› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(傷跡メンテナンス、ミガキ他)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2017年05月27日

梅雨前のご提案


こんにちは

昨日はひねりて出演のラジオの放送日でしたが

恐る恐る聞いてみた感想を言いますと


ひねりての話方が

語尾延ばし過ぎ~、ごまかし笑いし過ぎ~

って感じでしたニコニコ アセアセ


でも、内容については

やはりプロのDJの方の誘導と

編集の腕のお陰で

なんだかいい感じにまとまってたなと思いました。

周りの方々の反応も良い感じで、ちょっとホッとしております。


貴重な経験をさせていただきました花まる





さて、今日はこれからの季節によくある

革製品のトラブルを予防するためのご提案を

少しさせていただきたいと思いますクローバー






その1 
年に1~2度使うか使わないかの長期保管中の商品を

      保管場所から出して点検してみましょう目


これから梅雨に入るとともに雨

革製品などの保管場所の環境は

高温多湿になりがちかと思いますがアップ

そうすると起こってくるのがこういう現象です↑



内張りなどに使われている合皮素材が

ベタベタポロポロ・・・ガーン

さらにその劣化物が、

中に入れたあらゆるものについてしまって

取れなくなるという2次災害にもつながる厄介な現象です大泣き


で、この予防に有効なのが定期点検ですパー

毎年衣替えのついでに鞄や靴、帽子などなど

年に数回しか使わないような商品を

「相変わらずかわいいなぁ音符かっこいいなぁメロメロ などと」

愛でてあげながら、全体を点検してみてください目



こうやって新鮮な空気に触れさせてあげることで

合皮の劣化を進みにくく出来るだけでなく

パッと見では気づけない汚れやきず、

ほころびなどなどを早期発見&早期対処ができて

一石二鳥ですよ花まる



さらに可能であれば

乾燥した天候が続く時を見計らって1週間程度晴れ

通気の良い室内の日陰に出して

しばらく湿気などを飛ばしたうえで

保管場所に戻してあげるとなお良いですOK



その2 見つけた汚れは綺麗に取り除いておきましょうピカピカ


この時期にすくすく育つのがカビ君クレイジー

カビが健やかに育つ条件は

・高温

・多湿

・高栄養

この三つが揃ったときですパー



で、汚れはカビの栄養ですから

目につく汚れだけでも、出来るだけ取り除いておいてあげましょうピカピカ


もう一つ

これはひねりて的な見解ですが

お手入れ用品のクリームやオイルも

カビにとっての栄養にもなり得ると思っています悪魔

そういう意味では

長期保管前の過剰な栄養補給は危険かと・・・キョロキョロ


ということで

比較的リスクの少ない方法として

長期保管前は汚れを取り除くことを重視し

栄養補給は程々、もしくはしないでおいて

使用し始めるお手入れの時に

程良く栄養を与えてあげるごはん

という方法が良いと思いますgood



その3 
革製品の近くに塩化カルシウム系の除湿剤は

       使用しないようにしましょうちっ、ちっ、ちっ


塩化カルシウム系の除湿剤とは

よく押し入れやクローゼット用に販売されている

湿気を吸い取るとジェル状になるものや

水溶液が容器の底にたまるタイプの除湿剤の事ですパー



ここ最近は

ご存知の方も増えつつあるかもしれませんが

いまだにある悲しいトラブルとして

この塩化カルシウム系の水溶液が革について

革が収縮硬化するなどの変化をして

商品として使えなくなってしまうというものがありますなき


こうなってしまったら元通りは無理で×

上から何かワッペンなどを縫い留めるか

その部分のパーツをすべて交換するなどの

大掛かりな作業が必要になります金貨



ということで

革製品の近くに乾燥材を置くなら

シリカゲル系にしておくことをお奨め致しますクローバー



その4 
長期保管する場合は

    保管場所の中でも床から離れた場所を選びましょうパー



床に近いほうに湿気は溜まりがちなのでタラーッ

床から離れた棚の上や

クローゼットや押入れの上の方に保管しておいた方が

より安全だと思います。



その5 
雨の日は革製品の使用は避けるか

     防水スプレーやワックスで保護してあげましょうクローバー



革製品、特に天然仕上げの革は雨にぬれれば

なにかしらの影響は受けるものですパー


「シミも傷も皺も味のうちで、かっこいい!」

という方は何も気にせず

ガシガシ使われても構わないと思いますgood

ただ、何もメンテナンスすることなく濡れて乾いてを繰り返せば、

劣化するのも早いですのでがいこつ

そこは覚悟の上で取り組んでくださいませパー



