お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2012年11月29日

セカンドバック、ファスナーの引手交換

もう11月も終わりますね〜、

大好きな秋が去り、初冬にはいりましたがicon04

比較的冬も元気な私は、

相変わらず自転車通勤で頑張ってますicon21




さあ、今日は少しお手軽なお修理のご紹介です。

お題は革引手の作成交換icon96



患者さんはこちらのTAKEO KIKUCHIのセカンドバックですicon100





本体部分のファスナーの引手が一つ、

革がちぎれて取れてしまってますface03





では作成しましょうね




 

右下のものが今回作成した引手です。



黒革だったので、

比較的もとの引手に近い仕上がりにし易かったのですが、

ミシン糸がグレーのような、くすんだベージュのような

とても微妙な色合いだったのでicon11

ひねりてにある糸の中でなるべく近いグレーを使い、

あとはちょちょっと色工作をして仕上げましたface01



左がグレーそのままの状態で、

右が工作後の状態です。


 

ちょっとしたことなんですが、

これだけでも取り付ける鞄への馴染み具合が違うので、

可能なものは出来る範囲で糸色調整をしていますicon156



革引手作成(2枚合わせ、芯入り)          2100円

納期                            2〜3日





今回の鞄ですが、

いい感じに使用感が出てきているセカンドバックで、

引手さえ交換すればまだまだ使える一品ですicon12



今後もよりなが〜く活躍してくれることを願います。icon06






  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 17:28Comments(0)修理(ファスナー)

2012年11月23日

BREEダレスバックの持ち手修理


ここ最近の検索状況を見ると、

どうもBREEの修理に関心ある方が多いようですicon26



ということで、

今日は少し前に持ち込まれた修理についてご紹介しますねicon96



患者さんはこのBREEのダレスバックさん





しっかりと仕立てられた、重厚感のある素敵な鞄ですicon12



マチもたっぷりとってあるので、

これなら荷物も充分入るでしょうねicon21



何年物かお聞きしていたのですが、

1か月もたつともう忘れてしまう私の記憶力をお許しくださいicon11

確か10年はご使用されているものだったかと思いますicon100



BREEさんといえばこのヌメ革オンリーの仕上げが特徴的ですが、

とってもいい感じに歴史を刻んでいて、

これからの変化がさらに楽しみな状態になってましたicon66





しかし、持ち手を見ると・・・

       
左側付け根                   右側付け根










 
持ち手全体に巻いてある革の付け根部分が、

このように裂けてしまっていますワーイ



厚い革が持ち手の芯として使用されていましたが、

それは見た目に問題ない状態でしたOK



ただ、これだけのサイズの鞄の重量が

この2点に集中するわけですから、

かなりの負荷がかかっていたと思います雷



そのため、芯の革が少しずつ伸びてきて、

周りに巻いてある革がその伸びについていけなくなり、

さらに乾燥状態も影響して

縫い目の穴から裂けてきたのだと思われます本





良く見ると、巻革の付け根部分以外はいい色に焼けていて、

まだ使える状態でしたお花



そこで、この部分は活かして、

付け根部分だけ新しいヌメ革で巻きなおすことにしましたicon37




さあ分解ですicon146





このまま付け根の革だけ新しくして組み立てても、

元の強度以上に仕上げることは出来ますが、

ここまで分解したなら、できるだけ強度を上げたいのでicon14

丈夫な芯を全体に入れ込みましたicon21




これ、お洋服用のベルト芯です。


いろいろ探してみた結果、

厚みと強度を考えてこれがベストと判断しましたicon166



さて、すでにお気づきかもしれませんが、

この持ち手はかなりの厚みで、

当然ミシンは使えず、手縫いになりますicon23



手順はこんな感じ


   糸に2本の

   針を通して








もとから開いている

穴に針が

通りやすくするため、

目打ちを貫通させます。




 
   そこに針を通したら

   反対側から

   もう一度目打ちを

   貫通させます。




そこから

最初に通した糸を

縫わないように

もう一本の針を通します。





これを繰り返して仕上げたのがこちらです!icon12





         
 表側                        裏側
 








 
        
左側付け根                   右側付け根
 












革だけで仕上げたものにはそれなりの上質感としなやかさがあり、

それはそれでとてもいいと思うのですが、

このやり方なら見た目には革だけしか見えませんし、

鞄の容量から考えて強度を重視するほうがよいので

この方法を選択しました
パー





持ち手付け根革巻き補強
芯補強あり、手縫い仕上げ               14700円

納期                             2週間






今回、元の構造とは少し変えているのと、

ベルト芯を新しく入れたことで、

もとより厚みが増していたため、

最後に巻く革のサイズがかなりぎりぎりでしたアセアセ



しかし、

使用による変化で革が伸びてくれていたのと双葉

気合でフンッ

何とか元の穴を使って仕上げることが出来ました音符






最後には

持ち主さまの笑顔晴れを見ることが出来て

幸せですクローバー



身近にある商品で何かお困りごとのある方は、

一度ひねりてにご相談くださいませicon96




  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 16:11Comments(0)修理(持ち手関連)BREE(ブリー)

