› ひねりてのお直ししまSHOW

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年08月17日

TUMIレザーブリーフケースの持ち手革カバー交換



こんにちは

ご心配おかけしておりましたが

ひねりては、台風の影響もなく

昨日より元気に営業しております!家



さて、本日の商品は

お馴染みのTUMI製ブリーフケース!?


お馴染なようで実はこちら、総革製

形は良く見かけるタイプと似てますが

革ならではの上質感漂う一品ですピカピカ







今回のご依頼場所もこれまた同様に

こちらの持ち手↓




カバー部分が劣化してひび割れてきています悪魔



このカバー部分も

これまでご依頼いただいたものとちょっと違っていて

これまでこのタイプは仕上げ方がコバ仕上げだったのですが

へりかえし処理の仕上げになっていましたパー



では仕上りご覧くださいカメラ


当店ではご依頼の多いTUMI用に

質感つや感の近い革をご用意してありますので

今回もいい感じに馴染ませることが出来ましたgood







TUMIブリーフケース、レザー製
持ち手革カバー交換(全長25.5㎝)  14000+税円

作業期間               1~2週間



持ち主様曰く

だいたい5年ほど使い続けたカバンという事でしたが

ご自身でも時々お手入れをされていらっしゃる

という事もあって

持ち手部分以外は状態も良く拍手

いい感じにエイジングされてきていましたので

これからもさらに5年10年・・・と

共に歩んでいってほしいなと思っておりますボストンバック



今月は通常と異なり

毎週日曜、月曜

お休みいただいておりますので

どうぞご注意くださいませ!パー



  


2019年08月15日

臨時休業のお知らせ

 
お知らせ
 

本日8月15日は


台風の接近に伴い


臨時休業とさせていただきます。家




皆様もどうぞ気をつけてお過ごしくださいませクローバー

  


Posted by ひねりて at 09:41Comments(0)お知らせ(臨時休業など)

2019年08月10日

スエード革シャツ型ジャケットの袖丈カット


こんにちは

さっそくですが、本日の商品は

スエードのシャツ型ジャケットですカメラ



オーナー様が古着をネットで購入されたものですパソコン

そして、ネットショッピングのあるあるだと思いますが

実際に届いてみると、袖丈が長すぎたため

ひねりてにご相談に来られたというわけです家



こういう場合、通常よくご依頼いただくのは

袖先からのカットなのですがちっ、ちっ、ちっ

今回袖先からご希望される長さまで短くしてしまうと

もともとついているボタンのボタンホールが

中途半端に残ってしまうなど

お気に入りの袖口周りのデザインの良さが

多きく損なわれてしまうためアセアセ

肩の付け根側からのカットでご依頼いただきましたハサミ



ただ、その場合

もう少しゆとりが欲しいかな?と思うくらい

このジャケットが

オーナー様の体にぴったりのサイズだったのでタラーッ

カットと同時に袖幅も広げる必要がありますパー


ということで

結構大掛かりな作業となりましたが

こんな感じに仕上がりましたので

ご覧ください↓





before                                     after












before



after



ジャケットの革はおそらく牛のスエード革ですがウシ


幅だしに使用したのは豚のスエード革ですブタ


ジャケットの革は銀面の無い床革なので

柔らかく体に馴染みやすいという長所アップ の反面

あまり丈夫とはいえず

破れやすいという短所ダウンもありますので

負荷のかかり易い脇下部分には

あえて薄くて軽くて丈夫な豚革を使用しましたパー


革の種類は違いますが

色合いが近いためかなりうまく馴染んでいます花まる




before                                     after





















before                                     after












裏地も同様に肩先からカットして幅出しもしてありますパー








スエード革シャツ型ジャケット
肩付け根側から袖丈カット(5㎝)
袖幅出し(脇下部分から約20㎝先まで)
裏地も同様にカット+幅出し   32000+税円

作業期間            約1か月



仕上がり後にオーナー様に着用していただくと

肩回りは問題ありませんでしたが

肘下あたりが元より少し窮屈そう・・・叫び

今回の作業方法では

多少元より袖幅が細くなるとは思いますが

着心地に影響が出ることになるほどとは

予想できませんでしたガーン


オーナー様は

汗もかいててくっついてるから正確にわからないし

少しは伸びるでしょうからと

とりあえず着てみるとおっしゃって下さいましたがなき

また折を見てその後の着心地を確認させていただき

必要な対応を相談させて頂こうと思いますクローバー


今回の教訓

「カット後のサイズ変化には要注意!

