› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(アレンジ) › 修理(革部品交換、大物修理など ›  › LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン) › ルイヴィトン ボストンバックのリメイク その3

お願いとおことわり


   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2014年06月07日

ルイヴィトン ボストンバックのリメイク その3


広島も梅雨入りしましたねぇ雨

梅雨は梅雨らしくしっかりお湿り頂戴して

この夏に備えさせてもらいたいものですクローバー





さあ、今回の大物修理について

長々とご紹介させていただいてますがへび

これで最終回でございますパー



では、オリジナルワッペンが無事つきましたところで

元通りに組立ていきたいと思いますボストンバック



作業の順序としてはワッペンを取り付ける前に

胴体の生地を両端から3㎝ずつカットし、

ファスナーの両端部分もそれに合わせて調整しておいたので

あとはマチを取り付けるだけなのですが・・・しょんぼり



いざ貼り合わせてみるとちっ、ちっ、ちっ

おかしいアセアセ距離が合わないタラーッ

普通に合わせていくとどうしても2㎝ほど胴体側の生地が余ってきますガーン



構造的に考えて距離は合う計算なのですが・・・がいこつ

おそらくオーナー様が購入後ご使用されてゆく中で

すこしずつ胴体部分の生地が伸びてきたのだと思います時計



これは予想外のことでしたぁなき

仕方がないのですこしずつ胴体側は縮め気味、ダウン

マチ側は伸ばし気味にしてアップ

何とか距離を合わせて組み立てましたよグー



で、完成です!拍手


いかがでしょうか?



ワッペンは底にかかるほど下気味の位置なので

一見目立ちませんが

それがまたさりげなくて良いのではないかと双葉

ひねりて的には思ってますスマイル







では修理前後で比べてみましょうね

角度がちょっと違いますが、同じ場所で比べておりますパーアセアセ


修理前                 修理後



























こちらは胴体をカットした残り生地たちですハサミ




これだけカットすることで

縦横のバランスがどうなるか気になってましたが・・・↓


カット前                 カット後













とくに気にならない仕上がりになりました花まる

オーナー様も

「大きすぎたのでちょうど使いやすいくらいになったかも?」

とおっしゃってくださって一安心ニコニコ



その他もこんな感じに仕上がりました音符

内側                    外側






























ワッペン取付け部の内側













最初の予定ではそのままワッペンを縫いつけるつもりだったのですが

裏まで穴が開きかけているところもあったので

周りの生地と同色系の豚革でカバーしてありますブタ



ルイヴィトンボストンバック

胴体サイズカット
オリジナルワッペン作成2か所            40000+税 円

納期(打ち合わせ期間含まず)            約1か月                            






そんなこんなで仕上がった鞄が

こんな感じで店頭の特等席に鎮座してる所に

オーナー様がご来店され家





「かっこいい!

と一言おっしゃっていただけたというわけでありますスマイル




そんなオーナー様はきっと

このかっこいい鞄を粋に使いこなしてくださるでしょうピカピカ


これからの旅のお供に活躍してくれることを願います新幹線






さて今回もオーナー様の素敵なアイデアのおかげで

「どんな仕上がりに出来るだろう?

とワクワクしながら作業をさせてい
ただくことが出来ました
ハート


十人十色とはよく言ったもので

ホントに皆さまひねりてには思いつけないような

斬新で素敵なアイデアをお持ちでいらっしゃいます雷



今この記事をご覧のあなたの頭の中にも

眠ってるアイデアはありませんか?



心当たりのある方は

一度ひねりてを尋ねてみてくださいませ家



思いがけずわくわく体験できるかもしれませんよ音符








同じカテゴリー(修理(アレンジ))の記事画像
LVサックプラの内張り交換と昨日の水辺ジャズ
HERMESジャケット、襟の縁をパイピングアレンジ
革ジャンにワッペン取り付け
エルメス、リバーシブルトートバックの底をカット(その1)
ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その2)
ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その1)
同じカテゴリー(修理(アレンジ))の記事
 LVサックプラの内張り交換と昨日の水辺ジャズ (2018-11-17 16:31)
 HERMESジャケット、襟の縁をパイピングアレンジ (2018-11-10 15:53)
 革ジャンにワッペン取り付け (2018-11-03 17:33)
 エルメス、リバーシブルトートバックの底をカット(その1) (2018-08-25 18:15)
 ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その2) (2018-08-04 16:47)
 ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その1) (2018-07-21 16:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。