› ひねりてのお直ししまSHOW › LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2014年07月12日

ルイ・ヴィトン サックプラ 内張り交換アレンジその2


こんにちは、蒸し暑い日が続いてますねぇ晴れアセアセ



今回の台風に関して広島への影響は予想ほどでもなく、

つくづく天災の少ない恵まれた土地だなぁと感じておりますクローバー



もちろんその点には感謝したいのですが、

台風の落としものなのか瀬戸内海ならではの気候のせいか入道雲

とにかく湿度が高く気温とともに不快指数も仲良く上がっておりますアップ



暑さに弱~いひねりては、やむなくエアコンのドライをオンッ!←



さあ、快適になったところでgood前回の続きをご紹介しましょうねパー

まずは仕上がりをご覧くださいカメラ

















あえて使用した朱色のステッチはいかがでしょう?

内張りの色より明るいトーンの糸ですが、

「案外とそのくらいのほうがちょうどよいアクセントになるもんだなぁ!雷

と思うのはひねりてだけでしょうか?目






内張りはこんな感じ↓




レンガ(赤茶)色の豚革のスムース面を使用してますブタ

本来革屋さんでは豚革のスムース面は、

その特徴として傷が多いためムカッ

裏のスエード面を使用するものとして作成されているのですが、

ひねりてでは、その傷を自然のものとして好まれる方や気にならない方には

このスムース面を使用させていただくことも良くあります花まる



もちろんその傷によって強度が落ちるようなら補強をしますし

可能であれば避けて裁断してますので、ご安心をパー




タグもこの通り移動できますよOK






内張り交換(あわせタイプ)
豚革、朱色糸使用
劣化部補強                    34000+税 円

お預かり期間                   約1か月





元と同じように仕上げるのもいいですけど、

せっかくの機会ということで

こんな風にアレンジして遊ぶのもまた

修理ならではの楽しみ方だと思います拍手



飽きっぽい方、好奇心、冒険心旺盛な方にお奨めですgood



興味がある方は一度ひねりてにご相談くださいませ家



  
  • LINEで送る


2014年07月05日

ルイヴィトン サック・プラ 内張りアレンジ交換 その1




今日の商品はこちら

ルイヴィトン、サック・プラですパー


パッと見

なんにも問題なさそ~ですよねぇしょんぼり



いえいえ、中をご覧くださいませ↓



あ~、内張りわいちゃってますねぇ、例のベタベタ君状態です大泣き

これはシンプルな構造ではありますが、

このベタベタ君の除去が広範囲に必要になって

結構時間がかかりそうです時計



まあ、想像であれこれ考えてても仕方ないので

さっそく分解して中を確認してみましょうハサミ


劣化成分が付着した状態      
   劣化成分除去後の状態










やっぱり、内張りの劣化した樹脂分が

モノグラム素材の内側に移って全体がベタベタでしたガーン

これは思ってた以上に時間かかりそうですアセアセ


劣化成分除去途中の状態         劣化成分除去後の状態












もしかしたら、この作業は必要ない

という考えの作業者さんもいらっしゃるかもしれませんしょんぼり


しかし、ひねりてはこの成分を残したままだと

新たに組み立てる際に使用する接着材などの効果が薄れ×

結果的にやり直すことになったりワーイ

細かな仕上がりにすこしずつ影響していき

全体の仕上がりの完成度が落ちてしまいがちなのでダウン

必ずこのベタベタ君には去ってもらう処置を施しておりますグー


まあ個人的な嗜好として作業者であれ使用者であれ

気持ち良く取り扱える状態にしたい

というのが一番の理由かもしれませんクローバー


で、何とかベタベタ君とおさらば致しましたぁ拍手






オーナー様曰く、

長年保管していて未使用期間は長かったということでしたが

今回の内張りの状態でもお分かりの通り

やはり年数の経過だけでも素材の劣化は進むものですのでなき

劣化状態が気になるところや目

今後のご使用
で傷みやすそうなところを事前に補強しておきましたアップ



ざっとこんな感じですパー







あとは新しい内張りを取り付けて組み立てていくのですが・・・

今回オーナー様のご希望で

少し遊んでみることにしました観覧車

内張りは豚革ブタレンガ色というか渋みのかかった赤茶色にして

ミシン糸の色を朱色にして仕上げます音符



ひねりてはこれを受けながら

またもやわくわくしてしまいました雷



どんな仕上がりになるでしょうねぇハート

と、続きはまた次回です、お楽しみにスマイル


  
  • LINEで送る


2014年06月07日

