お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2017年04月22日

ツートンカラー手提げかばんのファスナー交換


今一番、一日を通して過ごしやすい

良い季節だなぁとピカピカ

朝目覚めるたびに思うひねりてですが

きっとこの状況は長くは続かない・・・

GWにはきっと

「あっついですねぇ」などと言ってることでしょうねアセアセ

  ・・・今を大事にしようと思いますクローバー



本日はこちらの商品をご紹介しますカメラ


ベージュと水色のツートンカラーの手提げかばんです。

これからの季節に使い易そうな、爽やかな色合いですよねピカピカ


パッと見はまだ新しそうで特に問題なさそうに見えたのですが

ファスナー部分を見ると目

閉まっているはずの部分のファスナーが開いてきてましたタラーッ

今回その状態の写真は取り忘れてしまってます、すみませんワーイ



さて、ファスナーの修理については

ひねりてなりの受付方があるのですが

以下の記事に詳しく書いてありますので、

興味ある方はご覧くださいませクリック

2013/07/03
クロコダイル長財布 スライダー交換



今回、持ち主様のご希望で

最初からファスナー交換で作業を進めました。

テープの色が本体の色に合わせて、きれいな水色でしたので

大阪からできるだけ近い色合いの材料を取り寄せて

作業しましたハサミ



では仕上がりです↓





縫い糸はもともとは水色を使っていましたが

他の場所に使用されているベージュ色の糸なら

ひねりてにかなり近い色合いのものがありましたので

今回はその糸を使用しましたパー












内側はこんな感じです









それにしても

「これほんとに交換したの~!?」

っていうくらい近い色合いの材料で修理が出来ましたが・・・ちっ、ちっ、ちっ


交換しましたよ!good

ファスナー、ちゃんと閉まってるでしょ~チョキ





手提げかばんのファスナー交換   6000+税円

作業期間            1週間       
仕入れ期間           2週間



実はこちらの持ち主様は

島根県の浜田の方からご来店されました電車


何かの用事のついでではあったようですが

広島への道中の手荷物を一つ増やしてまで

修理に出されるくらい

この鞄が気に入ってらっしゃったようです花まる


ひねりてでは

基本的に受付、お渡しともご来店をお願いしておりますが

今回のように遠方からの方がご希望された場合

配送料をご負担いただいたうえで

お渡しの時だけ(受け付け時は出来ません×)、

送らせていただくことも可能で○

この方もそうさせていただきました。


また、店頭、配送どちらの場合でも

仕上り時に商品は軽くメンテナンスさせていただき

初めてご利用の方には

お手入れに関するご提案と、簡単なアドバイスを書いた

お手紙を添えさせていただいておりますラブレター



この度も同様にお手紙を添えて商品を送りましたところ

2~3日後に嬉しいご褒美を頂戴しましたプレゼント

無事届いたというお知らせと、仕上りの感想、

お礼が書かれたお葉書ですクローバー

普通ハガキに美しい文字で、

言葉だけが書かれたシンプルなものでしたが

喜んでいただけたことがよく分かる内容とタイミングで

思いがけない温かい言葉の贈り物に

嬉しくて思わずお返事書いてしまいました音符


今頃、浜田のブルーグレーの空の元

この鞄が活き活き活躍してくれてるのかなぁ?

などと妄想が膨らむばかりですニコニコ

Sさまありがとうございましたスマイル


  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:08Comments(0)修理(ファスナー)