2012年11月16日

ストールをポンチョ風にアレンジ その2


先週に比べて急に寒くなってきましたね〜icon04



ますますストールの活躍場所が増えそうですicon16



それでは今から

角ボタンを使ったアレンジメニューをご紹介しますねicon96




大判の、ほぼ正方形のストールを三角に折って

ボタンを取り付けてあります。 



まず肌寒い程度の季節は、

前で通常のボタンに留めて使用できます。




そして朝晩の冷え込むときには・・・

肩の内側のループに先ほど前で留めていたボタンをひっかけて、


 



肩の角ボタンに革ループをひっかければ・・・

 




これまた先週のタイプとは違った雰囲気で

ポンチョ風に仕上がりますicon160





この角ボタン、告知どおり水牛の角から作られた天然ものですicon166


革製のループと本物の角ボタンをつけることで、

いいアクセントが出来icon159個性的なアイテムに変身できますicon146


これも前が2重になるし、

うしろは三角部分がヒップまでしっかり覆ってくれるので、

とってもホットで快適なんですicon06




最後に首元ぐるぐる巻きはこんな感じ





もちろんこれも革ループはすべて脱着可能ですから

丸洗いOKですicon128





個人的ににはポンチョ風スタイルが一番使いやすく、

私の生活スタイルと性格に合ってるようですface01




このストールというかひざ掛け?は

どこかの景品でいただいて押し入れの奥で眠っていた代物ですが、

このアレンジをしてからというもの

秋から春先までヘビーローテーションされる

人気者になっちゃいました
icon128



すごい変身ぶりですよねface08




アレンジメニュー(角ボタンタイプ)



革ループ+角ボタンセット 1セット
布ループ+ボタンセット   1セット 6300円

革ループ+ボタンセット追加 1575円/1か所

ボタン持込み(必要数分)  
525円割引/ストール1枚
角ボタン持込み(必要数分) 
525円割引/角ボタン1個

*角ボタンは天然ものの特徴として、色や形が様々です。
 その点を理解いただいた上でご依頼くださいますようお願い申しあげます。
 違いを個性として楽しんでみてください
icon103


現在ご用意できる角ボタンは黒とベージュで、

サイズは長さ5.5㎝前後、断面の直径2㎝前後のものです。





今回の例の場合(ボタン持込みなし)

①革ループ+角ボタンセット(左肩)      1セット
②革ループ+ボタンセット(前面)       1セット
③布ループ(右肩内)+ボタンセット(前面) 1セット     7875円

納期                                  1週間

*上記価格の各場所は、
上の写真2枚と下の写真1枚にそれぞれ番号で示してあります。
その他詳細は「ストールをポンチョ風にアレンジ その1」をご参照ください。



上記ケースでボタンを持ち込んでいただくとしたら

前面用に通常のボタン4個
(前面のループ留め用2個、ループひっかけ用2個)

肩用に角ボタン1個、通常のボタン1個(角ボタンのループ留め用)

で合計6個です。




持ち込まれるストールやボタンによって仕上がるデザインは

無限だと思います。



今後、どんな一品を創造できるか楽しみですicon66





みなさまと一緒に個性的なアイテムを作り上げたいと思いますので、

タンスに眠るストールをお持ちの方は、

ぜひ、一度ご相談くださいませicon96







  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 19:01Comments(0)修理(アレンジ)小物類ほか洋服

2012年11月13日

ストールアレンジ価格の訂正


先週の投稿記事で、

「ストールをポンチョ風にアレンジ」の料金部分を

誤って提示しておりました



訂正してありますので、ご検討中の方は再度ご確認ください。



混乱させてしまい大変申し訳ありませんが、

ご了承いただきますようお願い申しあげます
icon96

  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 20:32Comments(0)お知らせ(臨時休業など)

