お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2016年07月15日

ハンティングワールド長財布のバチュー・クロスを革に交換 その2



こんにちは

さっそくですが、前回に引き続き

こちらの完成具合をご覧いただきましょうカメラ




新しく取り付けるバネホックのメスは

かぶせ側のオス(元からついているバネホック)

とサイズが、うまくかみ合う

イタリア、プリム社製の真鍮バネホックを使用してますパー





ヌメのテーピングは、元はこのように

四角く、くりぬいた額縁仕上げになってました↓


さすがハンティングワールドさん!

この方法はとっても贅沢な革の使い方でしてキョロキョロ アセアセ

その分費用も掛かるのですが金貨

この仕上げにこだわらなければ

革を効率的に歩留りよく使うことで、費用も抑えられますダウン


今回持ち主様から、仕上げ方はお任せいたいていたので

角の四隅で継いだ仕上げ方にさせていただきましたパー

















あと、受付時には気づけなかったのですが

分解してみると

札入れの内張りのひとつが

摩擦によって薄くなり、こんな感じに弱ってました大泣き


そこで電話で持ち主様に相談し黒電話

ご了承を得て、追加でこの部分の内張りも

交換することとなりました。



色も生地もお任せいただいたので

元の生地に近いタイプの色、質感の生地を使用してみましたパー




交換したパーツです


は~、やりごたえ充分の内容でしたぁオドロキ アセアセ





長財布
本体バチュークロスを革に交換
ヌメ革テーピングを新しいヌメ革に交換
バネホック(メス)交換X2
内張り交換(札入れ部分1か所)       34000+税円

お預かり期間               1か月半前後





バチュークロスの代わりの革は

牛のオイルレザーなのですが

オリジナルのカーキ色に近い色合いといい

オイルレザーならではのしっとりとした質感といいピカピカ

なかなかシックで上質な感じに仕上がったと思いますグー



この革を選ばれた持ち主様の

センスの良さが出てますね花まる



これからも夫婦円満のシンボルとして

さらに深みのある一品に育ててもらえるよう願っておりますクローバー





  
  • LINEで送る


2016年07月09日

ハンティングワールド長財布のバチュー・クロスを革に交換 その1


ここ最近

出張の報告やお知らせ関係で

あまり修理の紹介をしてませんでしたので

本日は久々にこんな修理をご紹介しましょう↓


ちょっと大がかりな内容なので

2回くらいに分けてお伝えしますね!マイク


商品はこちらの

ハンティングワールドといえば雷

カーキ色の生地とヌメを使用した長財布です。




持ち主のご主人様からプレゼントされた

思い出の品なのだそうですプレゼント


中には乾燥剤があちこちにいれてあったりと

とても取扱いに気を使いつつ

まめにメンテナンスしてある様子でピカピカ

大切にされているということが

手に取ってみてよ~くわかりました目




が、こちらのお財布

確か30年くらいのお付き合いをされているとのことで時計

ご覧のとおり、全体的に劣化が進んできてますねなき


この素材を少し調べてみたところ

ハンティングワールドのオリジナル素材で

バチュー・クロスというらしいです本(←詳しくはこちらをクリッククリック

あ!みなさんご存知でしたかね!

