› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(傷跡メンテナンス、ミガキ他)

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2021年04月17日

ルイヴィトン 書類鞄の修理(その1)




こんにちは

本日のひねりては

雨上がりのキラキラした景色に囲まれてピカピカ

気持ちよくお仕事させていただいております音符


さて、ではさっそく今日の商品です。


ルイヴィトンエピの書類鞄

ちょこっと調べてみましたところ

セルヴィエット・コンセイエというタイプのようですボストンバック


今回はちょっと内容が込み入ってますので

3回に分けてご紹介させていただきますパソコン


こちらのカバン

お得意様が経営される会社の従業員の方が

先輩から譲り受けられたもので

修理して使える状態にしたいと持ち込まれました家


まず見てお分かりのように

根モモの革がちぎれて持ち手が片方外れていますムカッ


左側のもう片方のねももも、カシメが外れかけていますタラーッ












コバはコート剤が劣化してべたついたところに

埃のようなものがついていますワーイ




よく見てみると

おそらく以前どこかで修理されたのでしょう

コバの色が赤茶色のところと

こげ茶色のところがありますしょんぼり


あとは写真撮り忘れてますが

内ポケットと外ポケットに使われている合皮が劣化して

ベタベタボロボロの状態になっていて

その劣化物がほかの革部分について汚れてしまっていましたガーン



ということで

一筋縄ではいかないこの状態

どういう修理をさせていただくことにしたかは

また次回ご紹介しますねニコニコ





  


2021年04月03日

ロングコートの裾カットといろいろ補修


こんにちは

早速ですが本日の商品ですカメラ




ベージュの羊革製で春秋向きの使い易そうなロングコート

薄い羊革を使ってあるので

これだけの大きさでも軽くて着心地良さそうな一品です花まる


が、羊革で薄い=強度は低いダウン

ということでもありまして

全体に生地が裏打ちされていて

丁寧に作られてはいましたが拍手

やはり長年の着用であちこち劣化が進んでいましたがいこつ


そして、オーナー様の一番の気がかりはこちら↓




前裾の2枚合わせて縫い留めている部分から

革が破れていますムカッ


隠しボタンがある縫い留め部分も革が破れていますムカッ


ということで

裾の破れ部分がなくなる程度までカットしハサミ

ボタンの破れ部は裏から補強後縫い留め

全体に乾燥が進んでいるため

しっかりと栄養を与えるメンテナンスを

させていただくことになりましたパー




が、この前身ごろの裏をはじめ↑

あちこち伸び縮して変形しており

最初からてこずるであろう予感は

しっかり的中してしまいましたガーン



その悪戦苦闘の結果がこちらですカメラ




まず一目でお分かりかと思いますが

かなり色が濃くなりました。

これは、変形部分にアイロンをかけて形を整え

乾燥していた革に乾かす時間をとりながら

何度もタピールレーダーオイルを塗り

仕上げにレーダーフレーゲクリーム無色で汚れやすい

襟、袖口、裾周りをしっかりコートして仕上げることによって

変化した結果ですピカピカ



全体にシミ、皺、汚れはありますが

これもオーナー様が着用することにより刻まれた模様

ととらえれば

より愛着を持つことができるのではないでしょうかgood




そしてこちらはカット後の裾




↑前裾両サイドのこの部分が一番苦戦したところですタラーッ


↓元はこんな感じで

前側と裏側の革のサイズが大きく違うために

かなりのたわみが発生している状態でしたが

あれこれ試して今回の仕上がりにたどり着きましたアセアセ

表側                 裏側




















最初の状態は

この裏の革の補強のために使われていた生地が

ほとんどはがれていて、

革の方は伸びて変形してしまった状態でした。
(これは修理後の写真です↓


本来ならすべて分解して、

裏の生地も新しく張り替えて作業をすれば

ピシッと決まる内容ですが

それをすると相当時間も費用もかかってしまいます金貨時計

なので、今回はこの部分にアイロンをかけて

形を整えることにしたのですが

それがなかなかすんなりいかず苦戦しましたぁワーイ

それでもなんとかここまで整えることができてよかったですクローバー












持ち込まれたときに破れていた部分には

あえて紫の羊革を使って補強して、

チラ見えした時にアクセントになるようにしてみました星




それに合わせて

裏革をとめる飾紐も紫にしてみましたぶどう




ボタン部分の破れ部はこんな感じ

表側


↑もともとは

右の縫い目で表と裏の革を縫い留めてあったのですが

そこが破れていたので、

破れ部を裏からナイロンシートと革で補強した後

右の縫い目は裂け目を隠すために飾り縫いをし

左の縫い目で表と裏の革を縫い留めてありますOK

裏側


遠目に見たらこんな感じ目


その他にも

左ポケット部の破れ修理や

ほころび縫い

裏革留めなどもしたのですが

写真撮り忘れてます叫び

残念・・・なき



羊革ロングコート
裾カット
変形調整
左ポケット破れ部補強縫い
ボタンホール部破れ補強縫い3か所
袖口ほころび縫い3か所
裏革留め6か所
全体メンテナンス          35200円(税込み) 

