› ひねりてのお直ししまSHOW

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年11月16日

持ち込みバックルを使ってベルト作成




こんにちは

やっとこの季節らしい寒さになってきましたね雪

呑気に構えてたひねりては

慌ててヒーター出したりと冬支度し始めました炎



では、今日の商品をご紹介しますカメラ


ご覧になってもお分かりと思いますが

アメリカ旅行で購入された持ち主様お気に入りのベルトです花まる

なかなか凝ったデザインの素敵なバックルですピカピカ



でも、何年物とおっしゃってたかなぁ・・・

かなりの時間を過ごしたベルトは

やはりご覧のとおりだいぶくたびれてしまって

バックルに取り付けられない状態になってしまってましたなき



最初は

ジーンズショップなど探されたら

このバックルに取り付けられるようなベルトなら

見つかるかもしれませんよとお伝えしたのですが

持ち主様なりに探して見つからなかったし

恐らくもう面倒くさかったのでしょうね

ひねりてに作成をご依頼されました家


ということで

ベルト部分を新たに作成しましたのでご覧くださいカメラ





せっかくのオーダーですので

持ち主様のサイズにぴったりの長さで作成させていただきましたgood

色はご希望された明るめの茶色です。



















カジュアルなタイプに似合うよう

コバは無色のロウで磨き上げてありますパー


今後の経年変化に自然に馴染む仕上げですクローバー

















バックル部分は元の構造と同じく

脱着可能な構造にしてありますOK














オイルヌメ(茶色)一枚革でベルト作成 10000+税円
幅4㎝X長さ112㎝
ベルト通しなしタイプ

作業期間(材料仕入れあり)      2週間 
 



元のベルトには

名前がはいっていたので

このまま捨てるのは忍びないかなぁと思って

カジュアルなPPテープ製ストラップに

飾りで取り付ける案を考えてみていましたがクローバー


引き取りに来られたオーナー様は

そんな提案をする間もなく処分を決められました天使














「そうか、やっぱそうよねニコニコ アセアセ

いい加減割り切って処分することにも

慣れなきゃ切りがないよな」

と思わせてもらえた瞬間でした雷








  


2019年11月09日

ルイヴィトンバック 根ももと内張り交換



こんにちは

今日は久しぶりに修理のご紹介ですスマイル

商品はルイヴィトンの

かわいらしい箱型ショルダーバック↓


ご依頼場所はここ↑

根ももがちぎれてしまってますねなき





反対側はまだ切れてはいませんが

そろそろ寿命も近そう・・・

という事で、両方新しく交換しますパー






























あとはここ


内張りが劣化して少しずつ表面に症状が出始めていましたガーン




パッと見まだしばらく大丈夫そうに見えますがちっ、ちっ、ちっ

大抵は使い始めた途端

使用による摩擦と紫外線の影響などで

一気にこの症状が広がってしまいます

今回もそれが予想されるような状態だったので

内張りも交換することにしましたグー



では仕上りご覧ください
















根ももは左右とも元より気持ち厚めにして

内側にはナイロンテープを入れて

元より強度あげて仕上げてありますアップ



内張りはこんな感じ


ベージュ色の豚革のスムース面を表にして

使用してあります

色、見た目とも元の雰囲気に近くて良く馴染んでますOK

この素材なら、もう合皮のような劣化を

心配する必要はありませんgood










































今回、内ポケットはなしの構造ですが

タグやアクセサリーパーツは移動させましたパー






































最後にこちらの鞄のヌメ革が

全体的に乾燥して劣化も進んでいる状態でしたので

その旨伝えてミガキも受付まして

レーダーオイル、レーダーフレーゲ

レーダーフレーゲクリームを順にたっぷり重ねて

しっかりメンテナンスさせていただきましたピカピカグー


ルイヴィトンショルダーバック
根もも交換2か所
内張り交換(豚革使用)
全体保革メンテナンス        27000+税円

作業期間             3~4週間



ひねりてでは

修理とセットでミガキのご依頼をいただくと

通常の料金の半額でさせていただいてまして

今回の場合2000+税が1000+税になっていますダウン


こちらの鞄

持ち主様が娘さんと共用するご予定とのこと

親子で仲良く愛用していってほしいですクローバー



  


2019年11月02日

11月のお休み

お知らせ
 

11月は定休日通り


毎週日曜日と第2第4月曜日に


お休みいたしますパー



定休日以外の日は

祝日でも営業しておりますので

どうぞご利用くださいませ家
  


Posted by ひねりて at 18:45Comments(0)お知らせ(臨時休業など)

2019年11月02日

漉機&ミシンメンテナンスワークショップに参加しました!



