› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(内張り交換) ›  › 折りたたみトートバックの内張り交換 その1

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2015年03月14日

折りたたみトートバックの内張り交換 その1


今日はちょっと前に修理させていただいた鞄なんですが

印象的だったのでご紹介させていただきますね!スマイル


商品はこちらの手提げかばんボストンバック



これ、軽くて柔らかい羊革で作られていて

こんなにコンパクトに出来ちゃう優れものなんです拍手


























何年物かは定かではないのですが

この持ち主様は90代の方で

長くご愛用されているものだそうです時計



今回ひねりてには

この方のお知り合いという方が代理で相談に来られました家



その方のお話ではマイク

ご愛用の鞄がだいぶん傷んできたので

代わりになる鞄をいくつか購入して

試してはみられたようだけどちっ、ちっ、ちっ

やはりこの鞄が一番使いやすいと言われるのだそうですクローバー


そこで今回、

本体の革部分はまだ使用できる状態なので、

持ち手と内張りの交換をして、

またしばらく使用できるようにしたいと希望されている

ということでしたお花




中を拝見するとこんな感じですカメラ




たしかに大分傷んでいますねぇアセアセ


よ~くみると目

この鞄、もともと内張りがないものに、

あとからアレンジして取り付けてあるようです。


他にもいろんなところに修理の跡が見受けられますハサミ


おそらく日々のご使用によって傷んできたところを

ご自身なのか、どこかにご依頼されたのかはわかりませんが

その都度すこしずつ手直ししながら

大切に使われていたのではないでしょうか拍手

この鞄への愛を感じる痕跡ですハート





これだけ大切に使用されて

さらに修理してまで持ち続けたいと思ってもらえるなんて

この鞄がその方にとってかけがえのない相棒となってるんだなぁ

すてきだなぁと

感激してしまいましたなき雷





ということで

是非ともこの相棒さんが

一日でも長く持ち主様のもとで連れ添えるよう

ご希望の修理をさせていただくことになりました花まる


ご希望は出来るだけ元通りに直す復元修理ということで

内張りの色、構造、ポケット位置や

持ち手の色、幅、長さ

すべて現状に近づけるべく力を尽くさせていただきますグー


経過と仕上がりはまた次回にご紹介しますね

どうぞお楽しみに音符








同じカテゴリー(修理(内張り交換))の記事画像
オーストリッチハンドバックの内張り交換
BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修のつづき
BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修
神秘的な雪の宮島に出会えました♪
プラダショルダーバックの内張り交換(その後)
プラダショルダーバックの内張り交換
同じカテゴリー(修理(内張り交換))の記事
 オーストリッチハンドバックの内張り交換 (2017-05-07 15:05)
 BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修のつづき (2017-02-11 16:45)
 BROOKS レザージャケットの裏地交換と破れ部補修 (2017-02-04 16:46)
 神秘的な雪の宮島に出会えました♪ (2017-01-21 17:00)
 プラダショルダーバックの内張り交換(その後) (2016-10-08 17:04)
 プラダショルダーバックの内張り交換 (2016-10-01 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。