すみません、知らなくってアセアセ


この素材は革ではなく

表にはウレタン加工が施されている生地のため

残念ながら年数が経過するにしたがって

以下のような劣化による変化が起こるのは

止むおえませんキョロキョロ













今回はこのバチュークロスを革に交換し

周りのヌメのテーピングを

新しいヌメに交換してほしいというご依頼ですパー



う~ん、これは結構な大仕事!叫び

素材を違うものにするという時点で

事前に予想できるリスク以外の不具合が

起こらないとも限りませんちっ、ちっ、ちっ

内容も複雑なため費用も高額です金貨アップ

と思いつくことをすべてお伝えさせていただきましたが、


「それでもこれはどうしても直しておきたい!」

と持ち主である奥様キスマーク

最終的にご依頼されて納期の話になった時も

「出来れば主人の誕生日には間に合わせたい!」

ということクローバー


一方で、今回この方は

遠方からわざわざご来店してくださったのですが

その際、事前の情報収集パソコン、問い合わせなどは黒電話

すべてご主人様がされて、

車で奥様を連れてご来店クルマ

そして修理受付中は

車の中でじ~っと待っていらっしゃいました時計


・・・・こ、これはまさしく夫婦愛あってのお互いの言動でしょうメロメロ

素敵ですよねぇ拍手

お陰でひねりての心もほっこり温まりましたよ温泉マーク



そして修理後、こんな感じに仕上がりましたカメラ

経過と詳しい仕上がり具合については・・・


はい、次回のお楽しみです~♪

久々に出ましたねこのパターン!ニコニコ


次回にたっぷりご紹介しますので、どうぞお楽しみに音符


あとは、出張の時の記事も

今後ぼちぼち載せる予定ですので

そちらもお楽しみに~スマイル


  
  • LINEで送る


2016年04月23日

レッドウィング 折財布のファスナー交換


こんにちは

今日の商品はこちらです↓


レッドウィングというブランドの折財布

レッドウィングと聞いてひねりてが思いつくのは

編み上げのワークブーツなんですが

今回のようなお財布があるとは存じ上げませんでしたオドロキ

勉強不足ですねアセアセ


お財布もやはりブーツの雰囲気に良く似合う

カジュアルで堅牢な風貌ですねぇgood



で、今回のご依頼場所は・・・



ここです!


ファスナーの生地部分が一部破れて来ていますタラーッ

少し開け閉めしてみましたが

構造的にこの破れている部分に

負荷がかかりやすい状態になっていますなき


周りの革素材が堅牢なだけに

布で出来ているファスナーのほうが

どうしても負けてしまうのは仕方のないことですね・・・キョロキョロ


そしてこのファスナーを交換しようと思うと

修理個所以外に2か所の分解が必要なんですパー



ということで分解です、パカッ!




次は本体からも取り外しまぁすハサミ


ここまで分解してやっとファスナーの交換が出来

綺麗に作業ができます!



あと、これまでの写真からお分かりのように

長年の思い出だけでなく

汚れのほうも詰まっておりましたのでニコニコ

分解ついでに出来るだけ取り除いてからピカピカ

組み立てましたよグー



では仕上がりをご覧くださいカメラ


ファスナーは

ひねりてに定番で在庫してあるものを選ばれたので

元の色より濃い茶色になってますが

近い色のものもお時間頂ければご用意できます花まる


縫製は一針一針同じ穴に落として仕上げてますので

見た目も強度も元通りですOK












分解箇所もこの通り!