2017年04月15日

カービングバックの革レース全交換


本日は久しぶりに修理をご紹介しましょう家


商品はこちらの巾着鞄

カービングレザーをマチにして

全体に革レースのダブルステッチが施されています↓




何年物かお聞きしたのを忘れてしまいましたがアセアセ

かなりの年数がたっているのは間違いなく時計

全体的に乾燥して劣化が進んでました悪魔




一番劣化している部分は最初の写真に写っていて

鞄の右底コーナーあたりですカメラ

革レースも乾燥によって

カサカサポロポロの状態になっていたため

今回はこのダブルステッチを

すべて交換することになりましたパー



では仕上がりをご覧くださいカメラ



古い革レースを外す際

プチプチ切れてしまう状態だったため

1本ずつラジオペンチなどを使って引き抜く必要があり

思いのほか手がかかりましたガーン



まず、新しく縫い始める前に

全体の汚れをふき取り

タイピールのレーダーオイルを数回重ねて

しっかり潤いを与えてありますアップ




今回90㎝の革紐が11本必要でしたので、

10か所で革を継いでありますパー


以前の継ぎ目はこのような状態で

よく見ればわかる状態でした↓




今回の継ぎ目はこんな感じです↓


どこかわかりますか?目

ちょっとわかりにくいですが

右から三つ目の縫い目の1か所の革レースに

うっすら白っぽいラインが横に1本入ってます

そこで継いでますハサミ


縫い終りの始末は真ん中あたりでしてあります。


一見、以前のように重ねてからませてない分

強度が心配になるかもしれませんが、

大丈夫ですちっ、ちっ、ちっ


しっかり貼り代をとって、

貼り合わせ面の接着力をあげる下処理をしたうえでアップ

より接着力が発揮されるタイミングで接着してあるので

見た目以上に丈夫に仕上がってますよグー


また、元よりも全体的に均等な厚みで仕上がっているため

部分的に擦れにくく

より丈夫に仕上がっていると思いますgood



内側から見たらこんな感じです





カービングレザー巾着鞄
革レース全交換、ダブルステッチ仕様(140㎝) 18000+税円

作業期間(材料仕入れあり)          約2週間



革レースの色も同じ色合いのもが用意できたので

雰囲気を変えることなく仕上げることが出来ました花まる

オーナー様にも喜んでいただけて良かったですクローバー





さて、広島市内の桜はそろそろ葉桜に衣替えしつつありますが


ひねりては先週の2連休に

3か所でお花見の梯子をしてきましたので

良かったらその写真展にお付き合いくださいませカメラ


まずはじめに

竹原のバンブージョイハイランドという運動公園ですサッカーボール
















竹と桜の色合いが春らしくて綺麗でした♪















次は三原の筆影山山頂の展望台です。













行くまでのルートは離合の難しい山道でしてタラーッ

ジェットコースター顔負けのスリル満点コースに

冷や汗ものでしたが・・・叫びアセアセ


「この景色が見られるならまた頑張ろうかなぁ?」キョロキョロ

と思えてしまうくらいの絶景でしたピカピカ


う~ん、もうちょっとましなルートが無いか

ちょっと探してみよっかなぁしょんぼり




































最後は牛田のバラ公園








ご近所さんでありながらも、

今回初めて行きましたが

見事な桜がいっぱいで、野鳥ものびのび飛び回ってました音符

今度はバラの季節に来てみたいですスマイル










































からの・・・・

菓子の木でお茶コーヒー&お買い物ケーキ

ひねりての牛田でのお決まり行動パターンでありますニコニコ






















最後の最後は菓子の木の桜ロールで締めましてレストランメロメロ


今年はいつも以上に桜を楽しむことが出来

お腹の中まで満喫させていただきました花まる

ごちそうさまでした~音符

さくらさん、来年までさようなら~サクラ


  
  • LINEで送る


2017年01月28日

TANNER KROLLE ブリーフケースのマチ破れを修理


こんにちは、今日はイギリスの老舗ブランド

TANNER KROLLE の紳士鞄の修理をご紹介します。


商品はこちら

肉厚のブライドルレザーで仕立て上げられた

上質な艶を放つブリーフケースですピカピカ