「いやいややっぱりシミも傷も最低限にして

末永~く愛用したいです~ハート

って方は、雨の日は使用しないのが一番リスクが少ないです。


雨でも使いたいという方は

出かける20分ほど前に防水スプレーをかけて

スプレー用液がしっかり乾いた状態で使用し

濡れた場合は、出来るだけ早く水分を拭きあげてくださいパー



スプレーではなく

出来るだけ自然な方法で予防したいという方には

ロウ成分がしっかり入ったワックスで革表面をコートして

すぐに水分が浸み込まないようにすることで

シミになりにくく保護することは出来ますOK

ただ、これこそついた水滴は

すぐにふき取るようにする必要がありますので

その点は注意してくださいね注意


ちなみにロウ成分がたっぷり入ったワックスは

タピールの商品で言うと

レーダーフレーゲクリームになります↓




しかし、これだけ用心していても

不意の雨にあってしまうこともあるでしょう雨



もし革製品が濡れてしまったら

部分的に濡れた場合

濡らした綺麗な布で拭いて、思い切って全体を濡らしてくださいタラーッ

もちろん濡らす量は必要最低限にして、

余分な水分はしっかり拭き取って下さいねちっ、ちっ、ちっ

そのうえで出来るだけ速やかに乾くように

詰め物をこまめに取り換えたり、向きを変えてあげてください。



ドライヤーやストーブなどの高熱をあてるのは厳禁です、

革が変化して元に戻らなくなりますから注意してくださいね!



全体に濡れてしまった場合は

部分的に濡れた時同様、

余分な水分はしっかり拭き取ったうえで

速やかに自然乾燥できるように

せっせと世話を焼いてあげてくださいませ溜め息



しっかり乾いたら

必要な水分や油分まで飛んでしまってますので

それを補うメンテナンスをしてあげてくださいクローバー

タピールで言うと

レーダーオイルやレーダーフレーゲ、

レーダーバルサム、レーダーフェットあたりが良いと思いますOK





と、ざっくりこんな感じでしょうか?

商品の状態、その時の状況によって

より良い対処方法も違うので

なかなかはっきり言うのは難しいですが

以下の事だけしっかり覚えておいてくださいパー



・高温多湿、高栄養な状態にしないこと

・塩化カルシウム系の除湿剤の溶液を革につけないこと

・部分的に濡れてしまったら全体を同じように濡らすこと

・濡れた時に高熱を与えないこと



とりあえずこれを気を付けておけば

大きなトラブル叫びと悲しい思いなき

ずいぶん減らせると思いますスマイル





では、皆様が今年の梅雨もトラブルなく

潤いだけを手に入れられることを願っております天使



 


  
  • LINEで送る


2016年08月10日

革製刀袋を全体メンテナンス修理




皆さま、こちらは何を入れるものかお分かりでしょうか?

あ、タイトルでわかっちゃいますよね

はい、日本刀ですピカピカ



ひねりては今回初めて拝見しました目

持ち主様は岩国のほうにお住まいの方なのですが

そのお知り合いの広島在住の方が

代理でこの刀袋を持ち込まれましたアシ



長年ご使用の商品のため

至る所に傷みが出てきている状態です

まずはその状態をご覧くださいカメラ



ファスナーが閉めても閉まらなくなってます











持ち手の付け根の根ももが       

2か所とも劣化しておりダウン                   
          
片方は修理した跡がありますが     

それも弱ってしまってますタラーッ      












ストラップをひっかけるDカン用の根ももも、同様な状態アセアセ

留め具が無くなってしまったのか

ボルトを使って留めてありました↓














一番底の部分は刀の負荷が一番かかるからでしょうか

ずいぶん弱っていて大泣き

ほころんだあとを何度も補修した跡がありましたハサミ




この針金を糸代わりにして留めてありました↓


何とかして使いたかったんでしょうねースマイル



こんな感じで

1か所を複数回にわたって手直ししてあるところが

あちこちにあり

持ち主様がこの鞄に

いかに愛着を感じているか、ということがよく分かりました拍手



その持ち主様のご要望はというと

お孫さんにこの鞄と刀を譲りたいので

その前に今後も長く使えるよう

気になる部分を修理してほしいというものでした。マイク



そこで、そのご要望通りの修理をした場合と

さらにひねりてから見て、

長い目で見てここも気になるという点を追加して修理した場合と

2種類の見積を出させていただいたところ

せっかくだからしっかり直したいと

後者の内容でご依頼をいただきました家



では仕上がりをご覧くださいカメラ




ファスナーとその周辺のテーピングを約1mほど交換してます!