裏ずれもほぼなく仕上げることが出来ました音符







折財布小銭入れファスナー交換
分解2か所あり           8000+税円

お預かり期間            1~2週間



このお財布

ご使用によってだいぶんいい感じに

エイジングされてきてますね拍手



革部分は厚みのあるオイルレザーで

まだまだ元気な状態ですのでグー

今回のお修理によって復活した今後は

益々深みのある

唯一無二の相棒に育てていかれる事を期待しますスマイル


  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:49Comments(0)修理(ファスナー)財布

2016年02月13日

エルメス、ドゴンの修理とセレクトショップ、ビアリッツさん


今日はひねりてのご近所さんである

セレクトショップ「Biarritz」と家

そこからご依頼いただいた商品

エルメス、ドゴンのメンテナンス修理をご紹介しますねスマイル


まずは修理から

こちらがHERMES Dogon  エトゥーブ


ビアリッツの店主さんが仕入れた販売前の商品ですパー

このままでも使用可能な状態ですが

より気持ちよく、長く使用できるよう

いくつかメンテナンスをしてほしいとご依頼いただきました。



まずはここ

引手についていた革引手が無くなっているので

新しく作成します。


あとはここ、

コバコートがはがれて、革の断面も荒れて来ています

これは全体に磨き直して新しくコートしてあげますピカピカ



最後にこちら

留め具に通す革ベルトの表面の色がはがれてきていますなき

これは染めるとなると大掛かりだし

頻繁に触って動かす部分なので染めても再発が早いため

今回は表と裏をひっくり返して縫い直すことにしましたパー



では仕上がりをご覧ください↓









元々の引手の色は本体と同色の物でしたが

当然同じ色で同じ革質のものはありませんので

中途半端な色合いや質感の革を使うよりも良いという判断で

あえてコバ色に近い濃茶の革で作成しました!

いい感じで馴染んでると思います拍手




留め具に通すベルトは

表と裏を返して縫い留めてます。

針を同じ穴にまっすぐ落とせているので

裏ずれもしてませんgood



↓こちらが劣化してる部分で、留めるときれいな面が表になります↓












コバもこんな感じ

これで強度も増しましたアップ




エルメスドゴン
ベルト付け替え
コバ仕上げ直し(本体1周、ベルト周り)
革引手作成 1か所                  9000+税円

お預かり期間                      1週間



最後に栄養を与えつつきれいに磨かせていただきましたピカピカ

どなたのもとにお嫁に行くのか楽しみですねクローバー




さてこのビアリッツさん

もともと個人的にご利用いただいていたひねりてのお客様で

1年ほど前に

ひねりての近くの橋本町でお店をオープンされたという

何かとご縁を感じるお店なんです家



外観はこんな感じ

とってもカラフルで、入る前からわくわくする素敵な店構えですピカピカ


いろんな小物が凝っててかわいい音符















店内はこんな感じ、これまたカラフルでしょニコニコ



ご近所さんということもあって、時々伺うんですが

日に日にものが増えていってる感じで、

どこから見たらいいか困るくらい

素敵な商品であふれたお店ですプレゼント





















取り扱われている商品の基準は

「とにかく店主の白川さんが好きなもの!」だそうで

みなさんご存知の高級ブランドから

ポップでかわいい小物まで所狭しと並んでいます音符


写真からもお分かりかと思いますが

エルメスがお好きなようで、

多種多様な小物や鞄、

自転車まで自転車取り扱われてますオドロキ


エルメス好きの方には

たまらないお店なのではないかと思いますし雷

ブランドショップに入るには気が引けるけど興味があるしょんぼり

という方にも、気軽に商品を吟味するには

良いお店だと思いますOK



店主の白川さんはとても笑顔が素敵で

話しやすい方ですよスマイル










個人的に気になったディスプレイ

エルメスデザインの、紙で出来た財布とバックたち

色使いもイラストもかわいい音符





















バービー人形に靴、鞄、

かわいい模様のインソールなどなど

店主のセンスが光る物たちであふれる店内は

まるでおもちゃ箱プレゼント

わくわくがとまりませんねぇハート





その中でひねりての目に留まったのがこちら

とっても美味しそーなパンのイラストが描かれたポーチ

ほんとにおいしそーでお腹が空いた・・・なき






いかがでしたか?