ルイヴィトン ボストンバックのリメイク その3


広島も梅雨入りしましたねぇ雨

梅雨は梅雨らしくしっかりお湿り頂戴して

この夏に備えさせてもらいたいものですクローバー





さあ、今回の大物修理について

長々とご紹介させていただいてますがへび

これで最終回でございますパー



では、オリジナルワッペンが無事つきましたところで

元通りに組立ていきたいと思いますボストンバック



作業の順序としてはワッペンを取り付ける前に

胴体の生地を両端から3㎝ずつカットし、

ファスナーの両端部分もそれに合わせて調整しておいたので

あとはマチを取り付けるだけなのですが・・・しょんぼり



いざ貼り合わせてみるとちっ、ちっ、ちっ

おかしいアセアセ距離が合わないタラーッ

普通に合わせていくとどうしても2㎝ほど胴体側の生地が余ってきますガーン



構造的に考えて距離は合う計算なのですが・・・がいこつ

おそらくオーナー様が購入後ご使用されてゆく中で

すこしずつ胴体部分の生地が伸びてきたのだと思います時計



これは予想外のことでしたぁなき

仕方がないのですこしずつ胴体側は縮め気味、ダウン

マチ側は伸ばし気味にしてアップ

何とか距離を合わせて組み立てましたよグー



で、完成です!拍手


いかがでしょうか?



ワッペンは底にかかるほど下気味の位置なので

一見目立ちませんが

それがまたさりげなくて良いのではないかと双葉

ひねりて的には思ってますスマイル







では修理前後で比べてみましょうね

角度がちょっと違いますが、同じ場所で比べておりますパーアセアセ


修理前                 修理後



























こちらは胴体をカットした残り生地たちですハサミ




これだけカットすることで

縦横のバランスがどうなるか気になってましたが・・・↓


カット前                 カット後













とくに気にならない仕上がりになりました花まる

オーナー様も

「大きすぎたのでちょうど使いやすいくらいになったかも?」

とおっしゃってくださって一安心ニコニコ



その他もこんな感じに仕上がりました音符

内側                    外側






























ワッペン取付け部の内側













最初の予定ではそのままワッペンを縫いつけるつもりだったのですが

裏まで穴が開きかけているところもあったので

周りの生地と同色系の豚革でカバーしてありますブタ



ルイヴィトンボストンバック

胴体サイズカット
オリジナルワッペン作成2か所            40000+税 円

納期(打ち合わせ期間含まず)            約1か月                            






そんなこんなで仕上がった鞄が

こんな感じで店頭の特等席に鎮座してる所に

オーナー様がご来店され家





「かっこいい!

と一言おっしゃっていただけたというわけでありますスマイル




そんなオーナー様はきっと

このかっこいい鞄を粋に使いこなしてくださるでしょうピカピカ


これからの旅のお供に活躍してくれることを願います新幹線






さて今回もオーナー様の素敵なアイデアのおかげで

「どんな仕上がりに出来るだろう?

とワクワクしながら作業をさせてい
ただくことが出来ました
ハート


十人十色とはよく言ったもので

ホントに皆さまひねりてには思いつけないような

斬新で素敵なアイデアをお持ちでいらっしゃいます雷



今この記事をご覧のあなたの頭の中にも

眠ってるアイデアはありませんか?



心当たりのある方は

一度ひねりてを尋ねてみてくださいませ家



思いがけずわくわく体験できるかもしれませんよ音符





  
  • LINEで送る


2014年05月31日

ルイヴィトン ボストンバックのリメイク その2


おかしいですねぇ、

たしか明日から6月だと思うのですが

まるで7月に入るのではないかと思える暑さ赤面

そろそろ苦手な季節が近づいてきているようですタラーッ





さてお待たせしました、前回の結果発表ですマイク



まずオリジナルのワッペンについてですが

作成する柄はこちらですパー













丸に剣方喰         丸に揚羽蝶


*上記画像資料はグーグルの画像一覧から引用しております。



揚羽蝶のほうは線が多くて複雑なので

うまく仕上げられるか不安でしたがしょんぼり

こんな感じに仕上がりました↓


丸に剣方喰




丸に揚羽蝶


モノグラムになじむ濃茶色のオイルレザーに

モノグラム柄の色に近い黄土色系の糸を使って

八方ミシンで形を縁取ってありますグー

アゲハチョウのほうの
羽の模様と目の部分には

ゴールドのカシメを使いましたパー



どうでしょうか?