こんにちは

ちょっとご無沙汰してますアセアセ

実は先々週から鼻風邪引いちゃいまして赤面

鼻水、咳、痰と格闘していて仕事も日常も

色々抜かりだらけの日々を過ごしておりましたぁ溜め息


はい!ブログ投稿しなかった言い訳も終えたところでニコニコ アセアセ

今日は先日の講習会の様子について

少しご紹介させていただきますね!パソコン



この度の講習会は

広島出身の靴職人である実久さん発案のもので花火

かれこれ3年ほど前から

浅草で製甲師をされている康さんに

広島での講習会をするよう

ラブコールを送り続けていらっしゃったのですがハート

それが、やっとかなうことになって

ひねりてにもお声掛けいただけたという経緯がありますスマイル


広島で革に関わった作業活動をする場合

大阪や東京近辺在住の方と比べて

費用や時間などの兼ね合いから

愛用する機械類のメンテナンスを

気軽に業者に依頼しにくいという事情がありますキョロキョロ



これまでは困ったタイミングで

説明書やネットを見ながら自分なりに調整したり

購入先の業者に電話で相談して

言葉であれこれアドバイスを頂いていたわけなのですが黒電話

やはりそれだけではなかなかスッキリと思うように

不安や不満を解消することは出来なかったのでガーン

この講習会は本当にありがたい貴重な経験となりましたピカピカ



講習会の内容のメインは

漉機のメンテナンスについてで

送りのビアダル、刃、砥石の交換について

丁寧に大事なポイントを抑えつつ

康さんが実践しながら教えてくださいましたパー



その他にも

刃のゆがみの有無の判断方法や

その場合の対処方法






























厚物、薄物を漉く際の調整方法

日々のメンテナンス方法、注意点などなど

参加者の質問にも丁寧にお答えいただきました花まる



後半には

バイオレットさんでずっと大事に温存されていた!?

足踏みの18ミシンに息を吹き込み雷

動かせるように調整していく様子を見学出来ました目







































約80年物のレトロなミシン

とても存在感ある素敵な佇まいですよねぇピカピカ

ひねりてにもこういうミシンが

ディスプレイとしてでもほしいところですが

いかんせん場所が無いタラーッ

その日は一日

羨望のまなざしで眺めておりましたメロメロ



講習会の会場は

以前から交流させていただいているバイオレットさんでしたが

アナゴの寝床のようなひねりてに比べてへび

ひろ~い工房なだけに

ゆったりのびのび講習を受講させていただくことができましたクローバー




そして翌日は午後から康さんに、ひねりての工房に来ていただき拍手

漉機、総合送りの足踏みミシン、手回しの八方ミシンの3台について

点検と調整をしていただきました!拍手

















送りのビアダルは

漉きカスの絡み方や、刃との相性から検討して

石からゴムに変更してみました!

前の日の講習会の内容を踏まえて康さんに見守られながら

さっそく自分で交換してみましたグー

最終チェックで康さんにOK頂き一安心ですニコニコ


そうそう、

ビアダルは純正品を康さんに仕入れてもらったのですが

今回康さんが参考までに仕入れて持ってこられた

アマゾンで販売されている代替え品

その名を純正メーカー名のNIPPYならぬ「HAPPY」とな!?