大切な方へのプレゼント探しにも良さそうなお店ですよねプレゼント

興味のある方はどうぞこちらをご覧になってみてください








さて今日は一日雨模様雨

たまにはこういう日もいいなぁ

とビアリッツさんからの帰りに霧雨に霞む京橋をパチリカメラ














と気づくとそこにハクセキレイ

しばらくじっと見つめられて、かわいい一枚を撮らせてくれました

今日もいい一日でした花まる

  
  • LINEで送る


2014年11月29日

BREE折財布 全体アレンジ補強修理 その2



今日は前々回の続きですね

お待たせしましたスマイル

まずは仕上がりを詳しく見ていただきましょうかカメラ




表から見て長方形の4辺すべての端の革が

再使用不可能なぐらい劣化していたり裂けていたりしたのでタラーッ

新しいヌメのテープでカバーしましたgood




表面の折り曲げ部分の両端がかなり劣化していましたので

そこには思い切って新しいヌメで半円状にカバーしました↓














お札入れの内張りはすべて乾燥しきっていて

分解のために触るだけで裂けたり破れたりするくらい劣化していたためガーン

全部新しく交換しましたピカピカ




交換した内張りのひとつです、けっこう形がゆがんでしまってました。

これだけ変形してると組み立て直す時にとてもやりにくく、

きれいにいい状態にしにくいため

交換することにしてよかったと思いますOK




もちろん使えるパーツは使ってますよ

札入れ入口のこの革テープもそのひとつスマイル



ただ、元は接着だけで仕上がっていた部分ですが

出来るだけ丈夫にするために縫い留めてありますグー



良く力がかかりがちなところで弱っているなと感じた部分には

革をあてて補強したうえで組み立てました↓




ここも元通りに縫うだけではちょっと不安を感じるくらい

使用するたびに負荷がかかる部分

こんな風に仕上げてみましたしょんぼり










BREE折財布、全体サイズカットアレンジ
テーピング取り付けー表全周、札入れ仕切り入り口1か所、底中央1か所
革あて補強ー大2か所、小2か所
内張り交換3か所
旧パーツ劣化部補強処置数か所                 31200+税 円    


