お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2012年10月19日

皮革の工場見学


今日は、

ちょっと時間がったてしまいましたが、

先日の工場見学の様子をご報告しますねicon96



場所は兵庫県たつの市の某工場

革の鞣し作業をしているところですicon25



機械が稼働している状態が見られるのは午前中のため、

朝8時45分に最寄駅に集合ということで、

広島出発の私は6時半に家を出ました、

眠かったぁface04


まず最初に、

「鞣す(なめす)」ということについて少しだけ説明いたしますicon26


動物の生皮は、

肉から剥いだ状態のままではそのうち腐ってしまいます。

その生皮を人間が使える皮革に変換させることを「鞣」すといいます。


これによって、

腐らず、耐熱性を持ち、

柔らかく、科学的物理的な抵抗性を持ち、

再び生皮に戻らない状態に出来ますicon103





ではさっそく見学内容をご紹介しましょうicon23



これは牛の原皮と言って、

食肉から剥いだ皮を、

輸送時に腐らないよう塩漬けにした状態のものです。



今までも工場見学をしたことはありましたが、

この状態のものを間近に見たのは初めてでしたface08


ちょっと触らせてもらいましたが、

内側にはまだ脂肪が付いていて、ぷよぷよしておりましたicon26


この状態で大体30kgの重さがあるらしく、

男性が一人で広げるのも困難だということですicon10

乾燥状態でも結構な重量のある革ですが、

この仕事のほとんどの工程が水分を含んだ状態でする作業ですicon11icon11


相当な重労働ですよね、

みなさん腰を痛める方も多いようでしたicon137




これはドラムと言って、

この中に先ほどの皮と用途に応じた水や薬剤、染料などを入れて

一緒にぐるぐる回すことで汚れや毛をとったり、

なめし剤(皮を柔らかくする薬品)や

染料を浸透させたりといった作業をする道具です。


このドラムは、

形や大きさがまちまちなものが工場のあちこちにあって、

色々な用途で使い分けられているようでした。


いろいろ説明していただいたのですが、

私には見分けがつかず、上の写真のドラムも

どの用途のドラムかはよく把握できてません・・・すみませんicon10





毛と脂肪を取り除いて鞣された革は、

原皮の状態から比べると半分以下の量になっていますicon103


       原皮150頭分              鞣した後の状態150頭分













これはフレッシングマシンと言って、

革の厚みを均等に削る機械です。

ひたすら作業をしていたこの男性(下写真左)、

光の加減のせいか神々しく見えるのは私だけでしょうか?icon12










削りかすの山(上写真右)、

ふかふかで気持ちよさそうicon06

これは何かに使えるのでは?と思いましたが、

その肝心な何かが浮かばない・・・

という私によくある無責任な発想ですicon11





その後もいろんな工程を経て、

こんな感じで乾燥してました!


これだけずらっと並ぶと圧巻ですねぇface08




ここからは仕上げの工程です。

この時は、

6回に分けてそれぞれ違う薬品を噴きつけていました。

下の写真の左から右に革が流れて行くなかで、

塗料や薬品が塗装されています。










ここでは色を付けるだけでなく、薬品を噴くことで

色落ちや水の吸い込みを改善させています。


この工程をを見るまでは、

塗装は多くても2〜3回程度噴くくらいだろうと思ってましたが、

甘かったface03


見えないところに手間がかかってるんですねicon23




これは4回噴きつけた状態の革です。


私から見れば、これで十分な仕上がりだと思いましたが、

プロが見たら違うんでしょうねicon09





と、ご報告はここまでです。

撮った写真に沿っての説明ですから、

まだまだ不十分ではありますが、

少しは雰囲気や内容をお伝え出来ましたでしょうか?icon64



工場見学はこれで3度目ですが、

修理を仕事にしてからは初めてです。

今までとは違った目線で見ることが出来て、

とても勉強になりましたicon103



またそれと同時に、

まだまだ知らないことも多いと実感しましたので、

これから少しずつでも情報を得て、

皮革のこと、皮革に関わる社会のシステムのことを

より深く知り、より良く関わる方法を

模索していきたいと思いますicon21




次回はひねりてのオリジナル商品「ひねりてのたまご」を

ご紹介しますので、どうぞお楽しみに・・・icon96

 

 

 

 




同じカテゴリー(研修、出張のご報告)の記事画像
東京でのあれこれ(神頼み編)
東京でのあれこれ(仕入れ編)
東京でのあれこれ(交流編)
東京でのあれこれ(お宿編)
大阪のゲストハウス 緑家
大阪仕入での収穫♪
同じカテゴリー(研修、出張のご報告)の記事
 東京でのあれこれ(神頼み編) (2017-07-29 14:52)
 東京でのあれこれ(仕入れ編) (2017-07-22 18:45)
 東京でのあれこれ(交流編) (2017-07-14 16:41)
 東京でのあれこれ(お宿編) (2017-07-08 16:32)
 大阪のゲストハウス 緑家 (2016-08-06 17:49)
 大阪仕入での収穫♪ (2016-07-01 16:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。