一見頑丈で穴が開くなど考えられない鞄ではありますが

時の流れによる劣化には逆らえず・・・なき

おそらく乾燥が進んだ状況で、

ある程度の力が加わったのでしょうねムカッ

ステッチ部分が切り取り線の働きをして、見事に破れてしまってます大泣き




鞄全体が経年劣化しているため

一番酷使され負荷のかかる持ち手のこの部分も

このような状態ですタラーッ



まずは鞄全体をじっくり点検させていただき

こちらの鞄の劣化状態から予想される今後の不具合や

ひねりてで可能な修理方法家

修理以後の再発等のリスクを説明させていただき

オーナー様が決断されたご依頼内容で作業した仕上がりが

こちらです↓


ある程度細かいことはひねりてにお任せいただきましたが

破れている裏からナイロン芯と

オリジナルに近い色合いの革で補強をして縫い留めましたパー

表に新たに縫い目を出すことは事前に説明して

ご了承いただいてますgood

マチ側              背面側





















内側から見るとこんな感じです


まずは強度を一番に重視したうえでグー

見た目にも配慮したつもりですが

表にはっきりステッチが出ている以上

修理したことは明らかにわかるような仕上がりではありますしょんぼり

ただ、今回の鞄の構造やデザインと劣化状況などから考えると

これがベストかなとも思っておりますキョロキョロ


あとは持ち手部分ですが


剥がれているところだけ接着させていただきました。

これはあくまで一時的な簡易修理で

鞄自体の重量もしっかりあるため

いつちぎれてもおかしくない状態ではありましたがアセアセ

これを頑丈に修理する方法としては

持ち手の作り直しをするしかありませんパー


この持ち手のデザインがまた個性的で堅牢な構造のため

かなり高額になってしまうということで金貨

最終的なオーナー様の判断は

簡易修理で様子を見るということとなりました救急箱




TANNER KROLLE ブリーフケース
左マチ破れ部革あて補強
持ち手右根部分接着         10000+税円

作業期間              約2週間




タナ―クロールとまるでよく知っているかのように書いておりますが

実はひねりて、今回持ち込まれて初めて知ったブランドでした。

毎度毎度お恥ずかしい限りですがタラーッ

こうやってお客様に育てていただいていることに感謝しております植木鉢


そしてこのブランドについて調べるうちに

もしかして!?と思いついて過去の写真を探してみると・・・・パソコン

ありましたぁOK


タナ―クロールの棒屋根型バックです!

以前、東京の鞄博物館に行ったときに、ちゃっかり写真に収めてましたカメラ



その時かなりの枚数の写真を撮ってますが

どれも大抵1枚のところを

こちらの鞄の写真は2枚ありました!


ブランドについては無知なひねりてではありますが

この鞄の仕立ての良さに感じるものがあったのでしょうか雷

いま改めて見ても素晴らしい仕上がりだと思います拍手



今年の東京出張で久しぶりに会いに行ってこようかなぁ・・・

と思わされたちょっとご縁を感じる鞄ですクローバー





さてさて

最近恒例?の、野鳥写真展です~












メジロ



















今回みなさんサービスよくって、

結構な近さで撮らせてもらえましたよ音符



寒い冬ならではのぷっくりかわいい様子がよく分かりますひよこ



そしてこれは・・・













え?見たことない!と歓喜の緊張が走りつつもハート

逃げられないよう慎重に写真を撮り

しばらく観察してみました目




















10メートル位の距離をとりつつも逃げきることなく

鳥さんもひねりてを観察している様子

じ~っとみてるうちに、これはもしかして!叫び

と思ったら、やはりそうでしたチョキ

モズのメスです花まる


ひねりては今回初めて出会ったし

かなり近い距離で眺めることが出来てテンションあがりました~アップ


このモズ、ひねりてに警戒しつつも

ある程度の距離を保ってさえいれば逃げる様子もなかったため

出勤前で無ければもっと眺めていたかったですね~メロメロ




そして

川沿いの公園では梅の花が咲き始めてました双葉

春はもうそこまで来てる・・・のかなぁ・・・ニコニコ




  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 16:55Comments(0)