作業期間              1ヵ月


ここのところのひねりて状況の影響で

この方にも3か月お待ちいただいたのですが

なんとか春先のご使用タイミングに間に合ってよかったですスマイル


ナチュラルな風合いのこのロングコート

桜にも新緑にもよく似合いそうですサクラクローバー

       
 





  


2021年03月27日

キーホルダーの金具&ホック交換




こんにちは

今日の広島、京橋川沿いの桜は満開で

お天気も良く一番のお花見日和といってもいいでしょうサクラ


カップル、家族連れ、おひとり様

それぞれに楽しんでましたよ音符

明日の雨で散りすぎないことを願ってます雨 天使


では本日の商品をご紹介しましょうカメラ


スティングレイ(エイの革)とヌメ革を

手縫いで仕上げてあるキーホルダーですパー


どこかの作家さんの作品でしょうか?

クリーム色のスティングレイが爽やかな一品ですね



そしてご依頼場所はこちら↓


鍵をとめるパーツが取れてしまって一つしか残っていませんワーイ


あとは、こちらのバネホックもバネが折れて

留まりにくくなっていましたしょんぼり




で、今回はこの金具とバネホックを

オーナー様好みの真鍮に交換し

磨きで乾燥した革に潤いを与えて仕上げましたピカピカ







before                                after


















キーホルダー
金具交換 1か所
バネホック交換 1か所
磨き            3500+税円


金具の色が変わるだけで

結構印象も変わるものですねニコニコ

これで気分一新

また楽しくご愛用いただきたいと思いますクローバー




  


2021年02月06日

ショルダーバックのストラップ交換+部分染メンテナンス



こんにちは

今日の商品はkate spadeのショルダーバックですカメラ





使いやすくて長年ご使用されてるため

ストラップが全体的に傷んでいましたムカッ




今回はこのストラップを新しく交換し

気になる色剥げ部分を馴染む程度に染め

磨きをして仕上げましたピカピカ




色剥げがきになっていた根モモ部分はこんな感じ↓















before写真がないから違いが判りませんがタラーッ

ピラミッド型の突起付近やカンで擦れるあたりが

色剥げで白んできてましたマイク

















細かい作業内容については

ある程度ひねりてにお任せいただいたので

革の種類も仕上げもひねりての独断で決めていますが

どうしても元より丈夫にしたい気持ちが前に出て

元より厚めの仕上がりとなっておりますニコニコ アセアセ


本体の革の雰囲気に合わせて

しぼありオイルレザーを使用したので

コバは元と違ってコバコートではなくちっ、ちっ、ちっ

天然革に似合う無色の蜜ろうを使って仕上げましたクローバー



この革は芯通しで切り口も色がついているので

無色で仕上げても黒色に仕上がって

全体とうまく馴染んでくれます花まる








オーナー様は長さ調整ができて

見た目に違和感なく今後も長く使えるようにさえなれば

元の構造にはこだわられておられなかったため

今回は線コキを使って調整できるタイプで仕上げましたパー






ストラップ交換(長さ調整付き)
部分染(根モモ等数か所色剥げ部)
磨き               15000+税円

作業期間             約1ヵ月




今回長らくお待たせしての納品となってしまいましたが

お引き取り時は笑顔で嬉しそうに持ち帰っていただけて

良かったですニコニコ







  


