もみじ(私です)

と、み~んなバラバラ、それが面白い!good


その夜はその中の日本人の女の子二人と

1階のラウンジでしばらくお互いのことを語り合ったりしてカクテル

思いがけず、楽しく刺激的な交流が出来ちゃいました雷


こういう交流が自然と出来ちゃうのが、

ゲストハウスの魅力ですねぇピカピカ


自分のペースで動きつつも、

ひと時の交流を楽しめる空間を提供してくれる

ゲストハウスのスタイルに

ほどよい居心地の良さを感じます家



と、公私ともに充実した出張の〆はもちろん・・・

これっハート


駅弁です!レストラン

ぎりぎりまで仕入れに奮闘していたためダッシュ

東京駅ではあまり時間がありませんでしたがなき


それでもこれは忘れませんでしたよ!チョキ


新幹線のホームにあるお店で買うことになったので

気に入ったものはないかなぁ?

と半ばあきらめ気味だったのですが・・・ダウン

これ、この「貝づくし」に一目ぼれメロメロ


貝好きの私にぴったりの一品に出会え、

さらに大変おいしく頂けたのでgood

それはそれはご機嫌に、広島まで帰ってこれましたとさ新幹線

めでたしめでたし拍手





さあ、そんなこんなで今に至るわけですが・・・

今後は、

今回仕入れた材料と刺激的な経験を活かしてピカピカ

より良いだけでなく、

よりわくわくするような修理やアレンジをご提供してプレゼント

皆さまに喜んでいただきたいと思いますので

これからもひねりてをよろしくお願いいたしますスマイル




  
  • LINEで送る


2014年02月20日

大阪出張のご報告


どうも、先日無事大阪より戻ってまいりましたスマイル

大阪へは14日に出発したのですが、

ご存知の通り当日は全国的に天候は荒れ模様 くもり雨 雪


そんな中、少しでも経費削減をするため

高速バス電車を予約していたひねりては

当日の朝までヒヤヒヤものでしたぁガーン


幸いその前の週ほどの状況雪ではなかったので

ちゃんとバスは運行してくれて、

予定通りのプランで動くことが出来ましたOK


最悪、新幹線に変更か新幹線一日予定を延期か?なき

などと覚悟していたところだったので、

ほんとに良かったです 拍手





大阪では毛皮についての勉強会に参加し、

今まで知らなかった情報と知識を得ることが出来て

とても勉強になりましたよ 学帽



典型定な毛皮のコートを扱う機会は

正直あまりないかとは思いますが しょんぼり

ハラコだったりムートンだったりといったものと

関わることは多々ありますので good

今回の経験は今後の役に立ってくれると思います 
グー



あとは革や金具など

いろいろ欲しかったもの

足りてなかったもの

気になったもの達をたっぷり仕入れてきましたよ~
花まる



仕入れをしながらこんなのいいな~ハート

こういうアレンジもありかな?