2016年12月17日

TUMIショルダーストラップ肩当ての裏を革に交換




こんにちは、

今日はひねりてにご依頼頂く商品の中でよくお見かけするメーカー、

TUMIさんの修理を紹介しますカメラ



商品はこちらのショルダーストラップ↓


え~!どこが悪いの?って感じですよね~ニコニコ



はい、こちらです↓




肩当ての表は革なのですが

裏側がヌバック調の合成素材で出来ており

この通り劣化してポロポロと表皮がはがれてきてますワーイ


これでは洋服について困るので

「この部分を新しく交換してほしい。」

というのが持ち主様のご要望でしたマイク



なのでこの素材をより丈夫な革に交換することにしましたスマイル

それでは分解しましょうハサミ


中はこんな感じになってましたオドロキ

パッと見にナイロンテープは中でつながっているのかと思ってましたが

途切れてましたね~ちっ、ちっ、ちっ


日々修理をする中で、分解作業をするたびに

こんな風に新たな発見があるのは面白いですし

こういった経験がひねりてのいい肥やしになっているな

とつくづく感じております家


それでは仕上がりをご覧くださいカメラ




表は元の穴通り針を落としてますから

こんな感じで見た目は元と変わらないと思いますgood




肝心の裏側は・・・


いかがでしょう?

今回持ち主様のご希望で

牛革の起毛していないスムース面を使って仕上げましたウシ


起毛面を使った場合のメリットは

すべり止めの効果があって、肩からずり落ちにくいという点で

元の素材はその起毛タイプの合成素材が使われてました。


で、今回のようなスムース面を使った場合のメリットは

色移りの可能性がかなり低くなるということです。


革はその特徴として多かれ少なかれ色移りの可能性はありますパー

ただ、起毛面はその確率がかなり高いアップ のに対して

スムース面は染加工後の仕上げ加工の効果もあって

かなり確率は低くなっていますダウン


使用する方が冬だけ使用して、上着はどれも濃い色

ということであれば起毛革でも問題はないように思いますが

汗をかく暑い夏にも使用するということとなると

スムース面を選んだほうが良いと思います花まる




ということでこういう仕上がりになりましたグー


TUMIショルダーストラップ肩当て裏交換    6000+税円

お預かり期間               1週間  



あ、言い忘れてましたが

革の場合のメリットとして

今回の合成素材のようにポロポロベタベタにはならず

長持ちしますクローバー

これが一番の長所ですかね~音符

*革でも表面の加工具合によっては一部上記症状になる場合もありますパー




もう今年もあとわずか

大掃除しながら見つけてしまった眠れる革製品

ありませんか?目

この機会に

蓋をせず、甦らせてあげてくださいピカピカ


これからご依頼いただく商品は、内容によっては

年明けの仕上がりになる可能性もございますので

その点を踏まえて予定を立ててみてくださいませ家


  
  • LINEで送る


2016年11月26日

エルメス、ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!(その3)


さあ今回でこの鞄の記事も最終回です!

長らくお待たせいたしましたー時計

こちらが仕上がりの全容ですカメラ


ベージュ色の部分はすべてヌメ革を使用し、

どのパーツも元の厚みより気持ち厚めに仕上げ

常に負荷のかかるような部分には

強化用にナイロンテープを入れるなどして

オリジナルに近い仕上がりにすることと同様に

強度を上げることにも努めましたアップ グー



ここからしばらくは

各部位の仕上がり具合をご覧くださいカメラ






































































いかがでしょう?



