› ひねりてのお直ししまSHOW › PRADA(プラダ)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2016年10月08日

プラダショルダーバックの内張り交換(その後)


CSファーストステージ始まりましたね!

さて、いったいどちらがカープのお相手になるのでしょうか・・・?目

楽しみですねぇ♪野球ボールバット




はい、では前回の続きをご紹介しましょう!

プラダのショルダーバックの内張り交換の結果は

こちらでございますカメラ


以前はこげ茶色のプラダのロゴが織り込まれた生地でしたが

持ち主様が選んだのは

こちらのペイズリー模様が織り込まれた

エンジ色系の生地でしたピカピカ



本体の色合いに近いということもあって

織模様は個性的でありながら

うまく全体にまとまっていると思うのですがgood

いかがでしょう?スマイル




前ポケットの内張りはこんな感じです




元の構造とほぼ同じ仕上がりですが




ここはあえて変えてあります↓

before                          
      after









元々は左のように表から内張り生地は見えてませんでしたちっ、ちっ、ちっ

構造としては

表側の赤い生地の折り返し部分に

内張りが挟み込まれていて

この縫いしろ2~3㎜で縫いとまっていましたパー



が、今回この部分が長年の使用で

本体から下左側の写真のようにはずれてきていたためなき

あえて上右側の写真のように表生地には挟まずに

折り返して2重になった

内張りの端と表の端を重ねて縫止めることで

しっかりほころび難い仕上がりにしてみましたグー


この生地なら表から少し見えても違和感がないですし

逆にさりげなくお洒落な感じがするなと思っています花まる



before                                after














今回収穫した初代内張りです↓




このような織の大きい生地は

ほころび始めると、こんな感じに横糸が抜けてきて、

縫い留めているステッチの間から外れやすくなってしまいますガーン


なので、ひねりてでは

生地を使用する際は意識的に縫いしろをしっかり取るようにしフンッ グー

切り口からのほころびが原因で

不具合が起きることの無いような作業を心がけていますクローバー




プラダショルダーバック内張り交換
本体(内ポケット無)
前ポケット(本体からの分解あり)    26000+税円

作業期間              2~3週間



お陰様で今回も

持ち主様の満足そうな笑顔を拝見することが出来ましたニコニコ


さらにこの方を紹介してくださったお得意様にも喜んでいただけニコニコ

ひねりても思わず笑顔に・・・ニコニコ


一つの修理で笑顔が三つそろいました音符ニコニコ ニコニコ ニコニコ

これがスロットなら大当たりですね~花火




  
  • LINEで送る


2016年10月01日

プラダショルダーバックの内張り交換


秋の長雨とは言いますが・・・

なんだか今年の秋は

特に雨や曇天の日が多いように感じてしまうのは

ひねりてだけでしょうか?キョロキョロ



そろそろ秋ならではの高い空が恋しくなってきましたがなき

この雨がいろんな恵みをもたらしてくれると思って

もうしばらく、しとしと日和と

うまく付き合っていきたいと思います雨 くもり



では本日のお題です

こちらのショルダーバック

今回書き始めて気付いたことですが

このブログ上でプラダの商品を紹介するのは

どうやら初めてのようですねオドロキ


ご紹介は初めてですが、

お店では今までもいろいろ修理させていただいておりますよパー



さて、今回のご依頼場所はこちらです↓


お~、これは見事な修理跡が!拍手

持ち主様にお話を聞くと

とってもお気に入りの鞄だったのに

内張りが傷んでしまったので

ご自身のお母様に直してもらったのだそうですハサミ



でも、そうこうするうちに前ポケットもこの状態に・・・タラーッ


ということで

今回ご友人からひねりてのことを聞いて

しっかり直してほしいと思い、ご来店されたのでした家



お母様の心のこもった修理というのもいいなハートと思いますが、

確かにこまで傷みが進むと

ちょっと手直しして・・・という訳にはいかなくなってきてますよねアセアセ

「よし、ここはひねりてにお任せあれ!」です!フンッ



まずは今の内張りをすべて取り外していきますよハサミ



   本体側の内張り       内張りを外した後の本体内側













本体から取り外した前ポケット




本体側の前ポケットを外した跡



















と、ここまできてお気づきでしょうか?

本体、内張りともに素材が生地のため

切り口からのほころびが大変なことになってます叫び



この状態のまま作業しても

内側の事ですので、見た目には問題なく仕上がりますがちっ、ちっ、ちっ

ひねりての性格的にも、作業のやりやすさから考えても

不要なほころび糸はすべてカットしたほうが良いので

がんばってカットしていきますグー




かなりすっきりしたと思いますがどうでしょう?











受付時点で大体の予想はしていたことではありますが

それにしてもここまで全体がほころびてしまってるとは・・・ガーン

疲れましたぁワーイ



あとは本体の縫い代を補強するために強化テープを貼りこんだりアップ

生地がほころびにくくなるように

切り口にボンドを塗ったりと、出来る限りの補強をしておいて

内張りを取り付けていくわけですが

この続きは次回にご紹介しますねスマイル



内張り素材は元と同じく生地を使いましたが

持ち主様がパッと見でピーンッ雷ときたものを使い

個性的で素敵な仕上がりになってますので

その辺もどうぞお楽しみに音符








  
  • LINEで送る