なんてアイデアも湧いてきて雷

やっぱりたまには違った空気や環境に触れるのはいいなピカピカ

と思いました。




今後その辺のアイデアを

ポツリポツリとご提案していきたいと思いますので

どうぞお楽しみに音符





今回あれこれ用事をこなすのに必死でダッシュ

ほとんど写真を撮ってないのでキョロキョロ アセアセ

また仕入れた材料などの写真を後日ご紹介しますねカメラ



とりあえずは

無事出張を終え、通常営業に戻りました家


ということをご報告させていただきますマイク

  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:46Comments(0)研修、出張のご報告

2013年03月07日

出張の収穫


ここ最近、日に日にあったかくなってきましたね〜icon01



私は今週初めにノロウィルスに負けてしまいface03

2〜3日食事制限しながらしおらしくしてましたがicon15

復活ですicon21



食べたいものが食べられる幸せを感じてますicon145icon14



さて、では今日は

出張の収穫物をお披露目しちゃいましょうねicon66



まずは豚革



コーラルピンク、淡いレモンイエロー、濃い青緑

ひねりてにない色で

内貼りなどにも使いやすく私好みの色を仕入れてみましたicon66



修理だけでなく、

オリジナル商品の「ひねりてのたまご」につかいたいなぁicon146

とただ今プランを練ってるとこですicon37



これはラム、シープ系











左右の写真にだぶってる物ありますが、全部ラムとシープです。

運よく残っていた半端の革を譲っていただけたので、

いろんな色を仕入れることが出来ましたぁicon128



修理屋としては、

羊革は婦人鞄などフォーマルなものによく使われているので、

ある程度の色数を在庫しておきたいのです。


ただ、どの色も1枚ずつ購入するほどの必要性も予算もなかったので、

今回いい出会いがあって助かりましたぁicon166



しかも、

質がいいと噂のスペイン産のものを多めに仕入れられたので

使うのが楽しみですface02




最後にこれは水牛の角の持ち手



上はグレー系と茶系のマーブル、

下は黒の地色に白の斜線が全体に入った感じ



全長約14㎝

穴から穴の長さ約12.5㎝

端の直径
細い方―約1.3㎝  太い方―約2㎝



紳士鞄の持ち手に向いていそうなサイズですicon100




         細い方                      太い方












天然の角なので、もちろん左右の直径も違いますicon23



これは、左右のネジカンのサイズを変えるか、

大きい方に合わせたネジカンをつけて、

小さい方に出来た隙間に

真鍮などのビーズを挟めば動かなくなるし、

お洒落度もアップで一石二鳥じゃ〜ん
icon14

と、このアイデアにひとりで自画自賛しておりますface05



例えばこんな感じ



現在お店にあるパーツで組み合わせてるので、

ちょっとゴージャスな色合わせになってますが、

好みに応じて仕入れることも可能ですicon06


真鍮やアンティーク系で組み合わせるのも、

落ち着いていていいかなぁと思います。icon103




         細い方                      太い方












細い部分に真鍮とシルバー色のビーズを挟み込んでいるので、

太い方と同じくらいのあそびになって、

カンの中で動きにくくできますicon23



その他にも遊びを埋める手段を思案中で、

価格も検討中ですicon26



これは、今回材料屋さんでたまたま見つけた代物ですicon12



お店のカウンターの奥の方に、いろんなパーツと紛れて並んでいましたicon159



他の同業者の方は皆さんご存知なのかもしれませんが、

私は初めてのご対面でしたので、

とっても興味をひかれて問い合わせてみるとicon37

「昔はよく出てたんだけどね〜。」

と言いながら店員さんが出してきてくれました。



もうあまり出回っていないのか、その時この2本しかなかったし、

お試しとしてもちょうどいい数なので、

2本とも購入してきましたicon66





ということで、2本限定の品です!





興味のある方、早い者勝ちなので、

お早目にお問い合わせくださいね〜icon141






詳しくは店頭にてご説明いたしますicon96

 

 
  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:36Comments(0)研修、出張のご報告

2013年02月25日

浅草 世界のカバン博物館


出張から帰って1週間

少しずつ体だけでなく心も日常ペースに戻ってきましたicon06



さて、今日は東京の浅草にある鞄博物館についてご紹介しますねicon96




こちらの博物館は、

エース株式会社の創業者、新川柳作さんが開設されたもので

鞄の歴史、構造などの知識情報、

世界50か国以上から収集されたコレクションがわかり易く

きれいに展示されていましたicon166



鞄についての基礎知識が足りていない

と自覚するひねりてにとって

かなりありがたい情報と刺激icon05がいっぱいのテーマパークでしたicon66





では、数ある展示品の中でも

特に印象深かったものをいくつかお披露目いたしましょうicon100



牛革ポートマントウ


かなり古い鞄のようですが、

上質な革のお蔭でとってもいい味出して存在感がありました。








         棒屋根型のボストンバック

          赤い模様がおそらくベルベットで、

          柄と質感からとってもしゃれた雰囲気が漂っていましたicon12




















ドクターバッグ型の手提げかばん

濃い茶色に鮮やかな青Xオレンジのラインがアクセントになっていて、

これまたおしゃれな一品でしたicon156




















シマウマのボストンバック

ロエベ社製、

同じ柄は世界に二つとない一品、

周りを黒革でシックにまとめている分、この柄がよく引き立ってますよねicon163












         