ちょっとこちらをご覧ください


この写真の右上のほうの糸が切れているのは

お分かりでしょうか?↑


この部分には

持ち手をつなげるための金具がついているのですが

その金具を外すとこのように糸が切れていました。

おそらくこの金具を取り付けるための穴をあける際に

糸が切れてしまったのだと思いますハサミ



元々この状態で、これまでほころんでませんし

手縫いでしっかり固まっている部分なので

少々ではほころばないでしょうが・・・しょんぼり

不具合につながる可能性を見つけてしまった以上

やはりこのまま見過ごす事も出来ずキョロキョロ


手縫いで強化しておきましたニコニコ



あとはこちら


修理の都合上スライダーを外して作業する必要があり

その際この下止めを取り除いて

必要な作業後、再度組み立てて

新しい下止めを取り付けるわけですが・・・

このファスナーの生地も乾燥でかなり弱っておりワーイ

上記作業を慎重にしたにもかかわらず

生地に穴があき始め叫び

仕方なく土台に近い色の革で補強してアップ

何とか使える状態にまでもっていった

苦肉の策の跡なのですニコニコ アセアセ



仕上げた後で

「もっといい方法がなかったかなぁ?」

とあれこれ考えましたが

やり直しが何度も効くほどの耐性すら無い

生地状態だったため赤面

この仕上がりでとどめておく判断となりましたパー



いや~それにしても

下手したらファスナーを別のものに変えるしかない

危機的状態だったのでがいこつ

何とか今後の使用に耐えられるだけの強度を与えたうえでアップ

元の形をとどめた状態で仕上げられてほっとしましたーアセアセ



持ち主様のご要望のなかに

出来るだけオリジナルのパーツは残したいというのがあり

ファスナーもその一つだったので・・・ほんとによかったですクローバー



さて、つづいてこちら



マチ部分と青い革の部分ですね↑

あとで交換前の部品の写真も載せますが

やはり青い革部分も全交換しておいて正解でしたgood

分解していく先からピリピリポロポロと劣化は進みダッシュ

元には戻せない状態に自ら変化していってました悪魔



このマチも元の厚みより0.5㎜ほど厚いものを使用してますパー

その0.5㎜の厚みが

作業性をより困難なものにしてくれるわけですがアセアセ

縫製する周辺だけ少し漉いて仕上げるなど

より丈夫でありながら

見た目も綺麗に仕上げるための工夫を考えながら

作業を進めていきました溜め息










オリジナルの場合

このマチ部分はすべて手縫いで仕上げてありましたが拍手

今回の修理では

八方ミシンと手縫いの合わせ技で仕上げてあります。



理由は作業性をあげて時計アップ 費用を抑えるためです金貨ダウン



すべて手縫いで縫い上げれば

縫い目をきれいにそろえてピカピカ

丈夫に仕上げることは出来ますが力こぶ

その分手間もかかり費用も上がります金貨アップ



ただでさえ大掛かりな修理

手縫いでなくても高額な修理代になるため花火

抑えられるところは押さえたいということで

出来るだけミシン縫いで仕上げて

構造上ミシンで不可能な部分だけ、手縫いで仕上げましたパー


そういった理由とひねりての技術力不足もあってタラーッ

オリジナルのようなほれぼれする仕上がりにはかないませんがアセアセ

まあこんな感じに仕上がりました↓




反対のマチもこんな感じです


このコーナー部分をきれいに仕上げるために

結構気を使いましたニコニコ




















あとは、この金具の革ベルトへの留め方が、

なかなか繊細な作業を要求されるような精巧さだったためピカピカ

新しく作成した革ベルトに、

同じような取り付け方で、

なおかつ金具に傷を付けずに移動させるクローバー

ということが困難なのとちっ、ちっ、ちっ

金具裏の革部分にエルメスの刻印があるのを残したい

という理由で

こういう仕上げにしてあります↓


これもまた「もっといい方法はなかったものか・・・?」目

といまだに心に残ってますが

これが今のひねりてに出来るベストでありますなき



最後に今回交換したオリジナルの革パーツたちをご覧ください。

長い間ご苦労様でした拍手
















それにしても今回のこのお品

その個性的なフォルムにも驚かされましたが

それ以上にあまりの劣化具合に驚くことばかりでオドロキ

・・・たとえば

糸をほどこうとして糸目に目打ちを入れると

革のほうがプチプチ切れていくという叫び

全体が首の革一枚で繋がっているような状態でしたガーン


新品時には丈夫な革もグー

劣化でここまでもろくなってしまうということを

あらためて感じることのできる

貴重な体験をさせていただきましたピカピカ




エルメスヒマラヤトートバック
交換パーツ
持ち手、持ち手付け根革ベルト一式
左右マチ
右側青色革部分
かぶせ留用ベルトの一部分        135000+税円

作業期間                約2か月 



ここまでに度々申しておりますが

今回の商品は組み立て方も複雑で

「え!ここまでミシンなのにここは手縫いなの?」

と思うようなところが多々ありましてオドロキ

本当にまたとない、いい勉強をさせていただきました雷


「次同じ作業をするなら、こうしたいああしたいメロメロ

という思いも湧いてきておりますが・・・・

いやいや、そうそうこういうご依頼はないでしょうねぇちっ、ちっ、ちっ

それだけにこんなひねりてを信頼して任せてくださった方

ビアリッツの白川様には感謝するばかりですお花




え?どなた?と思われた方はこちらをご覧ください

ひねりてのご近所様で、

アンティーク商品などを取り扱う雑貨店のオーナー様です家


今回のヒマラヤは

お店の商品として仕入れたものをご依頼いただきました。


そして納品後、

見事新しいオーナー様の元に嫁いでいったとのこと拍手





またどこかの街角で再会できたらいいなぁ・・・音符

などと勝手に妄想が膨らむひねりてですメロメロ



  
  • LINEで送る


2016年11月19日

エルメス,ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!(その2)



