› ひねりてのお直ししまSHOW › HERMES(エルメス)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2016年11月26日

エルメス、ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!(その3)


さあ今回でこの鞄の記事も最終回です!

長らくお待たせいたしましたー時計

こちらが仕上がりの全容ですカメラ


ベージュ色の部分はすべてヌメ革を使用し、

どのパーツも元の厚みより気持ち厚めに仕上げ

常に負荷のかかるような部分には

強化用にナイロンテープを入れるなどして

オリジナルに近い仕上がりにすることと同様に

強度を上げることにも努めましたアップ グー



ここからしばらくは

各部位の仕上がり具合をご覧くださいカメラ






































































いかがでしょう?



ちょっとこちらをご覧ください


この写真の右上のほうの糸が切れているのは

お分かりでしょうか?↑


この部分には

持ち手をつなげるための金具がついているのですが

その金具を外すとこのように糸が切れていました。

おそらくこの金具を取り付けるための穴をあける際に

糸が切れてしまったのだと思いますハサミ



元々この状態で、これまでほころんでませんし

手縫いでしっかり固まっている部分なので

少々ではほころばないでしょうが・・・しょんぼり

不具合につながる可能性を見つけてしまった以上

やはりこのまま見過ごす事も出来ずキョロキョロ


手縫いで強化しておきましたニコニコ



あとはこちら


修理の都合上スライダーを外して作業する必要があり

その際この下止めを取り除いて

必要な作業後、再度組み立てて

新しい下止めを取り付けるわけですが・・・

このファスナーの生地も乾燥でかなり弱っておりワーイ

上記作業を慎重にしたにもかかわらず

生地に穴があき始め叫び

仕方なく土台に近い色の革で補強してアップ

何とか使える状態にまでもっていった

苦肉の策の跡なのですニコニコ アセアセ



仕上げた後で

「もっといい方法がなかったかなぁ?」

とあれこれ考えましたが

やり直しが何度も効くほどの耐性すら無い

生地状態だったため赤面

この仕上がりでとどめておく判断となりましたパー



いや~それにしても

下手したらファスナーを別のものに変えるしかない

危機的状態だったのでがいこつ

何とか今後の使用に耐えられるだけの強度を与えたうえでアップ

元の形をとどめた状態で仕上げられてほっとしましたーアセアセ



持ち主様のご要望のなかに

出来るだけオリジナルのパーツは残したいというのがあり

ファスナーもその一つだったので・・・ほんとによかったですクローバー



さて、つづいてこちら



マチ部分と青い革の部分ですね↑

あとで交換前の部品の写真も載せますが

やはり青い革部分も全交換しておいて正解でしたgood

分解していく先からピリピリポロポロと劣化は進みダッシュ

元には戻せない状態に自ら変化していってました悪魔



このマチも元の厚みより0.5㎜ほど厚いものを使用してますパー

その0.5㎜の厚みが

作業性をより困難なものにしてくれるわけですがアセアセ

縫製する周辺だけ少し漉いて仕上げるなど

より丈夫でありながら

見た目も綺麗に仕上げるための工夫を考えながら

作業を進めていきました溜め息










オリジナルの場合

このマチ部分はすべて手縫いで仕上げてありましたが拍手

今回の修理では

八方ミシンと手縫いの合わせ技で仕上げてあります。



理由は作業性をあげて時計アップ 費用を抑えるためです金貨ダウン



すべて手縫いで縫い上げれば

縫い目をきれいにそろえてピカピカ

丈夫に仕上げることは出来ますが力こぶ

その分手間もかかり費用も上がります金貨アップ



ただでさえ大掛かりな修理

手縫いでなくても高額な修理代になるため花火

抑えられるところは押さえたいということで

出来るだけミシン縫いで仕上げて

構造上ミシンで不可能な部分だけ、手縫いで仕上げましたパー


そういった理由とひねりての技術力不足もあってタラーッ

オリジナルのようなほれぼれする仕上がりにはかないませんがアセアセ

まあこんな感じに仕上がりました↓




反対のマチもこんな感じです