持ち手部分の根ももを2か所交換




ショルダーストラップ部分の根ももを2か所交換




根ももの裏は

左の写真のように、本体に直接取り付けてありましたが

より丈夫にするため、右のようにあて革をしてありますグー














ストラップも新しく作成しましたピカピカ

革は世界から評価の高い栃木レザーさんの

ミシバクロップという革を使用してますパー


必要最低限の加工で仕上げられたこの革は

卸店が「革のトロ!」と称賛するほどの上質な革なんですよ花まる


興味のある方は栃木レザーさんのHP

最高級の革の世界を覗いてみてくださいめがね

いかに真剣に革と向き合っているかがよくわかり

なかなか刺激的ですよ雷










使い込むことで育ち、深みを増していくこの革は

今回の持ち主様にぴったりだと思いますOK



こちらは針金で補修してあった部分です。

一番先のほうは何度も補修したことで、

穴が開きすぎて弱っていたため、

1センチカットしたうえで40㎝ほどテーピングを交換しました。

その他、糸が擦り切れていたところも縫い直してありますパー




全体の仕上がりをご覧ください



刀袋全体修理
   ストラップ交換
   根もも交換4か所
   先端劣化部修理(カット、テーピング)
   ファスナー交換40㎝
   テーピング交換約1m
   色はげ部着色+ミガキ        47000+税円

作業期間                 約1か月





こちらの商品は仕上がり後、代理の方が取りに来られて、

その足で岩国まで届けてくださったのですがクルマ

後日ご本人様からお電話で

感謝のお言葉を頂くことが出来ました黒電話


その際分かったことですが

その方の御年92歳

電話の内容は

「この刀袋は約40年ほどの間、

移動の際に使用し続けている愛着のある逸品だということハート

その傷みが進んできたため、

修理してくれるところをあちこち探しても見つからないで

困っていたところしょんぼり

今回修理してもらえて感謝しているクローバー

孫にこれを引き継いでもらえたらいいなと思う」といったものでした。



どうしても直接お礼が言いたくて電話しましたということ黒電話



本当にありがたい、修理者冥利に尽きるお言葉で

とても感激いたしましたなき



もともとこのお電話をいただく前から

ひねりてがはじめて手にした珍しい刀袋ということもあって

ブログの記事にさせて頂こうと思っていたところに

この嬉しいお言葉クローバー

熱が冷めないうちにと炎

さっそくご紹介させていただいちゃいましたニコニコ



今後もご希望通り

お孫さん、そのまたお子さんへと

この方のこういった物を思う心とともに

代々受け継がれていかれるといいなと思いますクローバー



  
  • LINEで送る


2016年02月13日

エルメス、ドゴンの修理とセレクトショップ、ビアリッツさん


今日はひねりてのご近所さんである

セレクトショップ「Biarritz」と家

そこからご依頼いただいた商品

エルメス、ドゴンのメンテナンス修理をご紹介しますねスマイル


まずは修理から

こちらがHERMES Dogon  エトゥーブ


ビアリッツの店主さんが仕入れた販売前の商品ですパー

このままでも使用可能な状態ですが

より気持ちよく、長く使用できるよう

いくつかメンテナンスをしてほしいとご依頼いただきました。



まずはここ

引手についていた革引手が無くなっているので

新しく作成します。


あとはここ、

コバコートがはがれて、革の断面も荒れて来ています

これは全体に磨き直して新しくコートしてあげますピカピカ



最後にこちら

留め具に通す革ベルトの表面の色がはがれてきていますなき

これは染めるとなると大掛かりだし

頻繁に触って動かす部分なので染めても再発が早いため

今回は表と裏をひっくり返して縫い直すことにしましたパー



では仕上がりをご覧ください↓









元々の引手の色は本体と同色の物でしたが

当然同じ色で同じ革質のものはありませんので

中途半端な色合いや質感の革を使うよりも良いという判断で

あえてコバ色に近い濃茶の革で作成しました!