2021年01月30日

長財布のスライダー交換、部分染メンテナンスとサプライズ




こんにちは

本日の商品はこちら

オーストリッチの長財布ですプリン



ご依頼か所その1

はこのスライダー部分

ファスナーを閉めても開いてしまうとのことアセアセ


これは、スライダー交換かファスナー交換になりますパー


そしてお困りごとその2はこれ↓


あちこち経年劣化で革表面がはがれてきていて

見た目が気になるとのこと目



これは、しっかり修理するとなると

染職人さんにお願いするような全体染の修理となりますが

今回はそこまでは希望されずしょんぼり

なおかつあまり時間がないというご都合があったので

いろいろなリスクと条件に承諾の上

ひねりて作業の部分染メンテナンスで

対応させていただきましたパー



では仕上がりです

まずはファスナー部分ですが

スライダー交換で当面使える状態にできましたgood


これは、レール部分は元のままなので

新品の時に比べると早い段階で

同じような症状が出てくる可能性のある修理ですが

その辺のリスクにご了承頂いた上でさせていただいてますパー



スライダーの色は

ひねりてにある中から選んできただきゴールドになりました。




そして、部分染メンテナンスでこんな感じに仕上がりました

before                                                 after

グー

















撮影時の光の加減の違いもありますがちっ、ちっ、ちっ
レーダーオイルをたっぷり塗りこみ

最後にレーダーフレーゲクリーム無色で

磨き上げたことによる違いはあります

明らかに色が濃く鮮やかになっていますピカピカ




























before                                                 after












ご使用による色の濃淡が各所にあり

その場所に合わせて色を作って馴染ませました









オーストリッチ長財布
スライダー交換
部分染+磨き    7000+税円


さてこの方

なぜ時間が限られていらっしゃったかといいますと

もともとハワイにお住まいの方でサーフィン

ご実家が広島にあるということで

今回はその帰省のタイミングでご依頼いただきました飛行機

なので、またハワイに戻られるまでに

仕上げる必要があったというわけなんですダッシュ


作業内容がファスナー交換になった場合は

広島を発つまでには間に合わなかったので、

スライダー交換で直せてよかったですニコニコ アセアセ


オーナー様にも喜んでいただけて良かったです花まる



そして、そんな喜びを表現されたかったのか

商品を取りに来られた時にこんな差し入れをいただきましたプレゼント


「知り合いの息子さんにお弁当作ることになってたので

思いついてひねりてさんにも作ってきました音符

と、手作り弁当を見せていただいた時には

驚きでちょっとフリーズしました雪オドロキ 雪


でも、デザートとお箸に紙ナフキンまでそろえてある

バランスのとれたおいしそうな作品を見て

即手が伸びていましたニコニコ


これがお弁当についていた紙ナフキン












What's something that made you look twice today?

今日二度見させられたものは何ですか?
(直訳なのでネイティブ的には違うのかもしれませんが、お許しをアセアセ

まさにこのお手製弁当のこと言ってる?

とタイムリーな内容に再度驚きつつも

笑ってしまいましたニコニコ


よく見ると紙袋もかわいいチョイス

細部にまでいきわたったお心づかいこそが

一番うれしい差し入れでした花まる




もちろんお弁当もペロッと完食

その後お礼の電話をさせていただいた際に

「よかったわぁ、私、ハワイでもよく和食を作って

いろんな人にこういうことするのよ~!」

とのことおにぎり

なるほど、常夏の国ではぐくまれた

おおらかな感性から自然に生まれた温かい差し入れ

きっと後にも先にもこれが最後かもしれませんが

ひねりてにとって忘れられない一品となりました王冠ピカピカ



H様ありがとうございました

とてもおいしかったですクローバー







  


2020年11月07日

ルイヴィトン長財布をしっかりメンテナンス



こんにちは

今日はこちらの商品

ルイヴィトンモノグラムの長財布ですカメラ


材料確認した後で

ちょっとしっぽが出ちゃってますが

気にしないでくださいねアセアセ



オーナー様のご要望は

この小銭入れの内張を何とかしてほしいということでした↓


これは合皮が劣化してますので

この内張を新しい素材に交換します。



その場合、この左右の縫い留め部分を

分解するひつようがありますハサミ










で、ここまで分解するなら

まだ使用はできるものの

汚れてきていて、いずれ生地が破れてきそうなファスナーも↑

交換したほうがよさそうということになりましたパー



他の部分を拝見すると

このファスナーもそろそろ生地が破れてきそうな状態でしたのでダウン

ここのファスナーも交換します↓


そして、モノグラムのコバがはがれてきているので

再度磨きなおしてコバ仕上げもしますグー




では仕上がりですピカピカ




この本体のファスナーは

通常サイズよりも生地の幅が広いタイプが使われていたため

幅広のファスナーを仕入れての作業となりましたパー





小銭入れのファスナーは

オーナー様の了承を得て元の赤茶色ではなく

ひねりてに常備してある濃茶のファスナーを使用しました↓




内張はこんな感じ


オーナー様セレクトで

ラベンダー色の豚革、スムース面を使って張り替えましたブタ



この部分、修理前の写真はありませんが

擦れて色剥げして白くなっている部分が数か所あり

(主にへこみがある部分です)