このワッペンに関しては作業内容をいろいろ思案したうえで

2パターンの方法をご提案させていただき

オーナー様と念入りに打ち合わせをした中でこの方法に決まりました花まる

革、カシメ、糸色も全て目で見て選んでいただいてます目



ひねりての率直な感想はというと


大変だったぁワーイ

何とか形に出来て良かったぁなき

新しい挑戦が出来て楽しかった~ニコニコ

が交錯している感じです。



仕上がりだけ見たら

すっきりまとまって見えるかもしれませんが

ちょっとだけ途中の状況をお伝えしますとしょんぼり

表                       裏










縫いあがった時はこんな状態でしたアセアセ



最初の予定ではもっと一筆縫いのように

1回の針入れで何度も縫い重ねて仕上げるつもりだったのですが・・・

何度も縫い重ねると針で糸を切りやすいという事情やキョロキョロ

細い線と太い線を混在させて

メリハリのある柄に仕上げたいという思いからクローバー

何度も針を入れ直して縫う方法にしました。



その結果がこのわさわさ状態ですガーン



そしてコツコツちまちま糸処理をしまして・・・

こういう状態に仕上げました拍手

表                        裏












これを本体に縫い留めますと


この時点でけっこういい感じに仕上がりそうな予感音符



いやいやまだまだ先は長いぞアシ

油断は禁物ちっ、ちっ、ちっ



これからマチを取り付けて組み立てていくわけですが

これまた予想外のことが勃発しちゃったんです炎タラーッ





では毎度のことですが

この続きは次回にしますねニコニコ


お楽しみに家


  
  • LINEで送る


2014年05月24日

ルイヴィトン ボストンバックのリメイク その1




今日は以前告知しておりました、

新しく挑戦した修理についてご紹介させていただきます家



商品はこちらのボストンバックボストンバック

サイズと装備からして

おそらくキーポル・バンドリエール55というタイプと思われます↓



何かとご利用いただくお得意様の鞄で

以前から「こういう鞄があるんだけど・・・」

と相談を持ち掛けられていたものでしたマイク



で、どこを直したいのかというと・・・




わかりますか?もうちょっと近づくと・・・・


パイピング近くと、

そこから3センチほど離れたところの樹脂部分が擦れて

穴が開きかけてますなき




さらに角度を変えてみると、

パイピング付近は底の方まで擦れてます!タラーッ





反対側のパイピング付近も・・・



やっぱり擦れてますねアセアセ



オーナー様のご希望は

この擦れた部分が無くなるくらいまで両サイドをカットして

サイズを小さくすることがひとつパー


それからもうひとつは、

お気づきかと思いますが、以前どこかの修理屋さんで

擦れがひどかった部分に革をあてて修理してもらってます。

その部分にもう少し周りと馴染むような

オリジナルのワッペンを作成して取り付けるパー

ということでした。





で、オーナー様とともにあれこれ思案した末に

オーナー様のご両親の家紋を表現したワッペンを作成して

取り付けるということになりました!



このアイデアはオーナー様からのご提案です。

ルイヴィトンのモノグラムは

日本の家紋に触発されていると聞いたことがありますしパソコン

そのエピソードがなかったとしても、

この柄に家紋はぴったりだと思います花まる



それがまたご自分にゆかりの家紋となれば

愛着も人一倍湧くこと間違いなしですよねハート



さすがオーナー様、素敵なアイデアです拍手

こんな風にご希望とアイデアがいい感じにピタッとはまった時雷

ひねりても嬉しくなって作業するのが楽しみになります音符





それでは、気分も盛り上がってきたところで、分解っ!ハサミ



つづきは

次回のお楽しみですパー



ちょうど先ほどオーナー様が引き取りにご来店されました家


当の鞄はお店の棚の特等席に鎮座してたのですがボストンバック

お店に入ってくるなりオーナー様は一言

「かっこいい!」雷

この反応で一気にひねりてのテンションが上がったことは

言うまでもありませんハート





では次回の仕上がり報告をしばしお待ちくださいませスマイル




  
  • LINEで送る


2013年10月26日

ルイヴィトン ポパンクール 修理履歴のご紹介 その3

前回はちょっとお知らせを挟ませてもらいましたが、

お待たせしました、前々回のつづきですicon103



1年半ぶりの再会時にご依頼いただいたのは、ここicon23




あ〜、根ももが完全にちぎれちゃってますねぇicon10







反対側も・・・

う〜ん、同じく切れるのも時間の問題のようなので、

今回のお修理で両方交換します!icon23


 