このコーナー部分をきれいに仕上げるために

結構気を使いましたニコニコ




















あとは、この金具の革ベルトへの留め方が、

なかなか繊細な作業を要求されるような精巧さだったためピカピカ

新しく作成した革ベルトに、

同じような取り付け方で、

なおかつ金具に傷を付けずに移動させるクローバー

ということが困難なのとちっ、ちっ、ちっ

金具裏の革部分にエルメスの刻印があるのを残したい

という理由で

こういう仕上げにしてあります↓


これもまた「もっといい方法はなかったものか・・・?」目

といまだに心に残ってますが

これが今のひねりてに出来るベストでありますなき



最後に今回交換したオリジナルの革パーツたちをご覧ください。

長い間ご苦労様でした拍手
















それにしても今回のこのお品

その個性的なフォルムにも驚かされましたが

それ以上にあまりの劣化具合に驚くことばかりでオドロキ

・・・たとえば

糸をほどこうとして糸目に目打ちを入れると

革のほうがプチプチ切れていくという叫び

全体が首の革一枚で繋がっているような状態でしたガーン


新品時には丈夫な革もグー

劣化でここまでもろくなってしまうということを

あらためて感じることのできる

貴重な体験をさせていただきましたピカピカ




エルメスヒマラヤトートバック
交換パーツ
持ち手、持ち手付け根革ベルト一式
左右マチ
右側青色革部分
かぶせ留用ベルトの一部分        135000+税円

作業期間                約2か月 



ここまでに度々申しておりますが

今回の商品は組み立て方も複雑で

「え!ここまでミシンなのにここは手縫いなの?」

と思うようなところが多々ありましてオドロキ

本当にまたとない、いい勉強をさせていただきました雷


「次同じ作業をするなら、こうしたいああしたいメロメロ

という思いも湧いてきておりますが・・・・

いやいや、そうそうこういうご依頼はないでしょうねぇちっ、ちっ、ちっ

それだけにこんなひねりてを信頼して任せてくださった方

ビアリッツの白川様には感謝するばかりですお花




え?どなた?と思われた方はこちらをご覧ください

ひねりてのご近所様で、

アンティーク商品などを取り扱う雑貨店のオーナー様です家


今回のヒマラヤは

お店の商品として仕入れたものをご依頼いただきました。


そして納品後、

見事新しいオーナー様の元に嫁いでいったとのこと拍手





またどこかの街角で再会できたらいいなぁ・・・音符

などと勝手に妄想が膨らむひねりてですメロメロ



  
  • LINEで送る


2016年11月19日

エルメス,ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!(その2)



今日は前回からの続きですスマイル


まずは作業内容の見積を出させていただき

予想されるリスク、仕上がりイメージ、作業方法等の詳細を

持ち主様にお伝えして、すべてご理解いただいたうえで

このご依頼を受けさせていただくことになりました家


劣化状況からすると、リスクの高い注意

かなりの大仕事ですが・・・キョロキョロ

ここまで来たら腹をくくるしかありませんよね!

心して取り掛からせていただきましたよフンッ グー



では作業内容をご紹介しましょうカメラ



こちらの商品、

革の劣化以外にも全体的に埃っぽく

汚れや黄ばみが出てきていたため

まずひねりてで分解してハサミ

交換予定のベージュの革パーツを取り外した状態で

一旦お客様に返却し

ご自身で馴染みのクリーニング店に依頼して家

生地部分のクリーニングをしたあと

再度ひねりてに持ち込んでいただきましたアシ


これは最初のご依頼時から

お客様がご自身でクリーニングに出すと

希望されていたことなので

こういった段取りになりました。


お客様のご要望によっては

ひねりてがクリーニング店への依頼等の代行も行っておりますパー



クリーニング店から戻ってきた時の状態はこんな感じです↓




生地の黄ばみはなくなり、全体的に白くきれいになっていますピカピカ

大掛かりにパーツ交換する修理だったからこそ、できるお手入れですね花まる

これが分解していない状態だったら

劣化の状況から考えて、

この鞄のクリーニングを受けてくれるお店を探すのは

難しいかと思いますちっ、ちっ、ちっ




さて、ここからはひねりての出番ですね!