純正の3分の一以下の価格で

購入者はハッピイという事なのでしょうか・・・

思わず参加者全員苦笑いでしたニコニコ アセアセ


写真撮り忘れてしまいましたが

気になる方はこちらの康さんのインスタでご覧あれ

試してみた康さん曰く

全然使えないし、ゴムのメリットである

表面に傷や変形が出てきた際に

刃にあてて一皮むく作業も出来ない素材だったそうでちっ、ちっ、ちっ

これは、いくら安くても

お奨めできない一品という事でした×

ご検討中の方いらっしゃったらご注意くださいませパー



さてさてそんなこんなで

前夜祭のお食事会から始まったレストランビール

ひねりて待望の3日間はあっという間に過ぎ去りましてダッシュ

振り返ってみた今思うことは

今回の機会に、これまでの我流のメンテナンスの

良い点、もっと改良すべき点を

一つづつ納得しながら確認できたことや

日頃の業界あるある話を同じ業種の方々と共有できたことは

日々の作業や仕事のあり方について

一人であれこれ思い悩むことも多かったひねりてにとって

なによりの心の栄養になったなと感じてますピカピカプレゼント



最後に気になる一枚を




















製甲師だけでなく

フォトグラファーとして活動されている康さんのカメラ

写真に関して全くの素人ですが

単純にかっこいいなぁと思ってパチリとした一枚ですカメラ

今日も康さんは

東京でワークショップを開催されてるようです家

東京近郊の方で

こういったワークショップに参加してみたい方は

康さんのインスタで(上の方の文章にリンクあります↑

今後の動向をチェックされてみるといいかもしれませんパソコン



講習会から頂いた知識と経験

刺激、意欲、自信などなど

大切に今後の糧とさせていただきますダイヤ



実久さん、康さん、バイオレットさん

参加されたみなさま

講習会を実現させてくださいまして

ありがとうございましたクローバー






  


2019年10月19日

ハーレーダビッドソン革ジャンのファスナー交換




こんにちは

今日は革ジャンのファスナー交換のご紹介ですスマイル


今回の商品は

あのハーレーダビッドソンの革ジャン

バイクに乗る時用にと古着で購入したものを

着用前にメンテナンスしようとご来店くださいました家






ご依頼場所はこちら


ファスナーの務歯が動いて、一部抜け落ちてしまっていますなき

こうなったら部分修理は不可能ですちっ、ちっ、ちっ

なので今回は、ファスナーを全交換しましたパー



では仕上がりですカメラ





全体に乾燥していて埃汚れもついている感じだったので

ミガキもさせていただきました

ミガキの内容は以下の通りです↓


ブラシとクリーナーで表面の汚れをしっかり落とし

失った油分水分を補うために

良質の植物性のオイルを状態を見ながら

数回に渡り塗りこんでたっぷり栄養を与え

最後に動物性のオイルでひつじ

再度栄養を与えつつ表面を保護して

防水効果も与えてあります雨



お陰でふっくらもちもちの質感になり

適度な艶も出て綺麗に仕上がりましたピカピカ




ハーレーダビッドソン革ジャン
ファスナー交換        11000+税
ミガキ            1500+税円

作業期間           約1か月
(材料特注あり)


ひねりてでは

他の修理とセットでみがきをご依頼いただきますと

ミガキのみの料金の半額でさせていただいてますので

ミガキも一緒にご依頼いただくとお得ですよ金貨音符


さあ、秋本番

身の回りの革製品も出番が今か今かと

うずうずしてるころではないでしょうか?

本番前の下準備には

ぜひひねりてをご利用くださいませ家


  


Posted by ひねりて at 15:17Comments(0)

2019年10月12日

法被をショルダーバックにリメイク



こんにちは

今日はちょっと珍しいリメイクのご紹介ですスマイル


まずは仕上がりからのご紹介

こちらが完成品です!

今回のオーナー様は

元々何かお仕立ての仕事をされていらっしゃった方

という事もあって

はっきりとしたイメージをお持ちでした拍手



なのでひねりては、

そのイメージをどこまで忠実に形に出来るか

という事に専念することが出来ましたハサミ


そのイメージの中でも

オーナー様が特にこだわってらっしゃった点を

いくつかご紹介しますねピカピカ



その1

この法被を使う事↓


以前所属されていた消防団で

羽織ってらっしゃったものだそうです炎



その2

内張りに帯を使う事


ファスナー付の内ポケットも

長財布が横に入るサイズをご希望されました↑



背面側には特に注文はありませんでしたが

丁度いい感じに白いラインの模様を配置できましたOK




そして一番のこだわりは

熊本の文字をここに持ってくること


ご希望のサイズに合わせるには

丸が一部途切れてしまいますが

それは問題ないという事でしたちっ、ちっ、ちっ



カット前の写真がありませんが

この背中のど真ん中に

あの熊本の文字があったんですパー


思い出を鞄に記録しておきたかったのでしょうねクローバー



内張りに使った帯




詳しい写真を撮り忘れましたが

斜め掛けできるストラップと根ももは

オイルのたっぷり入ったしぼ入りの黒革で

丈夫に作成してありますグー



法被をショルダーバックにリメイク
ナスカン付ストラップ1本、根もも2か所革で作成
ファスナー付内ポケットあり        40000+税円

作業期間                 1か月~2か月



最後に

かぶせの赤いラインもご希望のひとつです。

ラインの入れ方や方向はお任せいただいていたので

いろいろ思案の末

この位置にさせていただきました

法被の片袖部分を使っていますパー


それにしても

お引き取り時のファッションにぴったりですよねgood

その場で身につけてお帰りになられましたニコニコ



  


