› ひねりてのお直ししまSHOW › ひねりてのメンバー(機械、道具)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2017年07月22日

東京でのあれこれ(仕入れ編)



こんにちは今回も東京でのあれこれをご紹介しますよ~マイク


まず皆さん

ひねりては東京に何しに行ったかご存知でしょうか?

それは、お・し・ご・と音符仕入ですね~花まる


浅草を中心に

レンタサイクルと電車とバスを駆使しながら

革屋さん、道具屋さんを巡り巡って

目的のものをたっぷりしっかり仕入れてきましたよ~チョキ


この素敵な革鋏の事はまた後程詳しくご紹介しますねハサミ


今回は今まで行ったことの無いようなところにも

足を延ばしてみましたよアシ

こちらは人形町にある刃物屋さんの「うぶけや」さん




























ご家族で営まれていらっしゃるようで

ひねりてが伺った時には

8代目ご夫婦と9代目の息子さんがいらっしゃり

息子さんに対応していただきました。


みなさん和鋏(握り鋏)は糸専用の鋏というわけでなく

単純に昔からある鋏であって

生地など、無理なく切れるものは

切っても問題ないとご存知でしたか?

恥ずかしながらひねりて

基本は糸専用にしたほうが良いのだと

勝手に思い込んでおりましたアセアセ


そんな目から鱗のお話も伺いながら選んだのは

こちらの鋏


刃の先が少し湾曲した小さめの鋏です。

以前から細かい作業の時用に欲しいなと思いながら

なかなかこれというものに出会えていなかったのですが

今回こそ見つけるぞという意気込みで訪れた

最初のお店でいい出会いがありましたぁ雷














お店が切り絵か版画のようにデザインされている

包み紙も風情があって素敵でしたピカピカ



お昼はどうしてもおそばが食べたくなって

こちらの尾張屋さんに行きました

蒸し暑い日だったので、「かきあげおろし」がおいしかった音符

















こちらは日暮里の繊維街
































い~っぱいラミネート生地を仕入れてきました!

これはまた後日

「ひねりてのたまご」最新作の

お披露目時に詳しくご紹介しますねマイク



この東京出張も今回で4回目で

大分慣れてきたこともあって、

色々冒険させてもらったのですが

ある日の夜ごはんには、

初めてこんなお店にも行ってみました家


























どぜう・・・そう、どじょうですね目


じつはこれ、

あのひねりて推奨のメンテナンス用品である

「タピール」仕入れ先の担当者さんとの

親睦を深めるための食事会なんですパー

そう、これもお仕事なんですよ~、いい仕事ですニコニコ



肝心のどじょうのお味はといいますと、

甘辛な感じの濃過ぎないお味で、おいしかったですgood





さ、ではこの仕入で一番の収穫のお話をしましょうかプレゼント

場所は埼玉県の南東部、

toco.の最寄駅入谷から

電車とバスで4~50分のあたりにある金物店です家














地図で見ると近かったのですが

なれない場所での乗り継ぎという事もあって

意外と遠く感じました電車



そんなこんなでやってきました「金町金物店」さん

























そもそもなんでわざわざここまでやってきたかと言いますと

ひねりて開業以来6年、

日々作業をする中で徐々に

こんな刃物がほしいな

というイメージがはっきりしてきておりまして

それを日頃から身の回りのお店で探していたのですが

これという出会いがない状態でしたなき

で、この出張の機会にぜひ希望の刃物を手に入れたいグー

という思いでネット検索をしていたところ

このお店のHPと出会い、ピピッと来たというわけです雷



基本どんな買い物も

出来るだけ五感で確認してから判断したい

というアナログなひねりては

迷うことなく訪問することを決めていました家



そして、やはり伺ってよかったです

職人さんご本人と対面できました花まる

東京都伝統工芸士の 大河原 享幸さん


現在、総火造(日本刀の製法を応用させた技法で、

一本の鉄から金槌と炎だけで造りだす製法)

の裁ち挟を作れるのはこの方だけだそうですピカピカ



いつもは工場で作業をしているため

このお店にはいらっしゃらないのだそうですが

この日はたまたま、何かの作業をここでしている間に

息子さんにおいてかれてしまってアセアセ

手持無沙汰になっていらっしゃったという事でした。

ひねりてとしてはラッキーでした!クローバー



で、いろいろな説明を直接聞くことが出来ました

これが鋏の原材料です


左の小さい塊が切れ味を左右する刃の材料で

右の大きい塊が鋏の土台の材料です。



これを叩いて叩いて伸ばして叩いて・・・・をひたすら繰り返して

下の写真の左のような形になるわけです


みなさんこの指の入る穴の部分って

どうやって作るかご存知ですか?