最初に取り掛かったのは持ち手です。

かなり頑丈に持ち易く作られているだけに

同じように復元するのは大変そうなパーツですタラーッ


元のパーツからサイズの割り出しもするため、

その構造や組み立て方を考えながら

慎重に分解していきましたよクローバー












縫製はすべて手縫いで仕上げてあり、

中には半丸の芯が上下に、

その間には少し中央が盛り上がった平芯が配置してあり

合計5つのパーツで作り上げられていました

予想通り凝った構造ですガーン


中の半丸の芯はまだしっかりとして、粘りもある状態でしたのでgood

そのまま使うことにしましたが

間の平芯は一番負荷のかかる

カンに取り付ける部分が弱ってきていたためダウン

新たに作り直すことにしましたハサミ


ただ、これが結構微妙なサイズ配分で作られてまして

形も厚みも全体に丸みを帯びておりへび

直線でスパッといかないという点で、

なかなか手のかかる子でしたぁワーイ アセアセアセアセ



とりあえずサイズ配分や

組み立て方を確かめるために、こんな感じで試作をしてみました↓



革はB品ではありますが、

本番と同じようにヌメ革を使用して、

厚みや張り感が同じ状態で仕上がり具合を確認し目

すべてのパーツの長さ、幅、厚み、漉加減などのベストサイズを決め

ベストな組み立て方も決めて本番に挑み

四苦八苦しながらも何とか仕上げました!!フンッ グー


と、今日はここまでですパー

仕上がり具合は次回に詳しくご紹介しますねニコニコ

どうぞお楽しみに音符




  
  • LINEで送る


2016年11月12日

エルメス、ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!”(その1)


今日は、

最近エルメスのヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」の

かなり大がかりな修理を手掛けさせてもらいましたので

その内容を数回に分けてご紹介させていただきますカメラ


相変わらず無知なひねりては、初めて知った鞄ですが

知る人ぞ知るヴィンテージバックでピカピカ

なかなか手に入りにくいレアものなのだそうですオドロキ

その名も「ヒマラヤ」・・・確かに手が届きにくそうな名ですねアセアセ


エルメスの中でも個性的で

カジュアルな装いにもしっくりきそうな

面白いデザインですね花まる

価格はカジュアルではないでしょうが・・・タラーッ




持ち込まれた状態は

修理屋の立場から率直に言わせていただくと

かなりの重傷でしたガーン


まずはその状態をご覧ください































ここまでご覧になってみて、いかがでしょう?

全体的にかなり乾燥している状態で

革パーツはすべてカサカサ、サクサクなかんじです大泣き

取り扱い方によっては裂けたり割れたりする危険があり

状態確認で触るのにも緊張しちゃいましたよー叫び



さらに気になったのはこちらの部分しょんぼり


持ち込まれた当初の持ち主様のご要望のなかに

この青い革部分の修理は含まれてませんでしたが

ベージュのマチ部分を交換する際に分解したら

きっとこの青い革部分も

触らないわけにはいかないであろう劣化具合ですがいこつアセアセ




あとはよく見るとこんな修理跡がありましたパー



ステッチが2重になってるところは手縫いで修理してある様子です。


ひねりてが予想するに

このマチ、両方とも今回持ち込まれた状態のように

入り口部分から破れ始めたために

破れた部分をきれいにカットして少し縮めた状態で

再度縫い留めたのではないかと思いますキョロキョロ



持ち主様としては

このレアものの鞄をエルメスの刻印を残しつつ

なるべく見た目を変えずに修理してほしいということでしたマイク



そしてひねりてとしましては

この鞄の全体の様子が分かった時点で

「これは安請け合いは出来ないぞ!」と緊張し雷

少し時間を頂いて時計

どこまでそのご要望にお応えできるものか

考えさせていただくことにしましたキョロキョロ



結果受付させていただくわけですが・・・

続きは次回にさせていただきますねパー

それまでどんな修理になったのか

あれこれ妄想してみてくださいませニコニコ





  
  • LINEで送る


2016年02月13日

エルメス、ドゴンの修理とセレクトショップ、ビアリッツさん


今日はひねりてのご近所さんである

セレクトショップ「Biarritz」と家

そこからご依頼いただいた商品

エルメス、ドゴンのメンテナンス修理をご紹介しますねスマイル


まずは修理から

こちらがHERMES Dogon  エトゥーブ


ビアリッツの店主さんが仕入れた販売前の商品ですパー

このままでも使用可能な状態ですが

より気持ちよく、長く使用できるよう

いくつかメンテナンスをしてほしいとご依頼いただきました。



まずはここ

引手についていた革引手が無くなっているので

新しく作成します。


あとはここ、

コバコートがはがれて、革の断面も荒れて来ています

これは全体に磨き直して新しくコートしてあげますピカピカ



最後にこちら

留め具に通す革ベルトの表面の色がはがれてきていますなき

これは染めるとなると大掛かりだし

頻繁に触って動かす部分なので染めても再発が早いため

今回は表と裏をひっくり返して縫い直すことにしましたパー



では仕上がりをご覧ください↓









元々の引手の色は本体と同色の物でしたが

当然同じ色で同じ革質のものはありませんので

中途半端な色合いや質感の革を使うよりも良いという判断で

あえてコバ色に近い濃茶の革で作成しました!