今日は前回からの続きですスマイル


まずは作業内容の見積を出させていただき

予想されるリスク、仕上がりイメージ、作業方法等の詳細を

持ち主様にお伝えして、すべてご理解いただいたうえで

このご依頼を受けさせていただくことになりました家


劣化状況からすると、リスクの高い注意

かなりの大仕事ですが・・・キョロキョロ

ここまで来たら腹をくくるしかありませんよね!

心して取り掛からせていただきましたよフンッ グー



では作業内容をご紹介しましょうカメラ



こちらの商品、

革の劣化以外にも全体的に埃っぽく

汚れや黄ばみが出てきていたため

まずひねりてで分解してハサミ

交換予定のベージュの革パーツを取り外した状態で

一旦お客様に返却し

ご自身で馴染みのクリーニング店に依頼して家

生地部分のクリーニングをしたあと

再度ひねりてに持ち込んでいただきましたアシ


これは最初のご依頼時から

お客様がご自身でクリーニングに出すと

希望されていたことなので

こういった段取りになりました。


お客様のご要望によっては

ひねりてがクリーニング店への依頼等の代行も行っておりますパー



クリーニング店から戻ってきた時の状態はこんな感じです↓




生地の黄ばみはなくなり、全体的に白くきれいになっていますピカピカ

大掛かりにパーツ交換する修理だったからこそ、できるお手入れですね花まる

これが分解していない状態だったら

劣化の状況から考えて、

この鞄のクリーニングを受けてくれるお店を探すのは

難しいかと思いますちっ、ちっ、ちっ




さて、ここからはひねりての出番ですね!


最初に取り掛かったのは持ち手です。

かなり頑丈に持ち易く作られているだけに

同じように復元するのは大変そうなパーツですタラーッ


元のパーツからサイズの割り出しもするため、

その構造や組み立て方を考えながら

慎重に分解していきましたよクローバー












縫製はすべて手縫いで仕上げてあり、

中には半丸の芯が上下に、

その間には少し中央が盛り上がった平芯が配置してあり

合計5つのパーツで作り上げられていました

予想通り凝った構造ですガーン


中の半丸の芯はまだしっかりとして、粘りもある状態でしたのでgood

そのまま使うことにしましたが

間の平芯は一番負荷のかかる

カンに取り付ける部分が弱ってきていたためダウン

新たに作り直すことにしましたハサミ


ただ、これが結構微妙なサイズ配分で作られてまして

形も厚みも全体に丸みを帯びておりへび

直線でスパッといかないという点で、

なかなか手のかかる子でしたぁワーイ アセアセアセアセ



とりあえずサイズ配分や

組み立て方を確かめるために、こんな感じで試作をしてみました↓



革はB品ではありますが、

本番と同じようにヌメ革を使用して、

厚みや張り感が同じ状態で仕上がり具合を確認し目

すべてのパーツの長さ、幅、厚み、漉加減などのベストサイズを決め

ベストな組み立て方も決めて本番に挑み

四苦八苦しながらも何とか仕上げました!!フンッ グー


と、今日はここまでですパー

仕上がり具合は次回に詳しくご紹介しますねニコニコ

どうぞお楽しみに音符




  
  • LINEで送る


2016年11月12日

エルメス、ヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」を思い切り修理しました!”(その1)


今日は、

最近エルメスのヴィンテージトートバック「ヒマラヤ」の

かなり大がかりな修理を手掛けさせてもらいましたので

その内容を数回に分けてご紹介させていただきますカメラ


相変わらず無知なひねりては、初めて知った鞄ですが

知る人ぞ知るヴィンテージバックでピカピカ

なかなか手に入りにくいレアものなのだそうですオドロキ

その名も「ヒマラヤ」・・・確かに手が届きにくそうな名ですねアセアセ


エルメスの中でも個性的で

カジュアルな装いにもしっくりきそうな

面白いデザインですね花まる

価格はカジュアルではないでしょうが・・・タラーッ




持ち込まれた状態は

修理屋の立場から率直に言わせていただくと

かなりの重傷でしたガーン


まずはその状態をご覧ください































ここまでご覧になってみて、いかがでしょう?