2012年11月09日

ストールをポンチョ風にアレンジ その1


立冬も迎えて、

朝晩がますます冷え込むようになってきましたね〜icon04



そんなこの時期に活躍して欲しいアイテムの一つが

ストールですicon103



以前からストールは防寒用として活用してましたが、

常々気になっている不満なことがありました。



首元にまいていると・・・           肩から落ちてくる・・・face03












自転車移動の多い私には、

結構気になるポイントでしたicon08





で、考えたのがこのアレンジ





肌寒い程度の秋口は・・・

前で留めてこんな感じicon159




首元が寒くなってきたら・・・

内側のループにボタンをひっかけて





肩のボタンに革ループをひっかけると

胸元が詰まるし、前側が2重になるので、

少々の風でもぬくぬくですicon06





そして、雪も降るよーなさむ〜い真冬には・・・

ぐるぐる巻きっicon04




ご注目icon23 その1

ボタンで固定できるので、

体からずれ落ちることがなく、

手で支える必要もないので、

ハンドフリー、ストレスフリーなんですicon66




内側のループは布製です。

これはストールに縫いつけてますが、

細めの目立たない糸を使用しますから、

見た目に気にならないと思いますicon166

        内側のループ            表側のステッチ跡












表のループは革製で、

こんな風に脱着できるので・・・












ご注目icon23 その2


何の気兼ねもなく丸洗いができるんですicon128



ボタンの裏には

生地を傷めないように小さいボタンをつけてますicon146




ご注目icon23 その3


生地をほぼ傷めることなくできるアレンジなので、

万が一飽きちゃったりしても・・・

元に戻せますっ!
icon166


   

アレンジメニュー(通常ボタンタイプ)

革ループ+ボタンセット 1セット
布ループ+ボタンセット 1セット    4200円

革ループ+ボタンセット追加  1575円/1か所

ボタン持込み(必要数分)
525円割引/ストール1枚 





ここでひとつご提案ですicon23



みなさま、

もう着られなくなってしまった洋服や

思い出の品についていたボタンをお持ちではありませんか?


結構、年代物の洋服には素敵なボタンがついていたりするもので、

上質で高価なものもよくあります
icon12


そんなボタンをこのアレンジに活かしてみてはどうでしょう?




持ち込んでいただければ、

少しですが割引もさせていただいてますicon167


そして、代金が下がるだけでなく・・・



メリットその4

本当に唯一無二の思い出が詰まった

オリジナル商品になってくれますよ
icon06




みなさまにご用意いただくもの


ストール

・使いにくくてしまいこんでいるもの
・思い出のある物
・ストールで使うのに飽きてきたのも
など

ボタン(持ち込まれる場合)
・買った洋服の予備でついていたもの
・着られなくなった洋服についていたもの
・大切な人の形見についていたもの
・手芸店で見つけた自分好みのもの
など
*ボタンのおすすめサイズ    

革ループ留め用  直径2㎝前後
革ループをひっかける用  直径3㎝前後




おことわり



・ボタンを持ち込まれない場合ひねりてでご用意いたしますが、

色やサイズなど、ほぼお任せいただくことになります。


・みなさまの体に合わせてそれぞれの位置を決めますので、

ある程度時間に余裕のあるときにお越しください



予めご理解とご協力いただきますようお願い申し上げますicon96





今回ご紹介したストールの場合(ボタン持込みなし)

革ループ+ボタンセット(前面に) 4セット
布ループ+ボタンセット(肩に)  1セット     8925円

納期                            1週間


上記ケースでボタンを持ち込んでいただくとしたら、

全面用に8個
(革ループ留め用4個、革ループひっかけ用4個)

肩用に1個で合計9個必要です。




ぜひ、お気に入りのボタンを探してみてください。




裏用のボタンはいずれにしても、ひねりてでご用意いたしますface01






次回は水牛のボタンを使用した

角ボタンタイプのメニューと例をご紹介しますねicon96






  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 19:32Comments(0)修理(アレンジ)小物類ほか洋服

2012年11月02日

手袋の穴あき修理


この時期は一雨ごとに寒さが増してきますね〜icon03



今日は久々に修理をご紹介します。



お題は

紳士革手袋の穴あき部分の修理icon96



バイクに乗るとき用に使用されていて、

持ち手部分で擦れるところに穴が開いてしまってますicon11




















よしっ、ではお直ししまSHOWicon21




擦れやすいところをしっかりカバーしつつ違和感なく仕上げるために、

なるべくもとからあるラインに

沿わせるように革をカットして仕上げましたicon146




仕上がりですicon166







内側からも似た質感と色の牛スエードで穴をふさいであるので、

手のあたりもやさしく仕上がっていますよicon23
















元からあるステッチのラインと、

その雰囲気に合わせて新しく入れたラインを使って、

内側の革を縫いとめてあります。(下写真赤丸部分)


















手袋穴あき部分 
革あて補修              2625円

納期                  1週間




今からますます寒い季節の到来ですicon04

その前に・・・

お手持ちの穴あき手袋さんの治療をおすすめいたしますface01



 
 
  
  • LINEで送る