› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(持ち手関連) ›  › ストラップ裏の合皮を革に交換

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2015年06月12日

ストラップ裏の合皮を革に交換


今日の広島はいい天気ですねぇ晴れ

その分暑いですけどアセアセ



さて、今日はこちらのストラップ↓

ストラップ裏の合皮を革に交換

表は赤のオーストリッチを使ってありますが

裏は・・・


そう、合皮です!

ストラップ裏の合皮を革に交換

劣化してますねぇなき

ストラップ裏の合皮を革に交換



ということでこの合皮を赤い牛革に交換しますハサミ

いかがでしょう?

ストラップ裏の合皮を革に交換

元のパーツの縫い付け部分も

裏ずれなく綺麗に仕上げられてます音符

ストラップ裏の合皮を革に交換



ストラップ裏の合皮を革に交換


ストラップ裏合皮を革に交換   6000+税 円
(スポンジ交換なし)

お預かり期間            約1週間



中のスポンジは使用可能な状態でしたので

元と同じような厚みと弾力に仕上げることが出来ました拍手





さて、以前もお知らせしましたが、明日のひねりてはお休みです家

通常とは異なるお休みですので、

間違えてご来店されないようお気を付け下さいパー


ひねりてのご利用を検討中の方には

明日も良いお天気のようですので

この土日はレジャーを楽しんで観覧車

月曜以降にひねりてを訪問アシ

というスケジュールではいかがでしょう?



・・・・と、勝手を言いまして申し訳ございませんが

どうぞご理解とご協力のほどお願い申し上げますスマイル








同じカテゴリー(修理(持ち手関連))の記事画像
TUMIレザーブリーフケースの持ち手革カバー交換
アイグナー、セミショルダーのストラップ交換
ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2)
ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1)
BREE セミショルダーバックの持ち手交換とメンテナンス
ルイヴィトン、エピのボストンバックをトートバックにリメイク(その1)
同じカテゴリー(修理(持ち手関連))の記事
 TUMIレザーブリーフケースの持ち手革カバー交換 (2019-08-17 15:29)
 アイグナー、セミショルダーのストラップ交換 (2019-07-20 15:14)
 ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2) (2019-07-13 16:46)
 ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1) (2019-07-06 17:42)
 BREE セミショルダーバックの持ち手交換とメンテナンス (2019-05-25 15:34)
 ルイヴィトン、エピのボストンバックをトートバックにリメイク(その1) (2019-03-16 16:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。