         空き缶で作ったアタッシェケースと
リサイクルバック

          アタッシェケースは、

          セネガルの子供達が生活の糧にお土産物として作ったもの


          リサイクルバックは、

          地球環境へに意識とデザイン感性の融合で生まれた

          ケニアのアート作品


          ほんとにどちらもアートだなぁと見入ってしまいましたface08




















センザンコウのハンドバック


白アリなどを食べるセンザンコウという動物の革だそうです。

扇型の模様と落ち着いた色合いが上品で、

金具のゴールドがさらに上質感を引き立てている感じでしたicon12

 





























カエルの革(左)、鮭の革(右)で出来た商品達

初めて間近でみましたが、

カエルは確かに模様がカエルっぽい感じで、

鮭は鱗模様があるため、トカゲや蛇の革にも見えました。


どちらもデリケートで扱いにくそうなだけに

高価な一品だということですicon169












         


          個性的なショルダーバック


           これはどこの国のものだったか忘れましたが、

           形と色、模様使いが個性的で面白いなと思ったので、

           載せてみました。


           確かアフリカ方面だったと思うのですが・・・すみませんicon10




















カラフルなスーツケース


これは単純に色がかわいいし、

形がレトロでシンプルなところがすてきだな〜

と思ってご紹介しましたface02


なんだか旅に出るのが楽しくなりそうな鞄ですよねぇicon66

久々に海外旅行行きたくなってきたなぁicon31
















と、まだまだご紹介したいくらい魅力的な鞄でいっぱいの博物館ですicon26





この博物館には、

館長と関係者の方々の鞄に対する熱い思いと深い愛情が

いっぱい詰まってるように感じられ、

とっても興味深く心地よく鑑賞できましたicon96






「もっと知りた〜い!」icon136

と思った方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細はこちらでご確認ください→世界の鞄博物館





あっ!断っておきますが、

私はこの博物館の回し者ではありませんよicon23

あくまで素直な感想をお伝えしただけですので、

誤解の無いようにお願いしますねicon166


  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 10:59Comments(0)研修、出張のご報告

2013年02月19日

大阪〜東京出張


ご無沙汰しておりましたが、

先日の日曜日、大阪経由東京放浪の旅から帰ってまいりましたface01



おかげさまでたっぷり一週間、

同業者、関連業者の方々と交流を深めつつ、

新しい材料と刺激を鞄いっぱいに詰め込むことができましたicon100icon06



材料はこの一年で、

「こんなのあったらいいなぁ。」

「定期的に使うからもっと量があってもいいなぁ。」

などなどメモ書きしておいたものたちを吟味して仕入れたので、

さっそく今後の修理に活躍してくれるでしょうicon12icon166



修理業の場合、革は基本的に大きなものはあまり必要なく、

小さいもので色や質感が多種多様なものを

取りそろえておくことのほうに重点を置いてます
が、

今回は先を見越し、大きな革を奮発して買ってしまいましたicon11



かなり予算オーバーしてしまいましたが・・・icon169

上質でよく使う質感の黒系ということで、

より良い仕上がりの修理をご提供できると見込んでますicon21



ということで、

どうぞ皆様今後ともひねりてをよろしくお願いいたしますicon25



これから少しずつ、

とってきた写真(少ないですが・・・icon10)をもとに

内容をお伝えしていきますねicon66



今日はとりあえず戻ってきたことをご報告させていただきましたicon23

  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:59Comments(0)研修、出張のご報告

2012年10月19日

皮革の工場見学


今日は、

ちょっと時間がったてしまいましたが、

先日の工場見学の様子をご報告しますねicon96



