› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(持ち手関連)

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年11月09日

ルイヴィトンバック 根ももと内張り交換



こんにちは

今日は久しぶりに修理のご紹介ですスマイル

商品はルイヴィトンの

かわいらしい箱型ショルダーバック↓


ご依頼場所はここ↑

根ももがちぎれてしまってますねなき





反対側はまだ切れてはいませんが

そろそろ寿命も近そう・・・

という事で、両方新しく交換しますパー






























あとはここ


内張りが劣化して少しずつ表面に症状が出始めていましたガーン




パッと見まだしばらく大丈夫そうに見えますがちっ、ちっ、ちっ

大抵は使い始めた途端

使用による摩擦と紫外線の影響などで

一気にこの症状が広がってしまいます

今回もそれが予想されるような状態だったので

内張りも交換することにしましたグー



では仕上りご覧ください
















根ももは左右とも元より気持ち厚めにして

内側にはナイロンテープを入れて

元より強度あげて仕上げてありますアップ



内張りはこんな感じ


ベージュ色の豚革のスムース面を表にして

使用してあります

色、見た目とも元の雰囲気に近くて良く馴染んでますOK

この素材なら、もう合皮のような劣化を

心配する必要はありませんgood










































今回、内ポケットはなしの構造ですが

タグやアクセサリーパーツは移動させましたパー






































最後にこちらの鞄のヌメ革が

全体的に乾燥して劣化も進んでいる状態でしたので

その旨伝えてミガキも受付まして

レーダーオイル、レーダーフレーゲ

レーダーフレーゲクリームを順にたっぷり重ねて

しっかりメンテナンスさせていただきましたピカピカグー


ルイヴィトンショルダーバック
根もも交換2か所
内張り交換(豚革使用)
全体保革メンテナンス        27000+税円

作業期間             3~4週間



ひねりてでは

修理とセットでミガキのご依頼をいただくと

通常の料金の半額でさせていただいてまして

今回の場合2000+税が1000+税になっていますダウン


こちらの鞄

持ち主様が娘さんと共用するご予定とのこと

親子で仲良く愛用していってほしいですクローバー



  


2019年08月17日

TUMIレザーブリーフケースの持ち手革カバー交換



こんにちは

ご心配おかけしておりましたが

ひねりては、台風の影響もなく

昨日より元気に営業しております!家



さて、本日の商品は

お馴染みのTUMI製ブリーフケース!?


お馴染なようで実はこちら、総革製

形は良く見かけるタイプと似てますが

革ならではの上質感漂う一品ですピカピカ







今回のご依頼場所もこれまた同様に

こちらの持ち手↓




カバー部分が劣化してひび割れてきています悪魔



このカバー部分も

これまでご依頼いただいたものとちょっと違っていて

これまでこのタイプは仕上げ方がコバ仕上げだったのですが

へりかえし処理の仕上げになっていましたパー



では仕上りご覧くださいカメラ


当店ではご依頼の多いTUMI用に

質感つや感の近い革をご用意してありますので

今回もいい感じに馴染ませることが出来ましたgood







TUMIブリーフケース、レザー製
持ち手革カバー交換(全長25.5㎝)  14000+税円

作業期間               1~2週間



持ち主様曰く

だいたい5年ほど使い続けたカバンという事でしたが

ご自身でも時々お手入れをされていらっしゃる

という事もあって

持ち手部分以外は状態も良く拍手

いい感じにエイジングされてきていましたので

これからもさらに5年10年・・・と

共に歩んでいってほしいなと思っておりますボストンバック



今月は通常と異なり

毎週日曜、月曜

お休みいただいておりますので

どうぞご注意くださいませ!パー



  


2019年07月20日

アイグナー、セミショルダーのストラップ交換


こんにちは

今日の商品はこちら

アイグナーのセミショルダーですカメラ




ストラップが全体に乾燥していて

数か所でパキッと折れたりちぎれてしまってますがいこつ




一見厚みがあって丈夫そうですが

中の紙芯が乾燥しきっているために

こんな感じで、簡単に割れてしまう状態でしたアセアセ




ということで

ストラップを新しい革で作りかえて取り付けましたハサミ


























































いかがでしょう?

