› ひねりてのお直ししまSHOW › タピール(TAPIR)

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年09月28日

ドイツからのお客様




こんにちは

今日は修理をお休みして

ひねりて初の外国人ゲストさんとの交流話を

少しご紹介させていただきますマイク


そのゲストさんというのは・・・ピカピカ


こちらの商品を生み出された方

タピールの社長ご夫妻です花火

日本のタピール代理店エルデの嶋田さんが

パートナーのウベさんと

ご夫妻を広島まで案内してきてくださいました飛行機


極小店舗のひねりてに

いっぺんにゲストが4人も訪ねて来てくださるなんて!

しかもそのうち3名はドイツのお方
(ウベさんは日本でドイツ語を教えていらっしゃるドイツ人です)

なんて国際的な画なんでしょう!オドロキ まぶしいピカピカ


左から嶋田さん、タピール社長のFischbachさん

ウベさん、Fischbachご婦人です


そもそも事の発端は遡ること半年前の3月に

嶋田さんから「タピールの友人が日本に来る予定なので

広島観光に案内したら会えるか?」とのお話を頂き

「もちろん!」と即答したことからで


よくよく話を伺うと

どうやらタピールの宣伝と

還暦を迎えられるお祝いを兼ねての旅行らしく

なんとドイツから陸路!オドロキ

タピールロゴ入りの愛車、ボルボで来られるとのことクルマ

(今ドイツのタピールでは
車用のワックスも製造販売しているそうです)


なので6月ごろ出発して

10月末ごろ広島に到着予定という事で

ほんとに車で来られるのか疑問に思いながらもキョロキョロ

楽しみにお待ちしてました音符

でも、こういう長旅は

予定があってないようなものですよねぇ・・・

実際は1か月早く9月末に来られたというわけですダッシュ


残念ながら車は直前のロシアの東端までで

ドイツに送り返されてました溜め息

ドイツで走っていた車を日本で走らせるには

いろいろ手続きが大変なようで、断念されたのだそうですなき

写真を拝見しましたが、

水色のステーションワゴンでとてもかわいかったですよ花まる


ということで、日本には空路東京に到着飛行機

しばらく関東を観光されたのち

広島にやってこられましたぁ

・・・はぁ、ここまでが長かったぁアセアセ

そして平和公園、宮島観光後にひねりてにご来店家


もちろん私は

ネットで調べたカタコトのドイツ語で

挨拶らしきものをした後はすべて日本語で

嶋田さんとウベさんに通訳してもらいながら

なんとかコミュニケーションをとらせてもらいましたgood
















ひねりての極小工房を興味深く見学されてた画↑



ひねりてカウンター内にてカメラ




食事会場にてレストラン


食事会には

ひねりてオープン前からご愛顧頂いている

服飾修理店のファッションリフォーム「ロビン」オーナーの

佐々部さんも合流して、賑やかな会となりましたビール



佐々部さんはまたこれも驚きですが

60歳超えたころから独学でドイツ語を学ばれ

日本在住のドイツ人と

スムーズにコミュニケーションがとれるほどの

語学力を磨かれているお方拍手

今回、ぜひ勉強のためにも生きたドイツ語に触れたい

という事で実現した交流でしたクローバー



そんなこんなで

なんとも夢のようなひと時を過ごしたわけですがメロメロ

あとになってあれも話せばよかった

これを聞いてみればよかったと思う事ばかりで

どうやらひねりて、不覚にも

慣れない国際交流に舞い上がってしまっていたようですニコニコ アセアセ



正直なところ

タピール製品についてはほとんど話せてないのですが

このご夫妻が学生時代に

自分たちの欲しい革用オイルを作ろうと

図書館で古い文献を読み漁るところから

タピールの歴史が始まったのだと思うと

ますます親しみと愛着を感じてしまってますニコニコ



それにしても

ご夫妻ともとてもおしゃれで、還暦とは思えない佇まいでしたピカピカ

そしてその足元は・・・足袋!アシ

浅草で気に入って購入以来、履いていらっしゃるそうです

ライニングがスカイブルーというのも素敵なチョイスgood

センスが光ってましたピカピカ
































この後

船で松山船道後温泉に行き温泉マーク

今治、しまなみ海道を尾道までサイクリング自転車

東京経由でドイツへと帰路につかれたようです飛行機


長旅最後の街が広島の尾道とは・・・

嬉しいです拍手


以上、ひねりての浮かれた国際交流話に

最後までお付き合いいただき

ありがとうございましたパー