お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2017年10月14日

COACH ベルトを補強修理




こんにちは、

今日の商品はCOACHのベルトですへび



長年のご使用で

ベルト穴付近の革が劣化しダウン

ステッチ部分の穴から革が裂けてきています大泣き


片面は濃茶色で


反対側は黒色です




バックルのメッキも剥がれて年季が入ってますね時計




おそらくリバーシブルで使えるようになっているベルトですが

持ち主様はもっぱら濃茶面を表にして使用されていました。







今回はこのベルト穴の周辺の革を

部分的に交換して修理することにしました

では仕上がりをご覧くださいカメラ




濃茶色側にはあえて、

明るい赤茶の革を使用してアクセントにしました!




反対の黒色側には

元と同じような質感の黒色にして周りと馴染ませましたクローバー







今回は持ち主様と相談の上で

あえて赤茶色でアクセントをつけてみましたが

なかなかいい感じに仕上がってくれて、

持ち主様も喜んでくださいました花まる



COACH ベルト
ハトメ穴周辺の革を新しく交換  10000+税円

修理期間            2週間




こちらのベルト

以前ご紹介したクエールの鞄と同じ持ち主様のもので

あの鞄の引き取り時に、

入れ替えでこのベルトをご依頼くださいました家


今までにもこういうケースは結構よくありまして

ひとつ修理を依頼されると、

何かのスイッチが入るのでしょうか雷

そういえばあれも、これもと

次々修理したいものが思い浮かんでくるようですボストンバック


こうやって修理をして物を使い続けたいタイプの方は

たくさんお宝を眠らせていらっしゃるのでしょうね王冠

・・・と、そういうひねりても同類でしてアセアセ

直したい洋服や物が

押し入れの中で順番待ち状態ですワーイ


そろそろ私物の修理にも手を付けていこうかなぁ?

と季節の変わり目ごとに思うひねりてでありますニコニコ



  
  • LINEで送る


2017年10月07日

ナンタケットバスケットの持ち手を部分修理




今日の商品は

こちらのナンタケットバスケット


ご覧のとおり

持ち手の付け根が裂けて、本体からはずれてしまってますワーイ


良く見てみるとこちらの持ち手は合皮で出来てました。

合皮は日ごろ使用するには扱いやすくて

気楽に使いやすい素材ではあるのですが

今回のこの構造には強度が不十分なようですねダウン



オーナー様と相談の上で

こんな仕上げにしてみました。


持ち手の強度が必要な付け根部分4か所とも

部分的に新しい革に交換しました。

元の持ち手の薄い若草色に

ぴったりの色合いの革はなかったので

かごの色合いに馴染むベージュの革を使用してますパー


裏側にはナイロンテープを貼って強度を上げていますので

元の合皮の状態に比べるとずいぶん丈夫に仕上がっていますアップ













かごの底には板が使用されていました。

なんだか佇まいが素敵で、お洒落なかごですピカピカ





ナンタケットバスケット
持ち手根部分交換4か所   9000+税円

修理期間          1週間



こちらのナンタケットバスケット

アメリカのボストン郊外に浮かぶ小さな島、

ナンタケット島で昔から作られている伝統工芸品で

バスケット界のエルメスとまで言われる

上質な一品なのだそうですマイク



まるでよく知ってるかのように書いておりますが

これは、先週もここで登場した

ビアリッツのオーナー様から教えていただいた

まめ知識でございます・・・ニコニコ アセアセ



そうです、この鞄はそのオーナー様からのご依頼でした花まる



いつもご利用いただき

そして無知なひねりてにご教授頂き

ありがとうございます家

精進してまいりますダッシュ








  
  • LINEで送る