丁度元の革と質感や風合いの似た革がご用意できたので

かなりしっくり馴染んでいます拍手





こうやって見ると元より色が明るいですが↓




元の状態のままの

底コーナーのあて革と比べると

あまり変わらないですよね↓


おそらくストラップも最初はこのくらいの明るさで

使用によって焼けて

今の状態になったのではないかと思いますキョロキョロ


新しいストラップには革だけで厚みを付けて

間にナイロンテープの芯を入れて仕上げてあるので

元のストラップのように

乾燥によって簡単に割れてしまうような事にはならないよう

丈夫に出来ていますグーアップ








AIGNER セミショルダー
ストラップ交換(分解あり)  10000+税円

作業期間           7~10日間




今回は元の革や糸色と

かなり近いものをご用意できたこともあって

いい感じに馴染む仕上がりに出来ました花まる

オーナー様にも喜んでいただけて

一安心してるとこです音符



ストラップの乾燥具合に比べると

本体はヌバックでまだ油分もある様子だし

状態も良かったので

今後また長く元気に活躍してくれると期待してますクローバー


          

  


2019年07月13日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2)





こんにちは

さっそくですが、前回の続きです


ルイ・ヴィトンのボストンバックが

こんなトートバックに生まれ変わりましたので

ご覧くださいカメラ


今回持ち主様のご希望で

革部分は本体の色に近い濃い濃茶で作成しましたパー

ご本人様もおっしゃってましたが

とてもシックにどんなスタイルにでも合わせやすい

仕上がりになったと思いますピカピカ




持ち手は

厚着の冬にも問題なく肩にかけて使える程度の長さで

鞄本体の端から端までが約50㎝です




持ち手付け根の本体内側には革とナイロンテープで

しっかり補強してありますグー







天口周りのテーピングもこんな感じにまとめてあります





横から見た図


ここはひねりて的に

ミシンの糸調子を合わせるのが難しく

ちょっと苦手なところなんですがアセアセ

今回は割とすんなり仕上げられました花まる


内側から見た図


補強テープにも軽くて扱いやすいモノグラムと

アクリルテープを使用することで

ヌメ革を使用するよりコストダウンできていますOK



分解したときはこんな感じで

変形跡がくっきり残っていたので

綺麗に汚れを落とした後

アイロンで出来るだけ折跡をとって作業してあります




それでも、やはりこの後は残ります↓




























もちろん跡が残るのは、持ち主様ご了承の事ですが

元々あった革帯を取り外して

そこに何も縫い留めないで仕上げてあるため

ステッチ跡はそのまま残るし、

革があったところとなかったところのモノグラムの色合いも

微妙に違いますキョロキョロ



ほら、内側から見たらよく分かりますでしょニコニコ




































角度によってもこんな感じ


でも、全体的に引いてみたら

ひねりて的にも、持ち主様的にも気にならないので

OKということなんですねOK



これはもともとついていたDカンです。

















特にこれを取り付ける予定ではありませんでしたが

ひねりてのサービスですクローバー

内ポケットも何もない鞄なので、

ここにキーホルダーをひっかければ使いやすいかなと・・・鍵



持ち主様にも喜んでいただけました拍手






ルイ・ヴィトン、キーポル45をトートバックにリメイク
サイズ(W28XH30XD14㎝)       58000+税円

作業期間                  約1か月半




ちなみにこの方

ひねりての以前のブログの作業例を見て

ご相談に来られました家

2018/04/14
ルイ・ヴィトン キーポル バンドリエールをリメイク!

これは革部分がすべてヌメ革で

内側の補強テープにもヌメ革を使用してあり

今回より少し横長サイズのタイプですパー


良かったら参考までに・・・


  


2019年07月06日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1)