場所は兵庫県たつの市の某工場

革の鞣し作業をしているところですicon25



機械が稼働している状態が見られるのは午前中のため、

朝8時45分に最寄駅に集合ということで、

広島出発の私は6時半に家を出ました、

眠かったぁface04


まず最初に、

「鞣す(なめす)」ということについて少しだけ説明いたしますicon26


動物の生皮は、

肉から剥いだ状態のままではそのうち腐ってしまいます。

その生皮を人間が使える皮革に変換させることを「鞣」すといいます。


これによって、

腐らず、耐熱性を持ち、

柔らかく、科学的物理的な抵抗性を持ち、

再び生皮に戻らない状態に出来ますicon103





ではさっそく見学内容をご紹介しましょうicon23



これは牛の原皮と言って、

食肉から剥いだ皮を、

輸送時に腐らないよう塩漬けにした状態のものです。



今までも工場見学をしたことはありましたが、

この状態のものを間近に見たのは初めてでしたface08


ちょっと触らせてもらいましたが、

内側にはまだ脂肪が付いていて、ぷよぷよしておりましたicon26


この状態で大体30kgの重さがあるらしく、

男性が一人で広げるのも困難だということですicon10

乾燥状態でも結構な重量のある革ですが、

この仕事のほとんどの工程が水分を含んだ状態でする作業ですicon11icon11


相当な重労働ですよね、

みなさん腰を痛める方も多いようでしたicon137




これはドラムと言って、

この中に先ほどの皮と用途に応じた水や薬剤、染料などを入れて

一緒にぐるぐる回すことで汚れや毛をとったり、

なめし剤(皮を柔らかくする薬品)や

染料を浸透させたりといった作業をする道具です。


このドラムは、

形や大きさがまちまちなものが工場のあちこちにあって、

色々な用途で使い分けられているようでした。


いろいろ説明していただいたのですが、

私には見分けがつかず、上の写真のドラムも

どの用途のドラムかはよく把握できてません・・・すみませんicon10





毛と脂肪を取り除いて鞣された革は、

原皮の状態から比べると半分以下の量になっていますicon103


       原皮150頭分              鞣した後の状態150頭分













これはフレッシングマシンと言って、

革の厚みを均等に削る機械です。

ひたすら作業をしていたこの男性(下写真左)、

光の加減のせいか神々しく見えるのは私だけでしょうか?icon12










削りかすの山(上写真右)、

ふかふかで気持ちよさそうicon06

これは何かに使えるのでは?と思いましたが、

その肝心な何かが浮かばない・・・

という私によくある無責任な発想ですicon11





その後もいろんな工程を経て、

こんな感じで乾燥してました!


これだけずらっと並ぶと圧巻ですねぇface08




ここからは仕上げの工程です。

この時は、

6回に分けてそれぞれ違う薬品を噴きつけていました。

下の写真の左から右に革が流れて行くなかで、

塗料や薬品が塗装されています。










ここでは色を付けるだけでなく、薬品を噴くことで

色落ちや水の吸い込みを改善させています。


この工程をを見るまでは、

塗装は多くても2〜3回程度噴くくらいだろうと思ってましたが、

甘かったface03


見えないところに手間がかかってるんですねicon23




これは4回噴きつけた状態の革です。


私から見れば、これで十分な仕上がりだと思いましたが、

プロが見たら違うんでしょうねicon09





と、ご報告はここまでです。

撮った写真に沿っての説明ですから、

まだまだ不十分ではありますが、

少しは雰囲気や内容をお伝え出来ましたでしょうか?icon64



工場見学はこれで3度目ですが、

修理を仕事にしてからは初めてです。

今までとは違った目線で見ることが出来て、

とても勉強になりましたicon103



またそれと同時に、

まだまだ知らないことも多いと実感しましたので、

これから少しずつでも情報を得て、

皮革のこと、皮革に関わる社会のシステムのことを

より深く知り、より良く関わる方法を

模索していきたいと思いますicon21




次回はひねりてのオリジナル商品「ひねりてのたまご」を

ご紹介しますので、どうぞお楽しみに・・・icon96

 

 

 

 

  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:02Comments(0)研修、出張のご報告