部分染を施してあります↓




そしてこのお財布劣化場所ナンバーワンといってもいい

折曲部の両端は、モノグラムが割れてき始めていたので

内側に補強をして、縫製、コバ仕上げをしてありますアップ

















ルイヴィトン長財布
本体ファスナー交換
小銭入れファスナー交換
小銭入れ内張交換
モノグラム折曲部補強縫い
モノグラムコバ仕上げ
内張部分染    
磨き             34000+税円

作業期間           約1ヵ月



ラベンダーの内張がいいアクセントになって仕上がりましたgood

これから小銭入れを開けるのが楽しくなっていただければ

嬉しいです花まる


お渡し時にオーナー様の口から零れ落ちた

「待ったかいがあった・・・」ピカピカ

の一言が、じわじわ~っと、時間をかけて

ひねりての心に沁みわたってきておりますクローバー

ありがとうございました音符



        
  


2020年09月26日

エルメスの折財布をしっかりメンテナンス(後編)




こんにちは

今日は前回の続きの仕上がりをご紹介しますカメラ


半分以上分解して

縫い直しをしてあるのですが

まずはどんな感じかご覧ください↓




このファスナーの下側のラインを縫い直してあります

























この小銭入れの中はグレーの汚れがべったりついてましたが

クリーナーで拭きあげて、こんな感じになりましたピカピカ



















ベルトは芯交換して縫い戻してあります



before                                after























コバは内側以外すべて磨きなおしてます







































こちらのお財布

ミシン縫いと手縫いを使い分けて仕立てられてまして

今回組み立てなおす際も

その通りにミシンと手縫いを使い分けて仕上げましたパー



ここはミシン縫いです




こっちは手縫いです





同じく手縫いです



そしてこのパーツだけは新しく交換しました


今回使用した糸はオリジナルにできるだけ近い色合いと太さのものを

特別に仕入れましたがいかがでしょう?目


上の写真の縦のラインは新しい糸

横のラインは元のオリジナルの糸です。

かなり近い糸で仕上げられたので、うまくなじんでいます。good

今後使用していかれるほどに、より馴染んでいくでしょうねピカピカ





HERUMES
ベアンコンパクト
ほころび縫い7か所
ベルト芯交換
コバ塗りなおし
全体クリーニング     36000+税円

作業期間         約1ヵ月



持ち主様は、ご依頼時に

交換パーツ用の革をずいぶん迷いながら選ばれていましたが

また長い付き合いしたいと思うからこそ

それだけ迷われたのでしょうねぇクローバー



今回の仕上がりを見て、満足いただけて一安心です拍手







  


2020年09月19日

エルメスの折財布をしっかりメンテナンス(前編)



こんにちは

今日の広島は気持ちの良い秋晴れです晴れもみじ



ではさっそく本日の商品をご紹介しますカメラ


みなさん一度は目にしたことがあるのでは?

と思うくらいよく見かける人気商品

エルメスの折財布、ベアンコンパクトですピカピカプリン



こちらは確か20年以上ご愛用の一品ということで

全体的に傷みが進んでいる状態ですねムカッ




小銭入れファスナーの下側のステッチ糸が

擦り切れてなくなっているところがあります↓





外側の折り曲げ部分も同じく上下とも綺麗に擦り切れていますね↑↓




留め具部分のベルトもご覧の通り


付け根の飾りベルトもかなり弱ってます大泣き






小銭入れの内側もこの通りワーイ



ここは汚れやすい部分ですよねぇアセアセ

でもここのクリーニング

クリーナーを使えば

結構綺麗に汚れを落とすことができるのでピカピカ

やりがいのある気持ちのいい作業だったりもしますニコニコ good



と、長年のご使用によって

まんべんなくあちこちの糸が擦り切れて

汚れもついている状態ですのでがいこつ

今回は半分以上解体して

汚れを落としつつ部品交換と

縫い直しとコバのみがき直しをすることになりましたパー



では一部、仕上がりをご覧くださいカメラ

修理前



修理後


この革は

オーナー様が悩みに悩んで決められましたが

いかがでしょう?