全体的にかなり乾燥している状態で

革パーツはすべてカサカサ、サクサクなかんじです大泣き

取り扱い方によっては裂けたり割れたりする危険があり

状態確認で触るのにも緊張しちゃいましたよー叫び



さらに気になったのはこちらの部分しょんぼり


持ち込まれた当初の持ち主様のご要望のなかに

この青い革部分の修理は含まれてませんでしたが

ベージュのマチ部分を交換する際に分解したら

きっとこの青い革部分も

触らないわけにはいかないであろう劣化具合ですがいこつアセアセ




あとはよく見るとこんな修理跡がありましたパー



ステッチが2重になってるところは手縫いで修理してある様子です。


ひねりてが予想するに

このマチ、両方とも今回持ち込まれた状態のように

入り口部分から破れ始めたために

破れた部分をきれいにカットして少し縮めた状態で

再度縫い留めたのではないかと思いますキョロキョロ



持ち主様としては

このレアものの鞄をエルメスの刻印を残しつつ

なるべく見た目を変えずに修理してほしいということでしたマイク



そしてひねりてとしましては

この鞄の全体の様子が分かった時点で

「これは安請け合いは出来ないぞ!」と緊張し雷

少し時間を頂いて時計

どこまでそのご要望にお応えできるものか

考えさせていただくことにしましたキョロキョロ



結果受付させていただくわけですが・・・

続きは次回にさせていただきますねパー

それまでどんな修理になったのか

あれこれ妄想してみてくださいませニコニコ





  
  • LINEで送る


2016年10月29日

ナスカン交換


今日はひねりて常連の皆さまにはお馴染の

ナスカン交換をご紹介しますスマイル

商品はこちらのショルダーバック↓




ストラップの先にあるナスカンを見ると目



おー!見事に摩耗で削れて一部分が折れてなくなってしまってます大泣き

これではカンに引っ掛けることは出来ませんね~キョロキョロ タラーッ


ひねりての経験上

ナスカンに使われている金属は、

摩擦によってこのように削れやすいようで

これはよく見る症状ですパー


このようになったら、新しいものと交換すればまた使えますOK


では交換してみましょうハサミ


今回分解してみると

芯は入っていなかったので

作業のついでにナイロンテープを入れ込んで

元より強度を上げて仕上げておきました力こぶ


before                                   after









あとは新しいナスカンを取り付けて

元に戻して縫えば出来上がりです!


表                裏















どうでしょう?


ナスカンは持ち主様にその場でご確認いただき

納得いただいたものを使用してありますパー


今回は元の物より大きめで、より丈夫なものをご用意できました!グー

これでまたガシガシ使っていただけますね花まる






ショルダーバックストラップナスカン交換2か所   3000+税円

作業期間                  即日~
(在庫がある場合)



こちらの鞄は15年物だそうです

いい感じで熟成されてますねぇピカピカ


少し乾燥気味なのが気になったので

ひねりて愛用のタピールレーダーオイルで

軽くお手入れさせていただきましたクローバー


さらに15年熟成されたらいったいどんな風合になるのでしょう?目

またナスカン交換で再会できることを期待して

お別れいたしました家







さて今日は

今年の日本シリーズ一番の正念場

ドキドキがとまりませんハート


野球ファン注目の1戦だけに、色々なことが言われてはいますがテレビ

一カープファンとしましては

選手、首脳陣、スタッフの皆様には

おそらく野球少年のころから

一度は夢見たであろう日本シリーズでうちわ(祭)

