お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2021年04月03日

ロングコートの裾カットといろいろ補修


こんにちは

早速ですが本日の商品ですカメラ

ロングコートの裾カットといろいろ補修


ロングコートの裾カットといろいろ補修

ベージュの羊革製で春秋向きの使い易そうなロングコート

薄い羊革を使ってあるので

これだけの大きさでも軽くて着心地良さそうな一品です花まる


が、羊革で薄い=強度は低いダウン

ということでもありまして

全体に生地が裏打ちされていて

丁寧に作られてはいましたが拍手

やはり長年の着用であちこち劣化が進んでいましたがいこつ


そして、オーナー様の一番の気がかりはこちら↓

ロングコートの裾カットといろいろ補修


ロングコートの裾カットといろいろ補修

前裾の2枚合わせて縫い留めている部分から

革が破れていますムカッ

ロングコートの裾カットといろいろ補修

隠しボタンがある縫い留め部分も革が破れていますムカッ


ということで

裾の破れ部分がなくなる程度までカットしハサミ

ボタンの破れ部は裏から補強後縫い留め

全体に乾燥が進んでいるため

しっかりと栄養を与えるメンテナンスを

させていただくことになりましたパー



ロングコートの裾カットといろいろ補修

が、この前身ごろの裏をはじめ↑

あちこち伸び縮して変形しており

最初からてこずるであろう予感は

しっかり的中してしまいましたガーン



その悪戦苦闘の結果がこちらですカメラ

ロングコートの裾カットといろいろ補修


ロングコートの裾カットといろいろ補修

まず一目でお分かりかと思いますが

かなり色が濃くなりました。

これは、変形部分にアイロンをかけて形を整え

乾燥していた革に乾かす時間をとりながら

何度もタピールレーダーオイルを塗り

仕上げにレーダーフレーゲクリーム無色で汚れやすい

襟、袖口、裾周りをしっかりコートして仕上げることによって

変化した結果ですピカピカ



全体にシミ、皺、汚れはありますが

これもオーナー様が着用することにより刻まれた模様

ととらえれば

より愛着を持つことができるのではないでしょうかgood




そしてこちらはカット後の裾

ロングコートの裾カットといろいろ補修


ロングコートの裾カットといろいろ補修

↑前裾両サイドのこの部分が一番苦戦したところですタラーッ


↓元はこんな感じで

前側と裏側の革のサイズが大きく違うために

かなりのたわみが発生している状態でしたが

あれこれ試して今回の仕上がりにたどり着きましたアセアセ

表側                 裏側
ロングコートの裾カットといろいろ補修
ロングコートの裾カットといろいろ補修




















最初の状態は

この裏の革の補強のために使われていた生地が

ほとんどはがれていて、

革の方は伸びて変形してしまった状態でした。
(これは修理後の写真です↓

ロングコートの裾カットといろいろ補修

本来ならすべて分解して、

裏の生地も新しく張り替えて作業をすれば

ピシッと決まる内容ですが

それをすると相当時間も費用もかかってしまいます金貨時計

なので、今回はこの部分にアイロンをかけて

形を整えることにしたのですが

それがなかなかすんなりいかず苦戦しましたぁワーイ

それでもなんとかここまで整えることができてよかったですクローバー

ロングコートの裾カットといろいろ補修


ロングコートの裾カットといろいろ補修ロングコートの裾カットといろいろ補修








持ち込まれたときに破れていた部分には

あえて紫の羊革を使って補強して、

チラ見えした時にアクセントになるようにしてみました星

ロングコートの裾カットといろいろ補修



それに合わせて

裏革をとめる飾紐も紫にしてみましたぶどう

ロングコートの裾カットといろいろ補修



ボタン部分の破れ部はこんな感じ

表側

ロングコートの裾カットといろいろ補修

↑もともとは

右の縫い目で表と裏の革を縫い留めてあったのですが

そこが破れていたので、

破れ部を裏からナイロンシートと革で補強した後

右の縫い目は裂け目を隠すために飾り縫いをし

左の縫い目で表と裏の革を縫い留めてありますOK

裏側

ロングコートの裾カットといろいろ補修

遠目に見たらこんな感じ目

ロングコートの裾カットといろいろ補修

その他にも

左ポケット部の破れ修理や

ほころび縫い

裏革留めなどもしたのですが

写真撮り忘れてます叫び

残念・・・なき



羊革ロングコート
裾カット
変形調整
左ポケット破れ部補強縫い
ボタンホール部破れ補強縫い3か所
袖口ほころび縫い3か所
裏革留め6か所
全体メンテナンス          35200円(税込み) 

作業期間              1ヵ月


ここのところのひねりて状況の影響で

この方にも3か月お待ちいただいたのですが

なんとか春先のご使用タイミングに間に合ってよかったですスマイル


ナチュラルな風合いのこのロングコート

桜にも新緑にもよく似合いそうですサクラクローバー

       
 
ロングコートの裾カットといろいろ補修








同じカテゴリー(修理(ほころび、革あてなど))の記事画像
ルイヴィトン 書類鞄の修理(その1)
ムートンジャケットの破れ部分を革で補強
Dr.Martens ブーツのファスナー交換他
革ジャケットへ飾りステッチ
ルイヴィトンパスケースのクリアシートを交換他
ルイヴィトン長財布をしっかりメンテナンス
同じカテゴリー(修理(ほころび、革あてなど))の記事
 ルイヴィトン 書類鞄の修理(その1) (2021-04-17 16:01)
 ムートンジャケットの破れ部分を革で補強 (2021-03-06 15:38)
 Dr.Martens ブーツのファスナー交換他 (2021-01-16 15:08)
 革ジャケットへ飾りステッチ (2020-11-28 16:35)
 ルイヴィトンパスケースのクリアシートを交換他 (2020-11-21 15:20)
 ルイヴィトン長財布をしっかりメンテナンス (2020-11-07 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。