ひねりてはてっきり、叩いて伸ばしてグル~ンと曲げて

継ぎ目を溶接か何かでつなぐのだとばかり思ってましたが

先ほどの鉄の板に穴をあけて

それを叩いて穴を広げていってあの形にするんだそうです拍手

びっくりです!!オドロキ



それだけの技を持ってらっしゃるわけですから

当然周りがほおっておくはずもなく

雑誌、TVなど多数取り上げられていらっしゃるという事でしたテレビ




お待たせしました、それではご覧ください

こちらがこの出張での一番の収穫でございますプレゼント


握り鋏と切出です


握り鋏は既に4本ほど持っておりますが、

割とお手頃なものばかりのためか、

かみ合わせがずれやすかったりと

今一つお気に入りのものに出会えていなかったため

ずっと、これはという一品を探し求めていたのですが

やっと出会えましたぁメロメロ


このお店にもお手頃なものと高価なものがあり

その違いを伺うと

総火造か機械も使って作ったものかの違いだという事で

握った感触は明らかに総火造りのものが良かったです王冠



今回はそれの大きめのサイズを頂きました。


帰ってすぐに使い始めてますが

にぎり心地も良く、力も入り易くてとても使いやすいですOK




で、こちらは今回の訪問の一番の目的だった切り出し


握り部分は1センチほどの幅のカッターのような刃物です

革の裁断時の細かい細工の時に使いたいなと思って購入しました




裏もピッカピカッピカピカ

もちろんこれも総火造り


この切出、幅のサイズはいろいろあるようで

今回も3~4種類の中から選ばせてもらえました。


そして最初の写真の革鋏

もちろんこれも

のどから手が出るほど欲しかったのですが

このお店に伺った時には革などの材料を

予定以上に購入してしまっていて

既に予算オーバーな状態金貨ガーン

絶対にすぐ必要な道具ではなかったので

「いつか必ず」と言い聞かせて

この日に手に入れるのは諦めましたぁなき

鋏を手に持たせてもらいましたが、にぎり心地は抜群でしたよgood

いつかいつかと夢に見ておこうと思います天使



お店のHPに赤字で

必ず事前に在庫、

休店日等をお電話にてご確認の上ご来店ください」

とありますが、

こちらの商品は大量に作れないものなので

店舗で安定して小売するところまで在庫を用意するのは

難しいようで

ネット上で購入するのではなく、ひねりてのように訪問して来て

どうしても小売してほしいという人用に

倉庫だった場所を使って

対応していらっしゃるという事でした。


なので、いつ行ってもすべての商品の在庫が揃っている

という状態ではないので

わざわざ来られて商品がなかったという事がないように

事前に目的の商品を知らせておいてほしいのだそうですクローバー


そんな事情があるとはつゆ知らず・・・ワーイ

ひねりては伺ってからいろいろ見たうえで

ピンときたものを購入しようと勝手に思っていたので

電話でお店が開いていることだけ確認して

「何か目的の商品はおありですか?」という問いにも

ある程度握り鋏と切出しがいいかな!?

と思っていたにもかかわらずちっ、ちっ、ちっ

特に決めてなくて、見てから選びたいと答えていたために

いざ伺ってみると、切り出しの在庫が無くて

息子さんに工場から持ってきていただく

という手間をかけさせてしまいましたタラーッ


ということで、

もし、ひねりてのように直接購入したいお方には

事前に電話でお休みと欲しい商品の

在庫の確認をしておくことをお奨めしますパー



あ~、それにしても

こうやって実際に作った方のお話を伺いながら

丁寧に作られた道具を手に入れることが出来て、大満足です

これから大切に使いながら日々の作業の

良い相棒にしていきたいと思います花まる



さて、いかがでしたか?

ちゃんとお仕事して来てるでしょチョキ

後もう1回くらいで東京話も終わりです。

次回はこの旅を陰でコントロールしていたのでは?