いい感じで馴染んでると思います拍手




留め具に通すベルトは

表と裏を返して縫い留めてます。

針を同じ穴にまっすぐ落とせているので

裏ずれもしてませんgood



↓こちらが劣化してる部分で、留めるときれいな面が表になります↓












コバもこんな感じ

これで強度も増しましたアップ




エルメスドゴン
ベルト付け替え
コバ仕上げ直し(本体1周、ベルト周り)
革引手作成 1か所                  9000+税円

お預かり期間                      1週間



最後に栄養を与えつつきれいに磨かせていただきましたピカピカ

どなたのもとにお嫁に行くのか楽しみですねクローバー




さてこのビアリッツさん

もともと個人的にご利用いただいていたひねりてのお客様で

1年ほど前に

ひねりての近くの橋本町でお店をオープンされたという

何かとご縁を感じるお店なんです家



外観はこんな感じ

とってもカラフルで、入る前からわくわくする素敵な店構えですピカピカ


いろんな小物が凝っててかわいい音符















店内はこんな感じ、これまたカラフルでしょニコニコ



ご近所さんということもあって、時々伺うんですが

日に日にものが増えていってる感じで、

どこから見たらいいか困るくらい

素敵な商品であふれたお店ですプレゼント





















取り扱われている商品の基準は

「とにかく店主の白川さんが好きなもの!」だそうで

みなさんご存知の高級ブランドから

ポップでかわいい小物まで所狭しと並んでいます音符


写真からもお分かりかと思いますが

エルメスがお好きなようで、

多種多様な小物や鞄、

自転車まで自転車取り扱われてますオドロキ


エルメス好きの方には

たまらないお店なのではないかと思いますし雷

ブランドショップに入るには気が引けるけど興味があるしょんぼり

という方にも、気軽に商品を吟味するには

良いお店だと思いますOK



店主の白川さんはとても笑顔が素敵で

話しやすい方ですよスマイル










個人的に気になったディスプレイ

エルメスデザインの、紙で出来た財布とバックたち

色使いもイラストもかわいい音符





















バービー人形に靴、鞄、

かわいい模様のインソールなどなど

店主のセンスが光る物たちであふれる店内は

まるでおもちゃ箱プレゼント

わくわくがとまりませんねぇハート





その中でひねりての目に留まったのがこちら

とっても美味しそーなパンのイラストが描かれたポーチ

ほんとにおいしそーでお腹が空いた・・・なき






いかがでしたか?

大切な方へのプレゼント探しにも良さそうなお店ですよねプレゼント

興味のある方はどうぞこちらをご覧になってみてください








さて今日は一日雨模様雨

たまにはこういう日もいいなぁ

とビアリッツさんからの帰りに霧雨に霞む京橋をパチリカメラ














と気づくとそこにハクセキレイ

しばらくじっと見つめられて、かわいい一枚を撮らせてくれました

今日もいい一日でした花まる

  
  • LINEで送る


2015年02月16日

エルメス手帳カバーをリニューアル!


今日は、

とっても長~くご愛用されている手帳カバーをご紹介しますカメラ



こちらのエルメスの手帳カバー(アジャンダカバーと呼ぶようです)

何年物だと思いますか?