遠目からや、照明が変わるとまた違って見えるのですが目

今日はここまでパー


続きはまた次回のお楽しみということで

みなさまよい4連休をお過ごしくださいませクローバー


  


2020年03月28日

ルイ・ヴィトン紳士カバンのシミ取りメンテナンス




こんにちは

今日は今の状況ならではのご依頼を

紹介させていただきますマイク


商品はこちらの

ルイヴィトン、エピのブリーフケース

この写真ではわかりにくいかもしれませんが




ここに白い汚れというか、シミのようなものがついてしまってますなき


持ち込まれたときはもっとくっきりついてましたが

試しにクリーナーで拭いてみたので少し薄くなっていますパー



オーナー様曰く

その日の朝、おそらく職場のビルなどに置かれていた

ジェル状の消毒剤を手に付けようとして・・・オドロキ

ノズルの先にジェルが固まっていたか何かで

液があらぬ方向に飛び散って雷

鞄についてしまったのだということでボストンバック

すぐにふき取ってみたけど

このように白くシミが残ってしまったというわけでしたワーイ


「それは災難でしたねぇタラーッ」といいながら

その場で試した時の感触では

簡単には取れそうもなくしょんぼり

もしかしたら染めないといけないような内容になるかもしれないアセアセ

という話でお預かりしましたが

その後

複数のクリーナー類を使って時間をかけて落としてみたら

なんとか目立たなくなる程度まで落とすことができましたグー

仕上げに全体に栄養とつやを与えて磨いてありますピカピカ





下の写真、シミ近くがちょっとボヤっとしてるのは

カメラのレンズの傷のせいですがアセアセ




やはり角度によっては

シミのあたりがぼんやりしてますしょんぼり



それでも最初に比べるとずいぶん目立たなくなりちっ、ちっ、ちっ

オーナー様には

この仕上がりで納得いただけたので、良かったです拍手


ルイヴィトン 
部分汚れ取り+磨き   3000+税円

作業期間        2~3日



もし今回染をすることになったら

お手軽な費用では治せなかったので

なんとか目立たないように仕上げられて良かったです花まる


それにしても、

今回のようなご依頼はひねりてでは初めてでして

こんなところにも今の状況が影響することがあるのだなぁと

複雑な気持ちになりましたキョロキョロ



あちこちで言われてる通り

ひねりても、一日も早い終息を願うばかりです天使





  


2019年01月12日

ハンドバックの部分染


こんにちは

さて、七草粥も食べて、ぜんざいも食べたことだし双葉レストラン

そろそろお仕事も本格モードに入らなければ・・・

ということで、久々に修理のご紹介ですマイク


本日の商品はこちらのハンドバック

牛革とオーストリッチのコンビタイプですボストンバック


この鞄

オーナー様の母上様の鞄で

結構な月日を過ごしてこられた年代物という事で

よくご覧いただくと

結構あちこち色がはがれてきていますアセアセ


特にベージュ色の牛革の方が

下地の白っぽい色が見えてきていて

フォーマルなシーンには使いにくい状態ですねなき






オーナー様曰く

「開口部が大きく開いて荷物もたっぷり入るという事もあって、

母には使いやすいみたいだから、ぜひ直してあげたい」クローバー

とのこと


確かに容量大きめで総革の割に

軽くて持ち歩きやすそうな一品です花まる


今回は、全体を点検させていただいた感じ

オーストリッチの部分は底の角に擦れはあったものの

そこまでひどい色はげ部はなかったのとちっ、ちっ、ちっ

出来るだけ既存の風合を残したほうが良いという

ひねりての判断で

牛革の部分だけを染める事にさせていただきましたパー



で、仕上りがこんな感じ↓


いかがですか?

この部分がきれいになるだけで

ずいぶん綺麗な感じに印象が変わりましたピカピカ



この作業、

ひねりてご用達のあの方、そうです恭さんのお仕事ですよニコニコ

流石ですねー、

とても細かいところまで丁寧に作業してくれています拍手


オーストリッチとの境目も

際の際まで染め上げてありますgood






修理前の全体写真が無くて申し訳ありませんが

全体でみるとこんな感じに仕上がりましたカメラ




オーストリッチX牛スムース革コンビハンドバック

牛スムース部分の染            14000+税円

作業期間                 約1か月




オーストリッチの部分は

汚れを落として、栄養と艶を与えるといった

ミガキの作業で対応してありますが

お陰で、革の良い風合いはそのままに

染の部分とうまく馴染んで綺麗に仕上がりました。ピカピカ


丁度クリスマス前に仕上げることが出来たので

お母様へのクリスマスプレゼントに

なったのではないでしょうか?ツリープレゼント


今頃どこかで活躍していることを願っておりますクローバー