分解してみるとicon146

通常のタイプと違って、ちょっと凝った造りになっていましたface08

思いがけず新しいタイプを知って、いい経験が出来ましたぁicon66














で、仕上がったのがこちらですicon96






ひねりてではいつものことですが、

元の厚みより気持ち厚めに仕上げています。

写真を撮り忘れましたが、

中に入れる芯も元より丈夫なものを入れてありますよicon21

せっかく直すなら、できるだけ強度も上げておきたいですもんねicon14face09





そして以前の修理箇所の手直しはこんな感じですface01

革の間から出ている強化テープのほころびをきれいにカットし、

2枚の革の間に強力な接着剤を入れ込んで

しっかり接着してありますicon166


BEFORE
 










AFTER











根もも交換(特殊タイプ) 2か所      9450円

納期                       10日後








ちなみにこちらは3世代揃った写真です。





ストラップ

ひねりてに最初に持ち込まれる前に

どこかのデパートで修理に出して交換してもらってます。


ファスナー端の耳(革パーツ)

初めて持ち込まれた時に交換した部品


根もも

2回目(今回)に持ち込まれた時に交換した部品



いかがでしょう?

なんだか持ち主様の愛を感じる

修理屋としてはうれしすぎるコラボレーションです
face02






この方、現在は岡山にお住まいなので、

なかなか難しいかもしれませんが、

再再会を期待してしまいますicon96



 
 

  
  • LINEで送る


2013年10月19日

ルイヴィトン ポパンクール 修理履歴のご紹介 その2

今日は前回ご紹介した商品のその後icon35

修理から1年半後に出会った時の様子をお伝えしますねicon23



あれからこちらの鞄とは相性が良かったようで、

ほぼ毎日のように使い続けてこられたそうですicon16




その結果、

こんな感じにエイジングされていましたicon26





根ももがちぎれてしまってますねぇicon10






こちら側はまだ大丈夫そうですが、

時間の問題かもしれませんicon11









ファスナー端のパーツ、

前回交換時に元々は入っていなかったナイロンのテープ芯を

強度を上げるために入れていたのですが・・・

切り口からほころんできてはみ出てしまってますicon11






あ〜、こっち側もですねぇicon10


強度を上げるには効果的な方法なのですが、

入れ方にもうちょっと工夫が必要だなと感じましたicon37

今回の修理で手直しさせていただきますicon166



こんな風に

作業した修理のその後を見ることで気づけることは多く、

たいへん勉強になりましたicon103



テーピングも良く焼けて、いい感じに馴染んできてますねぇicon01








ひねりてがいつも修理を行う際に心がけていることは

ご依頼箇所を元通りに戻すだけではなく

出来る限り元より丈夫で機能的になるよう作業することicon21

なのですが

その結果を確認できる機会は

正直なかなか得ることが出来ないのが現状でございますface04




ですから今回の再会はとてもありがたいものでしたicon12



もちろん最初から

完璧な修理が出来ればいいのですが

まだまだ未熟で発展途上のひねりてなのでicon124


今回のようなご使用後の不具合には

その都度最善の対応をさせて頂きつつicon166

こういった経験を重ねるごとに

より良い修理サービスが提供できるお店に

成長していければいいなと思っておりますicon25




そんな理由もありまして

使用後の不具合があった場合にも

すぐに面談して対応できる範囲内のお客様を対象とする方針を

今後も大切にしていきたいと思いますので、

どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げますface01





さて、第2弾の修理につきましては

また次回にご紹介しますねicon96


お楽しみに音符






  
  • LINEで送る


2013年10月12日

ルイヴィトン ポパンクール 修理履歴のご紹介

まず本題の前に一言いわせてくださいicon23


いやぁ、カープ、CSの初戦勝ちましたねぇicon77


いつもは軽快な音楽のかかるFMラジヲを

バックミュージックにしているひねりてなのですが、

今日だけは特別にRCCラジヲをかけさせてもらいましたicon66

おかげで作業も快調icon120に進みましたicon146


明日はパブリックビューイングでもいこっかな?

と思わせてくれるいい試合をしてくれて、

上機嫌なひねりてですface02





さて、本題です。


今日はちょっと思わせぶりなタイトルですが、

実は先日、約1年半ほど前に修理させていただいた鞄に

再会することがありましてicon06

前回修理していた部分のその後を

この目で確認できたことに感激してしまいましたicon12



今回はまた別の部分の修理をご依頼いただいたのですが、

今日はこの鞄の最初の状態から1回目の修理、

2回目の修理と変化していく過程をご紹介したいなと思いますicon96



長くなりそうなので、2〜3回に分けますねface02




ではお待たせしました、

主役の登場ですicon12













・・・と、

最初に持ち込まれた時はこのような状態でしたicon26



元々お客様が娘さんの持ち物を譲り受け、

形もサイズもお客様好みで使いたいので

ヌメ革の劣化した部分を

すべて交換してほしいというご依頼でしたicon103





で、仕上がったのがこちらですicon21












  

  




 
テーピング全交換
ファスナー両端パーツ交換     32550円

納期                   2〜3週間




いかがでしょうか?