Posted by ひねりて at 17:32Comments(0)修理(アレンジ)

2019年10月05日

ボッテガヴェネタ長財布のファスナー&パイピング交換




こんにちは

今日はボッテガヴェネタの長財布


ボッテガといえばな編み込みタイプ



ファスナーのエレメント脇の布が擦れて破れかけていますワーイ



ぐるっと全体に施されているパイピングも擦れてしまってますなき




ということで

今回はファスナーとパイピング革を全交換しましたグー


う~ん、パッと見変わり映えしませんねぇ



ファスナーはYKKエクセラの

スライダー2個使用可能なタイプに交換してあります。

色はおそらく元の色と同じ黒ニッケルを使用パー



こっちは交換後の状態↑



こっちは交換前の状態↓


ちょっとは違いが分かるのではないでしょうか?



裏ずれはしてますが

黒のメリットが活きて、目立ちませんよねgood




ボッテガヴェネタ長財布
ファスナー交換、パイピング交換
(引手移動あり)          22000+税円

作業期間             2~3週間



実は以前も

このお財布の修理をさせていただいたことがありまして

その時は引手の革を交換しましたハサミ


こうやって同じ商品を

場所を変えて修理させていくことはよくありまして

その際、修理屋としては嬉しい

以前の修理個所との再会というご褒美を頂いてますピカピカ


今回も見覚えのある引手が

まだまだ元気でいてくれて安心しましたクローバー






  


2019年10月03日

10月の店休日

お知らせ
 

10月7日(月)、22日(火)は、

都合によりお休みしますので、

ご注意ください!パー


みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが

どうぞ以下のカレンダーを確認の上

ご利用いただきますようお願い申し上げます。家




  


Posted by ひねりて at 17:57Comments(0)お知らせ(臨時休業など)

2019年09月28日

ドイツからのお客様




こんにちは

今日は修理をお休みして

ひねりて初の外国人ゲストさんとの交流話を

少しご紹介させていただきますマイク


そのゲストさんというのは・・・ピカピカ


こちらの商品を生み出された方

タピールの社長ご夫妻です花火

日本のタピール代理店エルデの嶋田さんが

パートナーのウベさんと

ご夫妻を広島まで案内してきてくださいました飛行機


極小店舗のひねりてに

いっぺんにゲストが4人も訪ねて来てくださるなんて!

しかもそのうち3名はドイツのお方
(ウベさんは日本でドイツ語を教えていらっしゃるドイツ人です)

なんて国際的な画なんでしょう!オドロキ まぶしいピカピカ


左から嶋田さん、タピール社長のFischbachさん

ウベさん、Fischbachご婦人です


そもそも事の発端は遡ること半年前の3月に

嶋田さんから「タピールの友人が日本に来る予定なので

広島観光に案内したら会えるか?」とのお話を頂き

「もちろん!」と即答したことからで


よくよく話を伺うと

どうやらタピールの宣伝と

還暦を迎えられるお祝いを兼ねての旅行らしく

なんとドイツから陸路!オドロキ

タピールロゴ入りの愛車、ボルボで来られるとのことクルマ

(今ドイツのタピールでは
車用のワックスも製造販売しているそうです)