いい感じで馴染んでると思います拍手




留め具に通すベルトは

表と裏を返して縫い留めてます。

針を同じ穴にまっすぐ落とせているので

裏ずれもしてませんgood



↓こちらが劣化してる部分で、留めるときれいな面が表になります↓












コバもこんな感じ

これで強度も増しましたアップ




エルメスドゴン
ベルト付け替え
コバ仕上げ直し(本体1周、ベルト周り)
革引手作成 1か所                  9000+税円

お預かり期間                      1週間



最後に栄養を与えつつきれいに磨かせていただきましたピカピカ

どなたのもとにお嫁に行くのか楽しみですねクローバー




さてこのビアリッツさん

もともと個人的にご利用いただいていたひねりてのお客様で

1年ほど前に

ひねりての近くの橋本町でお店をオープンされたという

何かとご縁を感じるお店なんです家



外観はこんな感じ

とってもカラフルで、入る前からわくわくする素敵な店構えですピカピカ


いろんな小物が凝っててかわいい音符















店内はこんな感じ、これまたカラフルでしょニコニコ



ご近所さんということもあって、時々伺うんですが

日に日にものが増えていってる感じで、

どこから見たらいいか困るくらい

素敵な商品であふれたお店ですプレゼント





















取り扱われている商品の基準は

「とにかく店主の白川さんが好きなもの!」だそうで

みなさんご存知の高級ブランドから

ポップでかわいい小物まで所狭しと並んでいます音符


写真からもお分かりかと思いますが

エルメスがお好きなようで、

多種多様な小物や鞄、

自転車まで自転車取り扱われてますオドロキ


エルメス好きの方には

たまらないお店なのではないかと思いますし雷

ブランドショップに入るには気が引けるけど興味があるしょんぼり

という方にも、気軽に商品を吟味するには

良いお店だと思いますOK



店主の白川さんはとても笑顔が素敵で

話しやすい方ですよスマイル










個人的に気になったディスプレイ

エルメスデザインの、紙で出来た財布とバックたち

色使いもイラストもかわいい音符





















バービー人形に靴、鞄、

かわいい模様のインソールなどなど

店主のセンスが光る物たちであふれる店内は

まるでおもちゃ箱プレゼント

わくわくがとまりませんねぇハート





その中でひねりての目に留まったのがこちら

とっても美味しそーなパンのイラストが描かれたポーチ

ほんとにおいしそーでお腹が空いた・・・なき






いかがでしたか?

大切な方へのプレゼント探しにも良さそうなお店ですよねプレゼント

興味のある方はどうぞこちらをご覧になってみてください








さて今日は一日雨模様雨

たまにはこういう日もいいなぁ

とビアリッツさんからの帰りに霧雨に霞む京橋をパチリカメラ














と気づくとそこにハクセキレイ

しばらくじっと見つめられて、かわいい一枚を撮らせてくれました

今日もいい一日でした花まる

  
  • LINEで送る


2015年04月11日

帽子のベルト接着とメンテナンス


今日はブログ初登場かな?

帽子の修理とメンテナンスをご紹介します家


商品はこちら

カウボーイハットというのでしょうか?(正式名はわかりませんが)

持ち主様がずいぶん前に海外で購入し$

ずっとお蔵入りになっていたものですウトウト



接着剤が劣化してベルトがはがれて来ていますねしょんぼり


さらに、写真ではわかりにくいですが

全体にうっすら埃がかぶって白~くくすんでおりますくもり



ということで

このベルトを接着し直して

全体のメンテナンスをさせていただきました↓





いかがですか?

今回のお手入れにはこちら↓


そうです、タピールレーダーフェットを使用しましたよクローバー


作業前はレーダーオイルかなぁ?と思ってたのですが

この革の質感から考えて

オイルレザー系の仕上がりが良さそうだなぁと思い雷

試しに目立たないところに塗ってみると・・・

あらっ?いい感じ音符


ベタつきも残らず表面さらっと

でもシットリもっちりとした独特の肌触りで

艶もいい感じに出てますピカピカ


考えてみたらこの形からして

アウトドアでガンガン使用してもいいように

しっかり防水が効く仕上がりが適してると思うので

動物性油脂の入ったこのレーダーフェットは

まさにぴったりです花まる


帽子はかなり乾燥していたようで

3~4回ほど塗り重ねることになりました。


ベルトはがれの部分も、元のボンドを取り除いた後、

定着しやすいように下処理後接着してますから

しっかりくっついてますよグー




あと、写真を撮りながら気づいたのですが

これ、どうやって仕上げたんだろう?目











つばの縁の仕上げ↑

縁だけテープで巻いてるのではなく、

つば自体が一枚の革で折り返して作られてるようなんですけど

これを手でするとなると

けっこうやりにくい作業ではないかと思います。キョロキョロ


まあ、革の特徴を利用すればできなくはないと思いますが

とってもきれいに仕上げてあって

「この仕上がりは機械かなぁ、どんな機械だろう?