こんにちは

ちょうど一年前の今日

西日本豪雨災害があったなんて思えないほど

今日の広島は晴天です。


被害に遭われた方全員が

一日も早く日常を取り戻されることと

災害で亡くなられた方々のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。


つい先日の九州地方での豪雨といい

ここ数年、災害につながる天候が増えてきてますよね・・・

今日のこの日を

水害への備えについて意識し、

点検する日にさせていただきたいと思います。




では、当たり前に仕事ができる毎日に感謝して

今日も修理のご紹介です。

商品はこちらのルイ・ヴィトンのボストンバックボストンバック

恐らくサイズ的にキーポル45だと思います。





革部分は全体的に乾燥が進んでいて

ずいぶん弱っていましたなき



























以前は旅行に活躍していた鞄ですが

最近はキャスター付きのスーツケースに押されて

なかなか出番もなく

このままでは

劣化への一途をたどるばかりと思われた持ち主様が

一念発起して雷

ひねりてに相談しに来られたというわけです家





確かに、この鞄にいっぱい荷物を入れたら

ドア・トゥ・ドアでなければ持ち歩くのは大変で

出番が少なくなるのも致し方ないですよねぇアセアセ

この持ち主様のご希望は

日常的に使いやすい

トートバックに作り替えることでしたピカピカ





ってことで

お手持ちの使いやすいトートバックを参考に

このボストンバックでとれるサイズを

割り出しながら打ち合わせをし

トートバックに作り替えることにさせていただきましたパー






では分解ですハサミ


今回は弱っていた革パーツはすべて取り外して

新たにこげ茶色の革で必要なパーツを作成して

組み立てることにしましたグー




仕上がりはまた次回のお楽しみなんですが・・・

気になりますよねぇ目






じゃあ、ちょっとだけよっ音符

こんな感じに仕上がりました↓




詳細は次回のお楽しみという事で

皆さま良い週末をお過ごしくださいませクローバー



  


2019年05月25日

BREE セミショルダーバックの持ち手交換とメンテナンス



こんにちは

今日の商品はこちらです↓




グレー系のスエード革に

かわいい刺繍が施されたセミショルダーバックボストンバック



ご依頼場所はこちらの持ち手


手で持つ部分もそうですが

本体に縫い留められている部分の革も裂けてきていたので

持ち手を交換することにしました。



では仕上りご覧くださいカメラ


同じ色合いのスエードは持ち合わせがなかったし

出来るだけ強度も上げたかったので

しぼ入りスムース革のこげ茶を表に

スムース革の紫を裏に使って作成しましたグー




オーナー様のご要望で持ち手部分は

元のようには折り曲げずに仕上げてありますパー



ステッチは裏側の色に合わせて紫色にしてあります↓


深い紫色なので、

光の具合によってはあまり目立ちませんが

その隠れたお洒落的な感じが素敵でピカピカ

オーナー様にも気に入っていただけました花まる





こちらの鞄はBREEさんの商品なんですが

BREEといえばヌメ革製の鞄をイメージするひねりては

初めてお目にかかったデザインです目

















この刺繍が良く出来ていて

こんな風にステッチで表現できるんだなぁ

と感心してしまいました拍手


良く表現出来てますよねぇ花まる



ウサギやウザギ














ハリネズミもかわいいですねずみ


















せっかくのかわいい刺繍ですので

持ち手の付け根のこの部分も移動させて残しましたハサミ

before                                     after




















あとは、この機会に出来るだけ汚れも落としましょうと

ミガキを引き受けさせていただいたのですが・・・アセアセ

違い分かりますか?しょんぼり

before                                     after











  


















いい訳ですが

刺繍を傷めずに汚れを落とすのはなかなか困難でして

スプレータイプ、消しゴムタイプ、生ゴム、金ブラシ、砂けしタイプ

とあらゆるクリーナーを駆使してみたのですが・・・タラーッ

結果こんなまだらな感じの仕上がになりましたニコニコ アセアセ


でも、折り跡部分が黒ずんでいたところやシミは

ずいぶん目立たなく出来ていますよOK






BREE セミショルダーバック
持ち手交換(刺繍部分移動)
全体メンテナンス        24000+税円




サイズ的にしっかり荷物も入りつつ

持ち易そうな一品

これからさらに活躍してくれるでしょうね溜め息


そしていつか

青い鳥まで導いてくれるといいなぁ音符

なんて妄想は膨らみますクローバー






  


2019年03月16日

ルイヴィトン、エピのボストンバックをトートバックにリメイク(その1)




こんにちは!