なので6月ごろ出発して

10月末ごろ広島に到着予定という事で

ほんとに車で来られるのか疑問に思いながらもキョロキョロ

楽しみにお待ちしてました音符

でも、こういう長旅は

予定があってないようなものですよねぇ・・・

実際は1か月早く9月末に来られたというわけですダッシュ


残念ながら車は直前のロシアの東端までで

ドイツに送り返されてました溜め息

ドイツで走っていた車を日本で走らせるには

いろいろ手続きが大変なようで、断念されたのだそうですなき

写真を拝見しましたが、

水色のステーションワゴンでとてもかわいかったですよ花まる


ということで、日本には空路東京に到着飛行機

しばらく関東を観光されたのち

広島にやってこられましたぁ

・・・はぁ、ここまでが長かったぁアセアセ

そして平和公園、宮島観光後にひねりてにご来店家


もちろん私は

ネットで調べたカタコトのドイツ語で

挨拶らしきものをした後はすべて日本語で

嶋田さんとウベさんに通訳してもらいながら

なんとかコミュニケーションをとらせてもらいましたgood
















ひねりての極小工房を興味深く見学されてた画↑



ひねりてカウンター内にてカメラ




食事会場にてレストラン


食事会には

ひねりてオープン前からご愛顧頂いている

服飾修理店のファッションリフォーム「ロビン」オーナーの

佐々部さんも合流して、賑やかな会となりましたビール



佐々部さんはまたこれも驚きですが

60歳超えたころから独学でドイツ語を学ばれ

日本在住のドイツ人と

スムーズにコミュニケーションがとれるほどの

語学力を磨かれているお方拍手

今回、ぜひ勉強のためにも生きたドイツ語に触れたい

という事で実現した交流でしたクローバー



そんなこんなで

なんとも夢のようなひと時を過ごしたわけですがメロメロ

あとになってあれも話せばよかった

これを聞いてみればよかったと思う事ばかりで

どうやらひねりて、不覚にも

慣れない国際交流に舞い上がってしまっていたようですニコニコ アセアセ



正直なところ

タピール製品についてはほとんど話せてないのですが

このご夫妻が学生時代に

自分たちの欲しい革用オイルを作ろうと

図書館で古い文献を読み漁るところから

タピールの歴史が始まったのだと思うと

ますます親しみと愛着を感じてしまってますニコニコ



それにしても

ご夫妻ともとてもおしゃれで、還暦とは思えない佇まいでしたピカピカ

そしてその足元は・・・足袋!アシ

浅草で気に入って購入以来、履いていらっしゃるそうです

ライニングがスカイブルーというのも素敵なチョイスgood

センスが光ってましたピカピカ
































この後

船で松山船道後温泉に行き温泉マーク

今治、しまなみ海道を尾道までサイクリング自転車

東京経由でドイツへと帰路につかれたようです飛行機


長旅最後の街が広島の尾道とは・・・

嬉しいです拍手


以上、ひねりての浮かれた国際交流話に

最後までお付き合いいただき

ありがとうございましたパー




  


2019年09月21日

ゲンテンショルダーバックのシミ隠し



こんにちは

今日の商品はゲンテンのショルダーバックですカメラ


今回も修理前の写真を撮り忘れるという失態をしまして

完成後の写真しかございません・・・ガーン


修理スイッチが入ると写真のこと忘れて

すぐに作業してしまいたくなっちゃうんですよねぇ

今回のは修理前の写真があったほうが

違いが分かり易かったんですけどねぇ・・・すみませんワーイ


持ち込まれた時はこのかぶせの右側に

横長の楕円形にシミが出来ていて

色が周りより濃くなっていましたなき


オーナー様曰く

お孫さんのお守をしていたころに気づいたらできていたのもので

何のシミかは不明とのこと

こういう天然な風合いの革は

周りからの刺激に素直に反応しやすいという特徴があるので雷

しっかり染め仕上げをしている革に比べると

シミも汚れも浸み込んで定着し易いんですよねぇ悪魔

シミの部分は周りより固くなっていましたがいこつ



で、今回はオーナー様と相談して

このキーホルダーの柄を抜いて

シミを隠すことにしたというわけです↓




いかがでしょう?


最初は真ん中も抜いたままにする予定だったのですが

穴をあけてみると、革自体が固く乾燥していたこともあって

1か所切り口から割れてきてしまいタラーッ

隣の穴とつながりそうな状態になってしまったのでアセアセ

急遽予定変更して

裏から革をあてて補強して仕上げましたグー

特に大きな力のかからないかぶせ部分なので

この程度の補強で充分問題ないと思いますOK


仕上げに周りをステッチで囲って

シミの境界線に目が行かないようにしておきましたグー




ゲンテン ショルダーバック
シミ隠しアレンジ(柄抜き加工)   4000+税円

作業期間              2~3日


今回はキーホルダーを

そのまま参考にして型紙が作れたので

料金も抑えることが出来ましたダウン

新たにモチーフを考えたり、作成したりする場合は

追加料金を頂くことになりますのでご了承くださいませ パー  



オーナー様は

これならシミを気にせず使えると喜んでくださいましたニコニコ


出来てしまったシミはゼロには出来なくても

隠したり、皆既日食

ごまかしたりキョロキョロ

あえて模様を活かして加工してみたりすることでハサミ

さらに愛着湧く一品に変身させることも可能です王冠ピカピカ

みなさまのタンスに眠る一品も例外ではないかも!?

挑戦してみたい方は一度ひねりて迄ご相談くださいませアシ