それとも便利な道具でもあるのかしら?」

などと思いながらしばらく眺めてましたメロメロ


正直、帽子の事について詳しくはありませんが

ただ、革のパーツ数も組み立て方も必要最低限にしてある感じで

見た目もシンプルに仕上がっており

なかなか好感の持てる一品でした拍手




ベルト接着
ミガキ                      2500+税円

お預かり期間                 4~5日






ここでついでに、これまたブログ初登場であろう

レーダーフェットについて少しご紹介しておきましょうマイク


用途と特徴

ハードに使われる革製品の防水・保護に。

革製の登山靴やハイキングシューズ、

バイクブーツや作業靴などに最適です。

また、古くなって乾燥してしまったりひび割れてしまった革を

よみがえらせる効果もあります。(エルデHPから引用)


成分とその効果

カルナバロウ   固いワックス、艶が出る

ひまし油      革深く浸透、栄養を与えて柔軟性を高める

なたね油              同上

みつろう      柔らかいワックス、浸透して防水効果あり

ラノリン       動物性油脂ひつじ、浸透して防水効果高い

ココナツ油脂   侵透して防水効果あり、油分もあたえる
(*効果については大まかに表現してあります)

以上が全成分です、他には何も入ってませんパー



タピールは商品にもHP(←詳しくはこちらをご覧ください)にも

成分表示がはっきり分かり易く提示されているため

ある程度まで、試したい革への良し悪しが自己判断が出来るし、

安心できるんですクローバー

ひねりてはタピールのこういうところに魅力を感じておりますピカピカ


形状は基本的にジェル状のものですが、

高温になる夏場は少し液体に近い状態になりますので

平らなところで保管してくださいパー

ミンクオイルに近い仕上がりで

アウトドア系の商品に向いています。

成分を見てもお分かりのように、

高い撥水効果を望める頼もしい一品です力こぶ


ひねりてでは、

液体ではないフェットのような手に取れるクリーム系のものは

ウエスを使わず手指を使って塗りのばしていますがスマイル

天然成分100%ということもあって、

その作業が心地よくクローバー

手についたクリームは

そのまま手に伸ばして馴染ませても違和感はありませんOK



興味をお持ちの方はひねりてに見本がありますので、

試したい商品を持って一度ご来店くださいませ家



最後に、ひねりてで現在使用中のレーダーフェット

ねっとりしたこの質感、写真からわかるかなぁ・・・?





  
  • LINEで送る


2015年02月24日

ショルダーバック 擦り痕のメンテナンス



今日はこちらのショルダーバック


渋~い深みのある濃茶色の革で

オイルがたっぷり入って、しっとりもっちりした肌触りの一品ですピカピカ



そしてお困りごとはこちらの擦り痕↓


まだまだ購入したての新品なのですがピカピカ

他の鞄と一緒に重ねて肩にかけて持っていた際

もう一つの鞄のどこかかたい部分が、この鞄に擦れ続けていたようで大泣き

気がついたらこういう状態になっていたということでしたタラーッ


持ち主様曰く

「使用による経年変化は受け入れられるのだけど

これはあんまり不自然な状態だしキョロキョロ

目立つ表側なので、

少しでも目立たない状態にできないか?」というご相談でした家


確かにこれが背面側ならまだよかったですよねぇ・・・しょんぼり


正直こういった傷痕関係は、施せる方法が限られていて

実際やってみないとわからないため

簡単にはお引き受けしにくいことがほとんどなのですがなき

よ~く観察してみると、

表面の層にひっかき傷が入ったり削れているという状態ではないですし

オイルがしっかり入った革ということで

今よりは目立たなく調整できる可能性があるなと判断して

受付させていただきました花まる




で、あれこれ調整して革表面のメンテナンスをしてあげることで

こんな状態になりました↓


いかがでしょう?

近づいたらこんな感じです目




光の加減によってはこんな感じですピカピカ











これなら遠目にはほとんどわからないですよね

持ち主様にも納得いただけたので良かったですスマイル






擦り痕メンテナンス(全体ミガキ含む)       2500+税 円

お預かり期間                      約1週間            



今回は革の加工状態が微調整のしやすいものだったため

幸運にもこういう対応で目立たなく出来ましたが

表面にひっかき傷などがあった場合

同じような対応で手直しすることは出来ません×


おそらく部分染や全体染などを施す必要があり、

リスクも料金も高くなってしまいがちですのでガーン

革の種類によっては、

傷を隠すことは一旦諦めて

革の経年変化をうまく利用して目立たなくさせるために

その革にあったお手入れを継続する

という手法をお奨めする場合もございますクローバー


傷やシミのついた商品でも

適切にお手入れしながら育ててあげることで

ご自身の歴史を刻んだ味わい深い一点物にもなってくれますプレゼント



まずは一度現物を持ってご来店くださいませ家



  
  • LINEで送る