今日は、インスタグラムでちら見せしておりました

こちらの商品ボストンバック


ルイヴィトン、エピ、スピーディ30のボストンバックです。




発売当時は良く見かけた鮮やかなブルー

目を引く綺麗な色ですねピカピカ



オーナー様のご要望は

まずこの持ち手のコバの劣化をきれいにすることと




この擦れた部分をなんとかすることと


ご希望の形にリメイクすることですパー




これはなかなかの難問だったんですがアセアセ

オーナー様に具体的なイメージがあり

見本を持ってご相談いただけたので

見積と打ち合わせの時間をしっかり頂いたうえで

受付けさせていただきました家



言葉だけで

内容についてあれこれ説明しても分かりにくいので

写真とともにご説明させてもらいますねカメラ



ではまず分解ですハサミ


これは何度経験しても緊張感のある作業でして

責任の重さを一番感じる瞬間でございます雷

もうやるしかないグー

前に進むしかないダッシュ

・・・・とね



そして、修理には分解して気付く

予想外の事はつきものなんですが

今回のは結構焦りましたタラーッ


マチについていたポケットを取り外してみると

隠し扉が・・・・オドロキ

これは、この鞄を組み立てる工程において

必要な切り込み口のようで

内側から革を貼ってふさいであったこともあって

ひねりては、事前にこの構造に気づくことが出来ておらず

発見した時はしばらく固まってしまいましたぁ叫び雪


というのも今回の

オーナー様のご希望の鞄に仕上げるには

このマチ部分をしっかり使う必要があったからなんですパー


冷静になって

良くよく吟味した結果キョロキョロ

何とかぎりぎりご希望のサイズくらいには仕上げられそうで

内張りに革を貼った跡が残っている所には

元と同じように元々貼ってあった革を貼リ戻す事で

オーナー様にご了承を頂け一安心天使

良かったです花まる



持ち手や根ももは取り外した時に

劣化したコートを取り除いて新しくコートしなおしましたピカピカ

before                                   after























before




after




その後

底の端の方の擦れた部分は無くなるように

カットしたうえで組み立てていきます↓





大体仕上がりのイメージついてきましたでしょうか?




ここまで来たらあと少しなのですが

ここからまた予想外の事に遭遇し悪魔

頭を悩ますこととなりましたぁキョロキョロ


では

その予想外の展開と仕上がりについては

また次回のお楽しみという事で音符

・・・今日はこの辺で失礼しまーすダッシュ






  


2019年02月02日

ハンドバックに脱着可能なストラップを作成


こんにちは

今日はアレンジ修理のご紹介ですスマイル


商品はこちらのハンドバックカメラ


青系統のコントラストがなんとも目を引く

お洒落な一品ですピカピカ



今回のオーナー様のご希望は

この鞄を斜め掛けに出来るようにしたいという事マイク




良く見てみると目

持ち手は脱着可能な構造になっていたのでOK

斜め掛けできる長さのストラップを新たに作成して

ハンドバックにもショルダーバックにも出来る

ツーウェイバックにアレンジさせていただくことにしましたグー



元々の持ち手は

かなり濃いめのこげ茶色でしたが

今回は費用を抑える目的もあって

鞄の中にもある黒色の

平レース革を使用することにしましたパー


裏には黒い革を貼って、コバを磨いて仕上げてありますgood


斜め掛けしたいときは

こんな感じに元の持ち手を取り外して

新しく作成したストラップを取り付けます↓






ハンドバック
ショルダー用のストラップ(134㎝)作成  9000+税円

作業期間(材料仕入れ有)          2週間




ところでこの鞄、全体的にとてもカラフルで

ちょっとしたパーティにも使えそうな一品でしたよカクテル



表はもちろんの事・・・




カブセを開けると・・・オドロキ


かぶせの内側は

キラキラ光るブルーの生地が一面に使ってあって・・・ピカピカ



内張りはまた寒色系でまとめた

かわいい図柄のプリント生地音符


と、とっても賑やかなんだけど

色合いが統一されているせいか、うるさく感じない

魅力的な一品でした花まる



持ってるだけで気分があがりそうなアップ

遊び心いっぱいの鞄ですよねぇ

素敵です拍手



これからどんどん出番が増えてくれますよう

願ってますクローバー




  


2019年01月26日

GUCCI トートバックの持ち手をアレンジ交換&底角破れの修理


こんにちは!

雪ですねぇ、広島市内は初雪かな?