ですねアセアセ

大変勉強になりました本







  


2019年08月03日

FREITAGのショルダーバックを使いやすくアレンジ



こんにちは

今日の商品はこちらのショルダーバック

FREITAG生まれの鞄ですカメラ




FREITAGといえば

トラックの幌を再利用して作られている

一つとして同じものが無い商品ということで

有名だと思いますがパー

ひねりて的には、その商品の生み出し方が興味深く

好感の持てるメーカーです花まる



さてそのFUREITAGから生まれたこちらの鞄、

持ち主様的には

天口部分の使い勝手が良くないという事ちっ、ちっ、ちっ


というのは、このベルトを外して↑

折れ曲がった天口を広げて中身を出し入れする

というのが不便という事でした×


まあ、セキュリティ面では安心なデザインだと思いますがクローバー

たしかにパパッとスムーズに物を出し入れすることは

出来ないですねキョロキョロ



ということで、

今回はこんな感じにアレンジしてみました↓


長さをだいたい12~13センチほどカットしてますハサミ




元の天口周りのパーツは活かしたい

というご要望だったので、間をカットして

元の入り口にいろいろパーツがついている部分を

少し加工した上で、再度取り付けてありますパー


なので、元の仕様通り

内側のナイロンベルトを持つと

手提げかばんとしても使えますgood



表側




裏側








これならストレスなく

物の出し入れが出来ますねOK


FREITAGショルダーバックの長さを
短くカットアレンジ        7000+税円

作業期間             1週間




持ち主様はお店に入るなり

一目で気に入って下さいました拍手


この方

いつもこういう機能面でのアレンジを

依頼してくださいます家

ご自身にとってどうすればストレスを無くせるのかが

よく分かっていらっしゃる方ですよねクローバー

ひねりても見習いたい

素敵な物付き合いだなと思いますピカピカ





  


2019年07月29日

8月の店休日

 
お知らせ
 
お盆休みは

8月11日(日)~14日(水)です。

また、8月は通常と異なり

月曜日を毎週お休みしますので

どうぞご注意ください!
家




お盆休み少な目で8月15日から営業しておりますので

お休みの方はこの機会にどうぞご利用くださいませクローバー






  


Posted by ひねりて at 18:12Comments(0)お知らせ(臨時休業など)

2019年07月27日

バイク用グローブの修理


こんにちは

広島は数日前に梅雨が開けました晴れ

梅雨の間も蒸し蒸し暑かったけどタラーッ

カンカン照りはもう溶けて蒸発してしまいそうで

参りますね~赤面

これからしばらく熱帯夜との戦いが続きそうです・・・星空炎





さて、今日の商品はこちらのバイク用グローブですカメラ


手のひらの革パーツが破れてます




バイク用のグローブってあちこちに

プラスチックやクッションなどのプロテクターがついていて

正直修理しにくい構造のものが多いのですがガーン

この構造のお陰で

中の手は守られてるという事なんでしょうね

今回も持ち主様の掌は無事守られたという事で良かったです拍手


このグローブは

まだそんなに使っていないという事で

手のひら部分以外は元気なので

破れた部分の修理をご依頼いただきました家


では仕上りご覧ください↓


今回予算の兼ね合いもあって

出来るだけ費用を抑える為にダメージ軽めの左手の方は

部分的に上から革をあててカバーして仕上げましたパー




逆にこちらは重傷だったので

破れた革パーツを手首の上部分からカットして

新しく交換しましたピカピカ



before                                    after























左右両方とも一応型紙を作って作成したのですが

こういう立体的な形のものは

なかなかパシッと思うように模るのが難しく

下準備にあれこれもたもたしておりましたアセアセ



特にこの辺に気を使いましたが↓















いい感じに元と同じ位置にカバーできましたgood





バイク用グローブ
右手ーパーツ交換
左手ー部分革あて補強   12000+税円

作業期間         2週間前後



今回持ち主様が

インスタグラムにアップしてくださっていたのが

思いがけず嬉しかったことです花まる

ありがとうございましたニコニコ





  


