› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(アレンジ) ›  › HENRY CUIR(アンリークイール) › 手提げかばんのシミ隠し その1

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2012年07月31日

手提げかばんのシミ隠し その1

今回ご紹介する修理は複雑なので、

2〜3回に分けてお伝えしようと思います。


まずは、最初に持ち込まれた時の鞄の状態です。



















このアンリ・クイールの手提げ鞄はお客様のお気に入りで、

クローゼットの下のほうに大切に保管されていました。

ところが、気が付くと革の表面と内貼りにカビが生えていて、

きれいにふき取ってみても写真のように黒いしみがついてしまって

とれなくなっていたのだそうですface07

それはそれはショックでしたでしょう・・・



購入先のお店でも対応のしようがなかったようで、

しばらくの間使用できずに眠らせていたということでした。



そんな時にひねりてを知ったお客様は、

黒いしみを取り除くか染めるなどして、

今より目立たなく出来ないかと相談に来られました。



正直なところ、

こういう症状を見るのはひねりても初めてでしたので、

そのことと、時間がかかる可能性、

中断する可能性やリスクなどをご了承いただいた上で、

シミ取りと染めで対応してみることにしました。



それでは、まずシミの観察です。













これは見ただけでも、

クリーナーや洗剤で取り除けるようなシミではなさそうです。

が、念のため

素材の様子を見ながら数種類のクリーナーを試してみました。



やはり何の変化もありませんicon11



表面を少し削って顔料染めで対応しようかとも思いましたが、

ちょっといい仕上がりにはなりそうもありません。



いろいろ思案してみましたが、

まずこのシミの正体を知ったうえで決断したいと思い、

皮革の専門家に相談することにしましたicon37



大阪にある、相談先の皮革試験所の方はとても協力的で、

今回の鞄を送り(お客様の承諾は得てます。)icon74

鞄にダメージのない範囲で出来る調査をしてもらいました。


その結果出た結論は、

このシミはカビではないということ、

おそらく何かの成分と革の中の成分が化学反応を起こして

変化したのではないかということでした。




その他いろいろアドバイスをいただいて検討した結果、

以下の3通りの方法を考えて、お客様にご提案してみました。



①最初の予定通り表面を少し削って近い色の顔料で染める
(かなりリスクが高く、オススメ出来ない内容)


②シミを隠すサイズの革を表からあてて縫い付け、カバーする
(サイズは相談に応じる、
シミのある面全体をカバーするように大きな1枚の革でも、
3か所あるシミの各場所にお客様の好きな形にカットした革でも可能)


③シミが見えなくなるようなデザインでポケットを取り付ける



そしてお客様が選ばれたのは、


③番

しかも周りの縫い方と同じように手縫いで取り付ける、

デザインの細部まで凝った内容のものです。



見た目が一番自然に馴染み、

個性を演出できるいいアレンジを選ばれたと思います。



見た目や、強度、素材への影響など総合的にみて、

個人的には一番お勧めの内容でしたが、

作業内容からどうしても高額になる方法なので、

ほかの選択をされるのではと思っていました。



ですから選択していただいたときは、

うれしかったですicon166




次回は作業工程と、できれば仕上がりまでお伝えしますので、

お楽しみにicon156



  • LINEで送る

同じカテゴリー(修理(アレンジ))の記事画像
アルファ・インダストリーズのバイクグローブを愛の力で修理♡
休眠中のベルトをストラップにアレンジ!
シャツタイプジャケットの袖裏を一部交換
紳士クラッチバックに持ち手を作成しました!
革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その2)
革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その1)
同じカテゴリー(修理(アレンジ))の記事
 アルファ・インダストリーズのバイクグローブを愛の力で修理♡ (2018-02-10 18:17)
 休眠中のベルトをストラップにアレンジ! (2018-02-03 17:30)
 シャツタイプジャケットの袖裏を一部交換 (2017-12-23 17:32)
 紳士クラッチバックに持ち手を作成しました! (2017-12-16 15:42)
 革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その2) (2017-11-25 16:09)
 革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その1) (2017-11-18 17:11)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。