これでこそ冬、好きな季節です雪



さあ、今日の商品はこちらですボストンバック


あら?デジャヴ?と思った方

いえいえ、先週と同じ種類の鞄なんですよちっ、ちっ、ちっ

そして、持ち主さまは別の方ですパー


最初にこの鞄がご依頼いただいていて

1週間もしないうちに

先週ご紹介した鞄が持ち込まれた時には

ひねりても驚きましたがオドロキ

これが結構ひねりてあるあるでしてニコニコ

なぜか同じ種類の鞄が同じ時期に集うことが

よくあるんですよねぇ

鞄同士が呼び合うんでしょうか・・・?謎ですキョロキョロ


とにかくこういう時は、

修理内容や引き渡す方を間違えないようにと

結構気を使いますアセアセ


さて、余談はこの辺にして

今回のご依頼場所はこちらの持ち手部分カメラ


持つ部分を中心にして全体に劣化してきていますが

この付け根部分の革が折れて↓

首の革一枚状態になっています叫び




後もう一つ、ちょっとわかりにくいですが

底の4隅の穴あき部分です↓


ご依頼主様と相談の結果

持ち手は新しい革で交換して

底の部分は、穴が隠れるところまで詰めて

余分はカットして仕上げることにしましたハサミ




で、仕上がったのがこちらカメラ


光の加減で違って見えはしますが

元の革色に近い濃茶で作成してあるので

いい感じに馴染んでいます花まる


そして、密かに見える裏の革は・・・濃い紫色

ちら見えする感じがお洒落ですよね音符


オーソドックスに見せておいて、

隠れたところに少し個性を出す感じ

ひねりても嫌いじゃありませんgood



土台の長方形の革は元の革と糸で

その上に新しい持ち手を縫い付けてありますグー


持ち手のステッチの色を

元の色合いに近いものでご用意できたこともあって

これまたしっかりマッチしてると思うんですが

いかがでしょう?スマイル



左が新しい持ち手でピカピカ右が元の持ち手ですがいこつ




底の穴あき部分は約1センチほど詰めて仕上げましたハサミ


穴は綺麗に無くなっていますOK

この作業によって、変わる鞄のサイズについて

厳密にいうとマイク

マチが2センチほど幅広になって

丈が1センチ短く

横幅が2センチ狭くなっていますが

たぶんパッと見分からない程度の違いです目



内側は、ひねりてでご用意できる

布テープで仕上げたので

明るい茶色になっています↓






GGプラスハンドバック
持ち手交換
底マチ詰め両サイド       23000+税円

作業期間            2~3週間



この鞄は

持ち込まれた方がお母様にプレゼントされたもので

使い込んで傷んでいたものを

再度その息子さんが修理に持ってこられたという

家族愛感じるご依頼でした拍手


プレゼントしたものをプレゼント

修理が必要なくらい使い込んでもらえるというのは

送りがいのある、嬉しいことですよねハート

また蘇らせて、

改めてプレゼントしたくなる気持ちもよく分かりますピカピカ


今回、使用する革を選ぶ際

堅実なお仕事に従事されるお母様には

出来るだけ元と同じオーソドックスな仕上げが良いだろうと

表革には元に近い色を選ばれていましたが

裏革に紫を選ばれたのは、

依頼された息子さんの遊び心を入れた感じでした音符


今頃お母様は

息子さんからの2度目の贈り物をプレゼント

大切な相棒として

毎日連れまわしてくれてることでしょうね溜め息



  


2018年10月20日

コーチの持ち手芯交換



こんにちは

今日は久々の修理のご紹介です!

商品はこちらのコーチの手提げかばんボストンバック





ご依頼場所はこちらの持ち手↓


前側の持ち手の付け根が変形してしまってますワーイ

これは、おそらく中の芯に原因があるだろうという事で

芯交換で受付けさせていただきましたパー


分解してみると・・・

やはり、芯の付け根部分の

縫いとまっていたところが外れて

表の革が2センチ以上伸びてしまっていましたなき

という事で、持ち手を分解し

元より長くカットした新しい芯に交換して組み立て直しました↓




芯は元より0.5㎜ほど直径が小さいサイズになったので

少し芯と革の間にゆとりが出た感はありますが

見た目にはほぼわからず仕上げられましたgood

コバも削ってコートしなおしてありますOK





表革の伸びて変形していたところも、

強度があがって見た目も良くなりました♪







コーチ手提げ
持ち手(前側)芯交換  8000+税円

作業期間       約1週間



この鞄

これからの季節に持ちたくなるような

いい色合いで素敵ですよねピカピカ

中はこんな感じに表の柄にもある鮮やかな紫色で

これまた使うたびテンションあがるお洒落な内張りですアップ






















オーナー様もこの色合いがお気に入りのようで

これからどんどん活躍させてくれることでしょう音符