革の切り口(コバ)の仕上げは

元々新品の状態では赤茶系の色がついていますが、

周りの革パーツとのバランスを考えてicon37

あえて無色で仕上げてありますicon23





で、この1年半後に出会った様子ですが・・・

それはまた次回にご紹介しますねicon96



ではお楽しみにicon27








  
  • LINEで送る


2013年07月25日

ベルトカット(ルイ・ヴィトン)



毎日最高気温更新してるような暑さですね〜icon01face03

こんな時は涼しい室内でicon25

コツコツ作業を進めるに限りますicon22



ということで早速ですが、今日の商品はこちらicon23

ルイ・ヴィトン、エピラインの黒いベルトですicon12



今日はこれを5センチほどカットしますicon146




さっそく仕上がりをお見せしましょうねface01


         修理前                             修理後
























丁度、もともと開いていた穴がなくなるところまでカットできたので、

裏側も元とほぼ同じ仕上がりに出来ていますicon66



ベルトのデザインやカットする長さによっては

もともと開いていた穴が裏側などに残ってしまう可能性はあります
icon137



その辺の内容は

お見積もり時点である程度の予想をお伝えしますので

じっくりご検討の上ご依頼されるかどうかご判断くださいませicon166






ベルトカット(ミシン縫い+手縫い)
コバ仕上げあり                         2625円

納期                               翌日〜3日






長くてもたつくベルトを眠らせてしまってる方は

一度ひねりてにご相談くださいicon96



 

 

  
  • LINEで送る


2013年04月25日

ルイヴィトン「スピーディ」ファスナー引手の交換


今日は気持ちのいいピクニック日和でしたね〜icon66


この時期になるとベーグルインさんのベーグル持って

日向ぼっこしながらランチっicon28

ていうほっこりさんたちを川沿いに多く見かけますicon01


羨ましい・・・ひねりてもいつかほっこりランチを楽しもうと思いますicon21





さあ、今日のお題はファスナー革引手の交換ですicon96



商品はこちら、ルイヴィトンのスピーディicon100






革の引手が、付け根からちぎれてしまってますicon11






では、新しく作って交換しましょうicon146






ヌメ革を使って形も出来るだけ同じように仕上げてますが、

唯一、カシメはロゴなしのものになりますicon23





ひねりてでは、ブランド、ノーブランド問わず、

技術的に可能と判断できるものはすべて受付させていただいておりますが、

ブランドさんやメーカーさんのオリジナル部品を交換する場合は

今回のような代用品になります。


ロゴ入りの部品への交換を希望される方は、

その商品の購入先に相談していただきますようお願いいたします 
icon166





革の切り口の仕上げは、

こんな感じで赤茶系のコート剤を使い、オリジナルに近づけてますicon144














ルイヴィトン革引手交換           1890円

納期                       1〜2日





今回のような症状は、

革が乾燥することで起きるものですが、

ヌメ革のように表面にほとんど加工をしていない革に

起こり易い症状です icon103


そしてこれは、定期的なお手入れをすることで

防いだり延命することも可能です 
icon163



ひねりてでは

購入したてのデリケートな状態には

表面を保護する効果が高く、シミになりにくい

こちらのレーダーフレーゲクリームを

 
 
レーダーフレーゲクリーム 各1680円
(無色、黒、茶、明るい茶、青)



ある程度使用して、つやが出てきた状態であれば

こちらの栄養を与えて表面も保護してくれるレーダーフレーゲや

栄養を与える効果が高いレーダーオイルをオススメしておりますface01
















   レーダーフレーゲ ¥2520           レーダーオイル¥2520





ヌメ革はお手入れによってかえってシミを作ってしまうこともあるため、

少しの知識と適切な状況判断が必要です
 icon103



それをこのブログで説明するには限界がありますので、

興味のある方は、一度お手入れしたい商品をもってご来店ください icon25



その商品に合ったお手入れ方法をアドバイスさせていただきます icon144icon06




どうぞお気軽にご相談くさいませicon96

 



  
  • LINEで送る