お預かり期間                              約1か月半





今回のお修理は作業しながら、

革だけでなく生地素材が予想以上に劣化していることに気づきオドロキ

途中でオーナー様に相談しながら作業を追加しつつ黒電話

時間をかけて完成させていったものです時計



受付時に商品を拝見する際、

たいてい革の劣化には注意深く目を行き渡らせるようにしておりますが、

それと同じくらい生地の劣化にも注意する必要がある

ということをあらためて実感させていただきましたキョロキョロ アセアセ

まだまだ奥が深いですねぇ・・・修理ちっ、ちっ、ちっ



がんばりますっ!グー




最終的には、オーナー様に喜んでいただけたので、よかったです音符

これからさらにこのお財布を相棒にご家族との思い出を

重ねていっていただければいいなぁなんて思っておりますピカピカ


  
  • LINEで送る


2014年11月15日

BREE折財布 全体アレンジ補強修理 その1



今日は久々に大掛かりな修理をご紹介しましょうねグー

商品はこちら、BREEさん出身の折財布です↓




ヌメ革の飴色がウシ

オーナー様と過ごされた年月を物語ってますねぇ時計


このお財布、

良く見るとすでにあちこち治療が施されてました救急箱
























この治療跡を拝見するだけでも

オーナー様の思い入れの深さが伝わりますよねぇ雷

すばらしいっ拍手


オーナー様曰く

「かなり傷んでしまっているけれども、

使い馴染んで気に入っているので花まる

ある程度料金がかかっても

出来るだけ修理で直して、より長く使えるようにしたい。」とのこと

さらにお話を伺ううちに、

奥様からの贈り物だということが判明プレゼント


なるほど~ハートと納得しながら

素敵なご依頼だなとうれしく思いました音符



正直に言いますとしょんぼり

確かにかなり劣化が進んでますアセアセ

ほら、ここもこんな感じだし↓




なので、このお財布の修理には

全分解をするような、かなり大がかりな作業が必要でグー

それだけ料金も高額金貨になるということをお伝えしたところ

それでも検討したいという姿勢でいらっしゃったので

まずは1週間ほどお時間を頂いて

良く状態を確認したうえで、

よりベストと思える見積を考えさせていただくことにしました。家


・・・そして1週間後ダッシュ

あれこれ予想されるリスクを説明しつつ、

熟考してキョロキョロ ひねりだしたお見積をご提案した結果

この大修理をご依頼していただくこととなりましたOK


とりあえず仕上がりだけご紹介しておきましょうねカメラ



詳しい修理内容と経過、

そしてオーナー様の感想については

また次回ご紹介します

どうぞお楽しみにクローバー


  
  • LINEで送る


2014年09月06日

カルティエ 長財布修理


本日の商品はこちら

カルティエ、マストラインの長財布です金貨



カルティエのレザー商品と言えば

このボルドー色ではないかと言えるくらい

良く目にするカラーですよね↑


暗めのトーンのため、傷や汚れも目立ちにくく

落ち着いた良い色合いだと思います花まる



さて、今回の修理場所はこちらです↓




上写真の右側に近づいてみましょうカメラ

上下とも札入れ入り口付け根の革が破れてしまってますねワーイ





お財布は、使い勝手を良くするためにも

細かい細工が施された繊細な部分の多い商品ですが

日々の使用頻度は小物類の中でも

ナンバーワンと言えるほど酷使されがちですよねしょんぼり


中でも今回の場所は使用するたびに負荷がかかるところなので

よくあるご依頼内容ですパー


オーナー様のご希望は

出来るだけ元のイメージを変えないよう

丈夫に修理してほしいということでした。



それではかかりましょうか!


どの素材も傷めないように慎重に分解していきますハサミ



内張りもはがして




薄くて丈夫なナイロンテープを2重にしてはさみ




再度内張りを元のように接着します



このナイロンテープが

破れてなくなってしまった革の代わりになってくれます。

ほんの2ミリ程度の縫いしろ部分です

これがとっても重要な部分なんですパー



強力な接着剤を使用して

マチ上の折り返し部分にもミシンがけをするので

このテープが破れてこない限り

今回のような症状の再発はないでしょうグー





では仕上がりですピカピカ






この部分、表から見るとこんな感じです




カルティエ長財布
札入れマチ破れ部革足し補強修理2か所     4000+税 円

お預かり期間                       1週間





鞄もそうですが

ご自分の使用スタイルにぴったりの構造のお財布

に出会うのって結構難しいようでキョロキョロ

新しいお財布を買っても

「やっぱり前使っていたのが使いやすかった~!」

と言ってご相談に来られる方は多いですマイク


今回はこのように修理をさせていただきましたが、

つい最近お見積させていただいた方は

いろいろ相談して検討された結果

「お蔭で処分する決心がつきました!」と笑顔でお帰りになられましたニコニコ


正直、とてもうれしい反応でした音符

もちろん物は大切に、修理しながら長くご使用いただけるのが

ひねりての希望ではありますがクローバー

人それぞれの生活スタイル、価値観に当てはめて

気持のよい選択をしていただければ

それがその方にとっての最良の物付き合いだとも思ってますのでピカピカ

そのお手伝いが出来たと思えたことがとてもうれしかったのですスマイル





今現在も眠らせている物の進路が決められずに困っていらっしゃる皆様

まずはひねりてにご相談くださいませ家



修理するもよしgood

処分するもよしgood

別の選択肢を見つけられればそれもまたよしgood

ひねりてと一緒に皆様にとっての正解を見つけていきましょうスマイル



  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:44Comments(0)財布CARTIER(カルティエ)

