› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(サイズ調整) › ベルト › ベルトカット(特殊タイプ)

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2014年10月18日

ベルトカット(特殊タイプ)



今日はちょっと変わったタイプのベルトカットをご紹介しましょうスマイル




コンチョや飾り金具などで重厚感ある個性的なデザインのメンズベルトですピカピカ

いい感じに革色も変化していて

上質なカジュアルファッションアイテムとして重宝されそうな一品です拍手



バックル付け根のデザインも凝ってますよ↓




凝ってますねぇアセアセ




デザイン的にカットできる長さは限られるのですが

幸い、ちょうど持ち主様のご希望する長さあたりで

うまくこのデザインを殺さないように仕上げることが出来ましたgood








どうですか?

表は元と同じようなステッチラインで仕上げてますグー


ほらっ、ここも↓





裏は見えない部分ですし、元の穴も残ってるため、

強度と費用面のことを考えて

あえて元のようなデザインステッチは入れませんでしたクローバー


簡単に見えるかもしれませんが

これ、結構複雑な縫い方になってるんですよしょんぼり


内側には補強用のナイロンテープを貼りこんで仕上げてますから

元の状態より丈夫になってます
花まる

元の糸の始末は切りっぱなしで先を火であぶった方法で仕上げてますが

ひねりてではしっかり結び、ボンドで接着をして仕上げてあるので

その点の強度もかなり上がってますアップ





お気づきかと思いますが、糸の色を深緑に変えてます↑


元の糸は少し焼けて経年変化した様子の、味のある朱色でしたが

当店にあるのは原色の赤かボルドーかオレンジといったもので

同じ色味のものはなくなき

新たに材料屋さんで探したとしても、どこにも扱ってなさそうな色でした。アセアセ


ということで

「これを機会にあえて違う色にするのも一つの方法です!」とご提案したところ

当店にある糸の中からこの深緑のシニューを選ばれました。


以前の感じとはまた違って、ちょっと締まった雰囲気に仕上がりましたねOK

こんな風に修理をきっかけにイメージを変えて

新鮮な気分でご使用していただくのも楽しいですよ音符






ベルトカット(特殊タイプ)
手縫い仕上げ               3500+税 円

お預かり期間                2~3日間


これから、オーナー様のもとで

益々活躍してくれますように願っております家




  • LINEで送る

同じカテゴリー(修理(サイズ調整))の記事画像
白熊リュックを修理しました
革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その2)
革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その1)
メッシュセミショルダーのストラップを延長アレンジ
コーチのベルトを延長アレンジ
ギターストラップを短くカット
同じカテゴリー(修理(サイズ調整))の記事
 白熊リュックを修理しました (2018-01-27 15:51)
 革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その2) (2017-11-25 16:09)
 革のハーフコートをロングコートにアレンジ!(その1) (2017-11-18 17:11)
 メッシュセミショルダーのストラップを延長アレンジ (2017-10-21 17:46)
 コーチのベルトを延長アレンジ (2017-03-25 14:14)
 ギターストラップを短くカット (2016-09-24 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。