› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(持ち手関連) ›  › ブリーフケースの持ち手交換

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2016年02月27日

ブリーフケースの持ち手交換


今日もお寒いですねぇ雪

広島は午後から天気予報通りの雨でございます雨

やっぱり週末のお天気は崩れがちですね・・・

一雨ごとに春が近づいてるのかもしれませんね双葉


そういえば今朝はいつもの通勤コースで

ブルーに輝くカワセミに出会えましたピカピカ

3頭身の愛くるしい後ろ姿がかわいかったです音符



では本題に移りましょう

紳士用のブリーフケースです。


持ち手がご覧のとおり劣化してきております。

オーナー様の汗と涙の結晶ですね拍手

一度どこかで上から革を巻く修理をしてもらったそうですが

それもかなり劣化していて、

亀裂が入って割れてきているところもあるので

新しく交換したいというご要望でした。



ということで、

出来るだけ元のデザインと厚みに近い持ち手を作成してみました↓






つけねのカシメは元とは違いますが

かなり丈夫な中空鋲(ちゅうくうびょう)

というものを使用してますので

がっちりしっかり留まってますグー

before                                           after














で、裏はこんな感じ


元の持ち手です

巻いてあった革を外してみると・・・


良く働いたのねダッシュお疲れ様でした天使


元のパーツの芯には

厚紙のようなものが使われていましたが

ひねりてでは

こういった強度が重視されるパーツには

出来るだけ革と丈夫なナイロン系の芯を併用して

紙系の芯は使用しないようにしていますパー
(構造上、デザイン上やむおえない場合もありますがアセアセ


今回も厚みを出すための芯に床革を使用し

両サイドの付け根の一番負荷のかかる部分に

洋裁用のナイロン製ベルト芯を使用してますフンッ グー

なので、元よりずいぶん丈夫に出来たと思いますよアップ



持ち手交換(ブリーフケース) 16000+税円

お預かり期間           2週間~3週間



これからまた10年、20年と

オーナー様に付き添っていってほしいですねクローバー





さて、先日こんな素敵な作品に出会えたので

皆さんにもご紹介させてくださいカメラ


アートルネッサンスという

特別支援学校に通う障碍者の方々の

絵画や工芸品を集めた芸術作品展で

展示されていた作品の一部ですピカピカ


今回私がこのイベントに気づいたときには

すでに作品展は終っていたのですが

一部の作品が市内のタリーズコーヒーさんで

しばらく展示されていると知って

ランチがてら行ってみましたアシ


想像以上に素敵な作品だったので

皆さんにもぜひ鑑賞してみてもらいたいなと思いまして・・・


少し気分転換になればうれしいです


あいにく額のガラスに光が反射してしまって

見にくいものもありますが

その点はご容赦くださいませなき


写真はお店の方に承諾を得て撮らせてもらいましたので

どうぞ、ご理解くださいねスマイル






















それにしてもこの「ぞうさん」

とっても素敵な作品だったのに

けっこう高い位置に飾ってありましてワーイ


ひねりての身長と腕前ではどうあがいても

この反射を上手くかわすことが出来ませんでしたぁ・・・

ざんねんなき




  • LINEで送る

同じカテゴリー(修理(持ち手関連))の記事画像
休眠中のベルトをストラップにアレンジ!
白熊リュックを修理しました
紳士クラッチバックに持ち手を作成しました!
メッシュセミショルダーのストラップを延長アレンジ
ナンタケットバスケットの持ち手を部分修理
QUELボストンバックのファスナー交換とその他修理
同じカテゴリー(修理(持ち手関連))の記事
 休眠中のベルトをストラップにアレンジ! (2018-02-03 17:30)
 白熊リュックを修理しました (2018-01-27 15:51)
 紳士クラッチバックに持ち手を作成しました! (2017-12-16 15:42)
 メッシュセミショルダーのストラップを延長アレンジ (2017-10-21 17:46)
 ナンタケットバスケットの持ち手を部分修理 (2017-10-07 17:15)
 QUELボストンバックのファスナー交換とその他修理 (2017-09-09 18:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。