2014年06月28日

グッチ長財布 ホック交換


今日はお財布によくある修理のご紹介ですプリン



商品はこちらのグッチ長財布



上品なアイボリー色で

容量もたっぷりの使いやすそうなお財布ですピカピカ





つい先日

ホックの留まりがが弱くなったという症状で持ち込まれました。

良く見てみると・・・目


メス側の片方のバネが折れてしまっているようですなき



こういう場合、

この部品を交換すればまたしっかり閉まるように出来ますよOK



ひねりてでご用意できるホックが

もう片方のオス側と相性さえ合えば、このメス側のみの交換でも良いですが

今回の場合、元よりきつくなってしまう相性で、

今後、より長持ちさせるためにもへび

ぴったり合うほうがよいというオーナー様の判断で

セットで交換させていただくことにしました花まる



では分解しましょうハサミ中はこんな感じになってます目


このホックをはずすには工具が必要ですので

結構大きく分解する必要がありますパー



土台を少し補強しておいて新しいホックを取り付けましたgood















で、仕上がりはこんな感じですピカピカ

修理前                   修理後





































元々は白っぽいゴールドのホックがついてましたが

あいにく全く同じ色はご用意できませんのでちっ、ちっ、ちっ

当店でご用意できるものの中からニッケル色を選んでいただきました↑

内側で見えないところということもあって

特に気にならない感じに仕上がってますgood




バネホック交換(セット)            4000+税 円
分解2か所

お預かり期間                  2~3日


今回のお財布はしっかりした作りで

ホック位置も深かったので

分解等の作業代が通常よりもかかるタイプでしたスマイル





では、ひねりてでご用意できるバネホックの種類について

少しご紹介しておきましょうねマイク



まずはこちらをご覧くださいませ目

外側

内側

今現在ご用意できるバネホック達ですOK



バネホック(ノーマルタイプ)

大(直径15ミリ)
4色(ニッケル、真鍮、アンティーク、黒ニッケル)

中(直径13ミリ)
8色(ニッケル、ゴールド、真鍮、アンティーク、黒ニッケル、茶塗り、黒塗り、
   ブロンズ)

小(直径9ミリ)
7色(ニッケル、ゴールド、真鍮、アンティーク、黒ニッケル、茶塗り、黒塗り)


分解不要の場合

1セット     500+税 円

片面のみ    400+税 円


分解が必要な場合

修理商品の構造に必要な分解や補強作業代金が

上記代金に追加で必要になります金貨

修理商品を拝見しながらの判断になりますので

その都度ご相談くださいクローバー



あとは

以下のようなちょっと上質のホックもご用意できますピカピカ


真鍮はイタリアPRYM社製、

ニッケルとアンティークは日本製です。

個人的には日本製のデザインがシンプルで好みです音符



バネホック(ギボシタイプ

小(直径9ミリ)
3色(ニッケル、真鍮、アンティーク)