持ち主様も記憶が定かではないようですが

最低でも20年以上で、

おそらく25年近くご使用されているという代物です時計


そんなに長年ご使用されていたにもかかわらず

今まで一度も修理せずにこの状態だということで、

正直びっくりですオドロキ

25年も使用されてたとは思えない状態の良さでした花まる



ご依頼場所はこちら↓



丁度折曲がっているところのステッチが摩耗してなくなってますし

ポケットの入り口部分のステッチも切れてほどけて来てますなき



ただ、よ~く全体を点検させていただくと・・・











4辺すべてのステッチ糸があちこち摩耗で無くなってますし

コバも色が剥げたり、接着がはがれてきたりして、

全体に傷みが出てきている状態でしたムカッ


ということで

これを機に全体のメンテナスを施させていただくことにしましたグー



では分解ですハサミ


ついでにすべてのパーツの汚れをクリーナーで落としてピカピカ

一番傷みやすい折り曲げ部分には

ナイロンテープで内側から補強をしておきましたグー



あとは再度組み立てて

元の穴通りにミシンがけをし

コバも一から磨き直して完了ですクローバー







負荷がかかって糸が切れやすいポケット入り口は

オーナー様の許可を頂き

3目ほど1往復半重ねて縫って、糸が切れにくくしてありますアップ

表側                        内側










これは好みや考え方によって

良いと思う方とそうでない方がいらっしゃると思うので

持ち主様のお好みや

ご希望に合わせてさせていただいているサービスですパー



コバはこんな感じです。


















エルメス手帳カバー
4辺全周縫い直し
コバ磨き直し仕上げ
全体メンテナンス             12000+税円

お預かり期間                約2週間 



ちなみにこの方

他にも2点ご依頼いただいてまして・・・



どちらも修理前の磨いていない状態の写真ですが、

これで15年物だそうです・・・目

そして3点ともエルメスです王冠すごいっ!



持ち主様曰くマイク

今まで国産の革製品もいろいろ使ってみたのだけど

どれもそれほど長持ちしなかったそうですが、

エルメスは高額ではあるけど使ってみたら

こんなに長持ちしたのだ、ということでした。


やはり高額なだけの価値はあるのかな

と思わせてくれる実例ですねぇピカピカ




左は25年物の手帳、右は15年物の長財布


10年の差が分かります時計



今回、商品が上質の物というのも

長持ちの理由だとは思います。


ただ、それにしてもあんまりきれいにご使用されてるので

どのように使われているのかが気になりしょんぼり

この方の鞄の中を少しだけ拝見させていただいたところ

中にインナーバックをいくつか入れて仕切ってあり

手帳も財布もそこからささっと

簡単に抜き差ししてご使用出来る状態になっていましたクローバー


塵も積もれば・・・とはよく言いますが

今回お預かりした3点は

日常使うものの使い方によって

こんなに長~く、しかも状態良く使えるのだということを

証明してくれる品々だと思います、ほんとにすばらしいっ拍手





かくいうひねりてはというと・・・

おっきな鞄の中にすべてのものをぶち込み

使用するたびに手を突っ込んで

必要なものを手探りでごそごそ探し回るアセアセ

という有様です

たぶんこれが一番物を傷める大きな原因だと思いますクレイジー



是非ともこれを機に

鞄の使い方を見直し、

この方を見習いたいものだとしみじみ思いましたなき



皆さまもよかったら参考にしてみてくださいスマイル



いやぁ、貴重な体験をさせていただきましたぁ家







  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 16:08Comments(0)HERMES(エルメス)小物類ほか

2013年12月24日

エルメス長サイフのほころび修理

どうもどうも、今日はクリスマスイヴですねicon155

みなさんいかがお過ごしですか?

ひねりては年末に向けて

せっせとお仕事に励んでおりますよicon25icon10




さて、今日はお財布によくある修理のご紹介をしますねicon96



商品はこちらのエルメス長サイフ

綺麗なオレンジ色でなんとも品のあるお財布ですねicon12





これ、どこがほころんでいるかわかりますか?

ほんの1センチほどずつですが、

曲がる部分の両側のステッチが切れてほころび始めてますicon10

このくらいの段階で持ってきていただくと

綺麗に仕上げられますし料金もお手軽に済みますよicon66



ではお直ししましょうね

before                                    after

 









 









  









 













ほころび縫い2か所
コバ仕上げなし           1260円

納期                  即日〜翌日





今回の修理箇所も修理内容もお財布には良くあるケースですicon103

やはり良く動く場所だし摩擦も多い場所なのでicon137

一番劣化し易いようですねicon11



革小物の中でお財布は

使用頻度が一番高い小物なだけに

どうしても酷使されて劣化速度も速いと思いますicon16

革の劣化がひどくなるとデザインを変えるしかなかったり

修理自体が難しくなることもありますのでface03


劣化部分を発見されたら

早めに販売店や修理店などの専門店に

ご相談されることをオススメいたします
icon96





ではではみなさま

それぞれにそれなりに満足できるクリスマスが

過ごせますようにicon27icon12


 
  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:30Comments(0)HERMES(エルメス)