と思ってしまう神社のお話をさせてもらいますね~スマイル


  
  • LINEで送る


2012年09月28日

頼りになる皮漉機



今日はひねりての縁の下の力持ち、

皮漉機(カワスキキ)をご紹介icon96





これまた中古品ですので、少々レトロなお顔でしょう、

でも刃は新品だし、しっかりプロが調整してくれているので、

扱いやすく、いい働きをしてくれていますface01



業界の方でなければ、使い方はわからないでしょうから、

どうやって使うのか簡単にご説明しておきますねicon103




たとえば、


 こんな厚み(2㎜弱)

 の革の端を

 折り曲げて

 処理したい場合、





この部分に

革を通して

薄く漉きます。






 横から見たら

 こんな感じ、

 上のアタッチメントを

 動かして、

 漉きたい角度や

 厚みに調整しますicon21


左から通して・・・











 足踏み式なので

 足踏み板を

 踏めば、

 刃と送りが

 回転して、




革が右側へ

送られます。










仕上がりはこんな感じですicon12


           before                            after






















これで、端を折り曲げても全体と同じ厚みに出来ますicon166

















いかがでしょう?



この作業、手で包丁を使っても出来ますicon23



でもこの機械があることで、

手作業よりも効率的に綺麗に仕上げることが出来るから、

とってもありがたい存在なんです
icon66



ちなみに、ここが(下写真の指先部分)刃先で、




















この部分をこまめに研いで切れ味よくしておくことが、

この漉機とうまく付き合うコツだと思いますicon06





最後に、

この漉機にも他のミシンと同様、

何か呼び名をつけてあげたいのですが、

いまいちいいのが浮かびませんicon11



どなたかいい名があればお知らせくださいicon64



素敵と思える名に出会えたら、

採用させていただきますicon37


 

  
  • LINEで送る


2012年08月11日

セイコー総合ミシンについて



今日はひねりてメンバーの紹介です。

2台あるミシンのもう一台、セイコー総合ミシンの剛(ごう)君ですface01




















彼は直線縫いが得意です。



以前紹介した響と違ってサーボモーター付きの足踏みタイプなので、

商品を両手で持って縫える分、安定して早く縫うことができるんですicon128



厚い物でも難なく縫える力持ちさんicon21

ミシン目も安定してきれいに仕上げられますicon123



たとえばこんなストラップを作るときに活躍してくれます。









































ただ、返し縫い程度に後ろへ進むほかは前進あるのみの

猪突猛進タイプですicon125

たぶん曲がったことの嫌いなまっすぐな性格なんでしょうねicon11




それから、剛は経験豊富?な中古品です。

彼より高性能で、使いやすいミシンはたくさんありますが・・・

ひねりての今の身の丈に合わせて剛と手を組むことにしましたicon157



ひねりての用途に合った状態のいいものを

しっかり整備してもらって購入しましたが、

残念ながら最新のコンピューター搭載ミシンのように

完璧な安定感があるわけではありません。



ですから、

それなりに性格を知って上手にお付き合いしないといけません。

素材の状態などによっては

思うように縫えず苦戦するようなこともあります・・・face03




人間と同じく時間をかけて、

絆を深めあうことが大切なのかもしれませんねicon06


これからも彼の声に耳を傾けながら、

みなさまに喜ばれる修理を生み出していきたいと思いますicon100






以前にもお知らせしました通り、明日から長期休暇をいただきます。

休暇中も記事の投稿をするかもしれませんが、

たぶん、しばらくブログもお休みすることになると思いますface04



では、みなさまお盆明けに元気でお会いしましょうicon166





  
  • LINEで送る


2012年07月16日

八方ミシンについて


初めまして、ひねりて店主の反田(たんだ)です。

今日からブログを始めることにしました。



日記を書くのも、パソコンを扱うのも苦手な私ですが、

1人でも多くの方に、

ひねりてのこと、修理のこと、

物を再生して使う楽しさ

について伝えたくて、挑戦することにしました。


マイペースなブログになりそうですが、

温かく見守っていただけると嬉しいですicon164



まずは、ひねりてに無くてはならないメンバーを紹介します。


















八方ミシンの響(ひびき)
です。←命名、京都の友人


彼女はその名の通り、四方八方に縫い進むことができるつわものです!

(下の写真を参照ください)

彼女がいることで可能になる修理は数知れず、

ひねりてには欠かせない相棒です。



響は台湾出身です。

本当は国産のエリートさんがほしかったのですが、

予算の兼ね合いもあったし、

ミシンのプロが使いやすく整備してくれていたので、

彼女に決めました!



出会ってからかれこれ2年半、

だいぶ彼女の癖も性格も把握してきましたが、

これからも日々の作業の中で会話をしながら、

唯一無二の相棒にしていこうと思いますicon127





前に縫い進む状態












左に縫い進む状態












後ろに縫い進む状態












右に縫い進む状態




















  
  • LINEで送る