2019年07月20日

アイグナー、セミショルダーのストラップ交換


こんにちは

今日の商品はこちら

アイグナーのセミショルダーですカメラ




ストラップが全体に乾燥していて

数か所でパキッと折れたりちぎれてしまってますがいこつ




一見厚みがあって丈夫そうですが

中の紙芯が乾燥しきっているために

こんな感じで、簡単に割れてしまう状態でしたアセアセ




ということで

ストラップを新しい革で作りかえて取り付けましたハサミ


























































いかがでしょう?

丁度元の革と質感や風合いの似た革がご用意できたので

かなりしっくり馴染んでいます拍手





こうやって見ると元より色が明るいですが↓




元の状態のままの

底コーナーのあて革と比べると

あまり変わらないですよね↓


おそらくストラップも最初はこのくらいの明るさで

使用によって焼けて

今の状態になったのではないかと思いますキョロキョロ


新しいストラップには革だけで厚みを付けて

間にナイロンテープの芯を入れて仕上げてあるので

元のストラップのように

乾燥によって簡単に割れてしまうような事にはならないよう

丈夫に出来ていますグーアップ








AIGNER セミショルダー
ストラップ交換(分解あり)  10000+税円

作業期間           7~10日間




今回は元の革や糸色と

かなり近いものをご用意できたこともあって

いい感じに馴染む仕上がりに出来ました花まる

オーナー様にも喜んでいただけて

一安心してるとこです音符



ストラップの乾燥具合に比べると

本体はヌバックでまだ油分もある様子だし

状態も良かったので

今後また長く元気に活躍してくれると期待してますクローバー


          

  


2019年07月13日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2)





こんにちは

さっそくですが、前回の続きです


ルイ・ヴィトンのボストンバックが

こんなトートバックに生まれ変わりましたので

ご覧くださいカメラ


今回持ち主様のご希望で

革部分は本体の色に近い濃い濃茶で作成しましたパー

ご本人様もおっしゃってましたが

とてもシックにどんなスタイルにでも合わせやすい

仕上がりになったと思いますピカピカ




持ち手は

厚着の冬にも問題なく肩にかけて使える程度の長さで

鞄本体の端から端までが約50㎝です




持ち手付け根の本体内側には革とナイロンテープで

しっかり補強してありますグー







天口周りのテーピングもこんな感じにまとめてあります





横から見た図


ここはひねりて的に

ミシンの糸調子を合わせるのが難しく

ちょっと苦手なところなんですがアセアセ

今回は割とすんなり仕上げられました花まる


内側から見た図


補強テープにも軽くて扱いやすいモノグラムと

アクリルテープを使用することで

ヌメ革を使用するよりコストダウンできていますOK



分解したときはこんな感じで

変形跡がくっきり残っていたので

綺麗に汚れを落とした後

アイロンで出来るだけ折跡をとって作業してあります




それでも、やはりこの後は残ります↓




























もちろん跡が残るのは、持ち主様ご了承の事ですが

元々あった革帯を取り外して

そこに何も縫い留めないで仕上げてあるため

ステッチ跡はそのまま残るし、

革があったところとなかったところのモノグラムの色合いも

微妙に違いますキョロキョロ



ほら、内側から見たらよく分かりますでしょニコニコ




































角度によってもこんな感じ


でも、全体的に引いてみたら

ひねりて的にも、持ち主様的にも気にならないので

OKということなんですねOK



これはもともとついていたDカンです。

















特にこれを取り付ける予定ではありませんでしたが

ひねりてのサービスですクローバー

内ポケットも何もない鞄なので、

ここにキーホルダーをひっかければ使いやすいかなと・・・鍵



持ち主様にも喜んでいただけました拍手






ルイ・ヴィトン、キーポル45をトートバックにリメイク
サイズ(W28XH30XD14㎝)       58000+税円

作業期間                  約1か月半




ちなみにこの方

ひねりての以前のブログの作業例を見て

ご相談に来られました家

2018/04/14
ルイ・ヴィトン キーポル バンドリエールをリメイク!

