› ひねりてのお直ししまSHOW › ひねりてのメンバー(機械、道具)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2012年09月28日

頼りになる皮漉機



今日はひねりての縁の下の力持ち、

皮漉機(カワスキキ)をご紹介icon96





これまた中古品ですので、少々レトロなお顔でしょう、

でも刃は新品だし、しっかりプロが調整してくれているので、

扱いやすく、いい働きをしてくれていますface01



業界の方でなければ、使い方はわからないでしょうから、

どうやって使うのか簡単にご説明しておきますねicon103




たとえば、


 こんな厚み(2㎜弱)

 の革の端を

 折り曲げて

 処理したい場合、





この部分に

革を通して

薄く漉きます。






 横から見たら

 こんな感じ、

 上のアタッチメントを

 動かして、

 漉きたい角度や

 厚みに調整しますicon21


左から通して・・・











 足踏み式なので

 足踏み板を

 踏めば、

 刃と送りが

 回転して、




革が右側へ

送られます。










仕上がりはこんな感じですicon12


           before                            after






















これで、端を折り曲げても全体と同じ厚みに出来ますicon166

















いかがでしょう?



この作業、手で包丁を使っても出来ますicon23



でもこの機械があることで、

手作業よりも効率的に綺麗に仕上げることが出来るから、

とってもありがたい存在なんです
icon66



ちなみに、ここが(下写真の指先部分)刃先で、




















この部分をこまめに研いで切れ味よくしておくことが、

この漉機とうまく付き合うコツだと思いますicon06





最後に、

この漉機にも他のミシンと同様、

何か呼び名をつけてあげたいのですが、

いまいちいいのが浮かびませんicon11



どなたかいい名があればお知らせくださいicon64



素敵と思える名に出会えたら、

採用させていただきますicon37


 

  
  • LINEで送る


2012年08月11日

セイコー総合ミシンについて



今日はひねりてメンバーの紹介です。

2台あるミシンのもう一台、セイコー総合ミシンの剛(ごう)君ですface01




















彼は直線縫いが得意です。



以前紹介した響と違ってサーボモーター付きの足踏みタイプなので、

商品を両手で持って縫える分、安定して早く縫うことができるんですicon128



厚い物でも難なく縫える力持ちさんicon21

ミシン目も安定してきれいに仕上げられますicon123



たとえばこんなストラップを作るときに活躍してくれます。









































ただ、返し縫い程度に後ろへ進むほかは前進あるのみの

猪突猛進タイプですicon125

たぶん曲がったことの嫌いなまっすぐな性格なんでしょうねicon11




それから、剛は経験豊富?な中古品です。

彼より高性能で、使いやすいミシンはたくさんありますが・・・

ひねりての今の身の丈に合わせて剛と手を組むことにしましたicon157



ひねりての用途に合った状態のいいものを

しっかり整備してもらって購入しましたが、

残念ながら最新のコンピューター搭載ミシンのように

完璧な安定感があるわけではありません。



ですから、

それなりに性格を知って上手にお付き合いしないといけません。

素材の状態などによっては

思うように縫えず苦戦するようなこともあります・・・face03




人間と同じく時間をかけて、

絆を深めあうことが大切なのかもしれませんねicon06


これからも彼の声に耳を傾けながら、

みなさまに喜ばれる修理を生み出していきたいと思いますicon100






以前にもお知らせしました通り、明日から長期休暇をいただきます。

休暇中も記事の投稿をするかもしれませんが、

たぶん、しばらくブログもお休みすることになると思いますface04



では、みなさまお盆明けに元気でお会いしましょうicon166





  
  • LINEで送る


2012年07月16日

八方ミシンについて


初めまして、ひねりて店主の反田(たんだ)です。

今日からブログを始めることにしました。



日記を書くのも、パソコンを扱うのも苦手な私ですが、

1人でも多くの方に、

ひねりてのこと、修理のこと、

物を再生して使う楽しさ

について伝えたくて、挑戦することにしました。


マイペースなブログになりそうですが、

温かく見守っていただけると嬉しいですicon164



まずは、ひねりてに無くてはならないメンバーを紹介します。


















八方ミシンの響(ひびき)
です。←命名、京都の友人


彼女はその名の通り、四方八方に縫い進むことができるつわものです!

(下の写真を参照ください)

彼女がいることで可能になる修理は数知れず、

ひねりてには欠かせない相棒です。



響は台湾出身です。

本当は国産のエリートさんがほしかったのですが、

予算の兼ね合いもあったし、

ミシンのプロが使いやすく整備してくれていたので、

彼女に決めました!



出会ってからかれこれ2年半、

だいぶ彼女の癖も性格も把握してきましたが、

これからも日々の作業の中で会話をしながら、

唯一無二の相棒にしていこうと思いますicon127





前に縫い進む状態












左に縫い進む状態












後ろに縫い進む状態












右に縫い進む状態




















  
  • LINEで送る