分解不要の場合

1セット    800+税 円

片面のみ  600+税 円


分解が必要な場合

ノーマルタイプと同じです。




小っちゃいお店のひねりてでご用意できる材料は

その時々の仕入れ先の在庫状況に左右されますので

今後のご来店時にご用意できないものや

逆に新しい種類、色のものをご用意できる場合もございますので

その都度店頭にてお確かめくださいま
家




  
  • LINEで送る


2013年09月05日

長サイフ ほころび修理


今日の広島は

激しかった雷雨も去り、

さっぱりすっきりの快晴ですicon01



そろそろ革製品がよく似あう季節になってきますねicon160


みなさん、衣替えとともにかばんや靴、小物類の状態も

チェックしてあげて下さいね
face01


いざ使いたい時に、

糸がほころんでたり、持ち手が取れててicon08

「使えない〜face07」なんて事の無いようにお気を付け下さいicon23







さて、今日はこちらの長財布さんですicon96






だいぶいい感じにエイジングされてきてますね

手にも馴染んで使いやすくなってきてる頃ではないでしょうかface01




中はこんな感じ





そして修理場所は・・・









この、小銭入れと札入れの縫い合わせが

ほころんできてる部分ですicon23



元々はミシンで縫い合わせてありますが、

同じようにミシン縫いしようと思うと、

まだしっかり縫製されている部分をicon10

わざわざ分解してしまわないといけなくなりますicon146



そこで今回は

修理箇所がなんとか手の入る場所でしたので、

手縫いで対応することにしました
icon37



この方が、不要に分解しなくて良いだけでなく、

ミシン縫いよりさらに丈夫に仕上げることも出来て1石二鳥です
icon66




で、こんな感じに仕上がりましたicon96





元の縫い目に3目ほど重ねてしっかり丈夫に仕上げてますicon21

少々のことではびくともしませんよ〜face02








札入れ側の目立たない方で玉止めをして糸を留めてありますicon146


構造的に負荷のかかりやすい場所ですので、

丈夫さ重視でこういう仕上げにしましたicon23





糸はミシン糸と麻糸の中からお客様に選んでいただきましたicon103



今回はミシン糸のほうが色の近いものがあったのですが、

強度を重視して、滑りにくくしっかり糸が食いつく麻糸を選ばれましたicon166





長サイフほころび手縫い(〜10㎝)   1575円

納期                      1〜2日









これから衣替えとともに

ひねりても忙しくなるシーズンがやってきますicon16



納期は今まで通りのペースで受け付けていきますが、

ご依頼時の状況によってはicon35

通常よりお待たせしてしまうこともあるかもしれませんicon10



ご依頼商品の使いたい日程が決まっている方は

出来るだけ早めに、時間に余裕をもって

ご依頼いただきますようお願いいたしますicon166









  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 14:33Comments(0)財布

2013年07月03日

クロコダイル長財布 スライダー交換


今日は良くある症状の修理について

ご紹介しましょう家




こちらのクロコダイルの長財布

 


ファスナーを閉めても

レール部分が開いてきてしまう状態になってましたなき




オーナー様が通信販売で購入され、

約一年間で数回使ったところで

こんな症状が出てきてしまったということワーイ


中の仕切りが多くて使いやすいので、

活用したいのだそうですが・・・

このままじゃ使えませんよねタラーッ




さて、この場合の修理方法ですが、

ひねりてでは以下のような内容で受付させていただいてます↓





その1パー


ファスナーテープ(布部分)もエレメント(噛み合う金具部分)も

まだまだ元気で使える状態のときキョロキョロ




まずはスライダーを交換してみます

これで直るケースは結構多いですgood



ただし、当店で使用するスライダーと

商品についているファスナーレールのサイズが合わず、

スライダーが入らない、

もしくは入っても同じく開いてきてしまう

といったときは

ファスナーを全交換することになりますハサミ






で、お客様には以下のどちらかを選んでいただきます。



①スライダー交換の修理で直れば2625円

 直らなければ元の状態まで戻して、

 直っていなくてもその作業代として1050円いただき、

 ファスナーの全交換はしない



②スライダー交換の修理で直れば2625円

 直らなければファスナー全交換に変更して9450円




*上記各金額は今回の場合の価格で、
 修理商品のサイズや構造によって変わりますパー






その2パー


ファスナーテープが劣化して破れていたり、

エレメントが摩耗したり外れかけている場合アセアセ




ファスナー全交換で、

今回の場合9450円です。





なんだか面倒な受け付け方で申し訳ないのですが、

当店のスライダー(YKK製)が

持ち込まれた商品のレールと相性が合うかどうかといったことは、

見た目だけで判断することが出来ないため、

こんな特殊な受け付け方になってしまいますしょんぼり




スライダーにYKKと書いてある場合も、

悲しいかな偽造品という可能性があるのですなき



今までの経験のお蔭で、ある程度の予想は出来ますが、

外れることもありますので、

この方法をとらせていただいてます家





今回の場合はその1のパターンで、

オーナー様は②の方法を選んでご依頼されました。



幸いスライダー交換で修理することが出来ましたので、

仕上がりをご紹介しますねカメラ





 




スライダー交換1か所           2625円

納期                     〜1週間



今回ファスナーの開閉は出来るようになりましたが、

一部引っ掛かりを感じるところがありましたムカッ

出来るだけスムーズになるよう

エレメントにオイルを挿すなど対処してみましたが、

やはりまったくスムーズという仕上がりにはなりませんでしたタラーッ



おそらくスライダーとレールとの相性の具合や、

エレメント部分の金具の滑らかさ具合が原因だと思われまマイク




オーナー様にはその点を説明し、

実際に開閉を試していただいた結果、

とりあえずこのまま使用してみるということになりました





ちなみに

1か月以内に再発してファスナー全交換をご依頼された場合、

交換金額9450円から今回の修理代2625円を

差し引かせていただくことにしておりますパー





同じような症状でお困りの方は、

まずは一度ご相談くださいませ家







  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:07Comments(0)修理(ファスナー)財布