これは革部分がすべてヌメ革で

内側の補強テープにもヌメ革を使用してあり

今回より少し横長サイズのタイプですパー


良かったら参考までに・・・


  


2019年07月06日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1)



こんにちは

ちょうど一年前の今日

西日本豪雨災害があったなんて思えないほど

今日の広島は晴天です。


被害に遭われた方全員が

一日も早く日常を取り戻されることと

災害で亡くなられた方々のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。


つい先日の九州地方での豪雨といい

ここ数年、災害につながる天候が増えてきてますよね・・・

今日のこの日を

水害への備えについて意識し、

点検する日にさせていただきたいと思います。




では、当たり前に仕事ができる毎日に感謝して

今日も修理のご紹介です。

商品はこちらのルイ・ヴィトンのボストンバックボストンバック

恐らくサイズ的にキーポル45だと思います。





革部分は全体的に乾燥が進んでいて

ずいぶん弱っていましたなき



























以前は旅行に活躍していた鞄ですが

最近はキャスター付きのスーツケースに押されて

なかなか出番もなく

このままでは

劣化への一途をたどるばかりと思われた持ち主様が

一念発起して雷

ひねりてに相談しに来られたというわけです家





確かに、この鞄にいっぱい荷物を入れたら

ドア・トゥ・ドアでなければ持ち歩くのは大変で

出番が少なくなるのも致し方ないですよねぇアセアセ

この持ち主様のご希望は

日常的に使いやすい

トートバックに作り替えることでしたピカピカ





ってことで

お手持ちの使いやすいトートバックを参考に

このボストンバックでとれるサイズを

割り出しながら打ち合わせをし

トートバックに作り替えることにさせていただきましたパー






では分解ですハサミ


今回は弱っていた革パーツはすべて取り外して

新たにこげ茶色の革で必要なパーツを作成して

組み立てることにしましたグー




仕上がりはまた次回のお楽しみなんですが・・・

気になりますよねぇ目






じゃあ、ちょっとだけよっ音符

こんな感じに仕上がりました↓




詳細は次回のお楽しみという事で

皆さま良い週末をお過ごしくださいませクローバー



  


2019年06月29日

ルイヴィトン モノグラム長財布の破れ補修


こんにちは

本日の広島、蒸し暑いです

歩いてたら蒸しパンになってしまうんじゃないか

と思うくらいに蒸し暑い・・・赤面

ってのは言いすぎですが、でも、嫌な暑さですアセアセ

早く雨になって落ちてきてほしいな雨



さて、今日の商品はこちら

ルイヴィトンの長財布です




小銭入れはがま口タイプ




持ち主様ご愛用の30年近く経った代物ですが

綺麗に使われていますピカピカ


それでも、やっぱり経年劣化は進みますね悪魔



今回のご依頼場所はこちら↓















札入れの左側がステッチのラインに沿って破れてしまっていますタラーッ



この持ち主様

4年ほど前に赤丸部分のほころび修理や

ホックとファスナーの引手交換を

ブランド本店でしてもらったそうなのですが

その直後に

今回の場所が裂けてしまったという事叫び

再度ブランドに相談すると、その部分の修理は不可能と言われ

やむなくひねりてに相談に来られたというご事情でしたマイク


たしかに修理直後に別の場所が壊れたら

そのまま諦めるのも切なすぎますよねなき


ということで

ひねりてで可能な方法をあれこれ説明させていただき

今回は出来るだけ見た目が元と同じように見える仕上げで

作業させていただくことになりましたパー

では仕上りご覧くださいカメラ


破れ部分を大きく分解し

破れていたパーツの表革と内張りとの間に

ナイロンテープを接着で挟み込み

元の状態に戻して縫い留めてありますグー



モノグラム側から見るとこんな感じ

















コバも少し整えました









ルイヴィトン長財布
革破れ部補強修理1か所   6000+税円

作業期間          1週間



仕上がった商品のお引き取りは

ご主人様が来られたのですが

その後、お礼メールが届き

満足いただけた様子が分かってうれしかったですニコニコ