› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(ほころび、革あてなど) › 財布 › Hender Scheme 折財布の破れ補修

お願いとおことわり


   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2018年11月24日

Hender Scheme 折財布の破れ補修


こんにちは

今日の商品はこちら

エンダースキーマの折財布です。




ご依頼か所はこちらです↓




小銭入れの底が糸目に沿って裂けて

穴が開いてしまってます大泣き


革が乾燥していたりもみじ

耐えられる以上の負荷がかかりすぎたりすると

こんな風にステッチ穴部分が切り取り線のようになって

破れてしまいがちですムカッ


革製品の中でも、特にこういったお財布は

かさばらないようにコンパクトに仕上げる為に

革のあちこちが薄く漉かれていて

丈夫さとの両立が難しいアイテムだからでしょうか?キョロキョロ

購入して半年程度で破れてしまったという事でした叫び


オーナー様は「小銭を入れすぎたんだ」100円

とおっしゃられていましたが

それにしてもショックだったでしょうね・・・なき



破れ部を中から見るとこんな感じです目


このままではどんどん穴が広がってしまいそうですアセアセ




という事で今回は丈夫さを重視しつつも

少しデザイン的に穴をカバーして仕上げてみました↓




革はオーナー様に選んでいただいて

革の当て方などはすべてお任せいただきましたパー


最初は単純に直線にカットした革を

2センチ幅ほどの帯状にカバーして

仕上げようかなとイメージしておりましたが・・・


使用する革を眺めてるうち

既にある革の自然なラインを使いたいと思い始め

こんな仕上がりになりました音符


強度面においては

穴の開いていたステッチライン周辺の内側に

ナイロンテープで補強がしてありますので

かなり丈夫に仕上げられていますグー



内側から見たらこんな感じ

ステッチが内側に出ている以外は元と変わりませんちっ、ちっ、ちっ






Hender Scheme
小銭入れ被れ部に革カバー修理   5000+税円

作業期間             1週間





デザインはお任せいただいていたとは言うものの

気に入っていただけるか心配していたので

喜んでいただけてホッとしましたニコニコ








同じカテゴリー(修理(ほころび、革あてなど))の記事画像
セリーヌ大型鞄、破れ部革あて修理
ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その1)
BREEの馬蹄型小銭入れを修理
アルファ・インダストリーズのバイクグローブを愛の力で修理♡
白熊リュックを修理しました
シャツタイプジャケットの袖裏を一部交換
同じカテゴリー(修理(ほころび、革あてなど))の記事
 セリーヌ大型鞄、破れ部革あて修理 (2018-08-10 12:07)
 ルイヴィトン、タイガのリュックをアレンジ(その1) (2018-07-21 16:13)
 BREEの馬蹄型小銭入れを修理 (2018-03-10 14:53)
 アルファ・インダストリーズのバイクグローブを愛の力で修理♡ (2018-02-10 18:17)
 白熊リュックを修理しました (2018-01-27 15:51)
 シャツタイプジャケットの袖裏を一部交換 (2017-12-23 17:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。