戦える喜びをしっかり噛みしめて

この場でやりたかったことを

思い残すことなくやりきって欲しいと思ってます花まる


「勝たなければアセアセ」でなく「勝ちたい炎

という気持ちで、ぜひとも

「さすが、頂上決戦!野球ボールバット」という一戦を見せていただきたいピカピカ


結果がどう転ぼうと最後まで見届けたいと思いますフンッ




















ということで、

今日はカープ観戦ではお決まりの一張羅で

出勤のひねりてですニコニコ

これ着てヒーロー選手との記念写真もゲットできたカメラ

縁起のいい一張羅good

今年は申年ですしね~サル

担げる縁起はすべてかついでしっかり念を送りますよ~雷


次回の記事で喜びを表現できることを願うばかりです天使




  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:39Comments(0)修理(金具、留め具類)

2016年10月22日

トートバックの修理と暖かい贈り物




今日は朝から雨ですね

予想してた以上に降ってます・・・雨

今日の試合大丈夫かなぁバット野球ボール、無事開催されますようにクローバー



さて今日のお品はこちらです


おそらく麻かなと思う生地と革のコンビのトートバックですボストンバック




持ち込まれたオーナー様お気に入りの一品です



そして今回のご相談場所はこちら


底の4隅の生地が擦れて穴が開いてきてますワーイ



ご自身で修理した跡がありますねハサミ


オーナー様のこの鞄への思いがうかがえる跡ですハート

ひねりてに「何とかお役にたちたい!」と

思わせてくれる効果もあったりする跡です雷



ご相談時の始めは

気に入っているから何とかして修理したいという気持ちはありつつも

見積はオーナー様の予算をオーバーするものだったのでアップ 金貨

二の足を踏まれてましたが


修理する場合の革をいろいろお見せする中に

気に入った革を見つけられ

どんどんイメージが湧いてきたのでしょうね

覚悟を決めてご依頼いただくこととなりました家



では仕上がりですカメラ


生地の色といい感じに馴染むカーキの革で

表からしっかり破れ部分をカバーしましたよグー



では、近づいてみましょう


こういう修理は薄めの革のほうが作業がしやすく

綺麗にも仕上げやすいのですが、強度に不安が残りますちっ、ちっ、ちっ


なのでひねりてでは、元々2ミリくらいある厚めの革を

縁のライン部分のみ必要最低限漉くだけで

あとは元の厚みの状態で仕上げてありますから

かなり強度は上げて修理できていますgoodアップ



ただ、この生地の切り口部分が予想通りの曲者でしてガーン

目が粗い織なので、分解していくうちに下手すると

生地の編み込みがほどけてしまう状態でアセアセ

事前にボンドで予防しつつ

ナイロンテープで補強したり

元の位置より少し深めにぬこんだりと

出来るだけ強度を上げるような工夫を施しつつ

作業を進めていきましたクローバー







トートバックの底4隅を革でカバーして補強 20000+税円
生地切り口数か所補強あり

作業期間               2~3週間



先日この鞄の持ち主様が引き取りにご来店されたのですが

鞄を見るなり

「わ~、素敵、思ってた以上にしっかりとカバーしてある!」

と明るい笑顔の頬に一筋の涙なき

「嬉しくて涙が出てきちゃった」

とさわやかに涙を流して喜ばれてましたニコニコ タラーッ


涙を流してまで素直に喜んでいただけるとは

予想してなかったため正直驚きましたが

ひねりてもまた素直にうれしかったです音符




そして帰り際にまた思いがけないサプライズプレゼント


「この子(今回の鞄)が今日帰って来るということで、

おめでたいのでねぇ」

とご自身で炊いたお赤飯を頂きましたごはん

こんな風にかわいくラッピングまでしてあって、

触るとまだほんのり暖かく、

どうやら出来立てを持ってきてくださったようです溜め息

こんなに心のこもった手作りの贈り物は

ひねりて始まって以来初めてのことで、

とても新鮮でしたしピカピカ

ひねりての心にも「ぽっ」と暖かい灯が燈り炎

何とも言えない充足感を味わわせていただきましたハート


受付した時の様子では家

ただ単純にお気に入りのものが手放せずに

修理を決断されたのだと思っていましたが

ここまでの喜び方をしていただくと

「何かよほどの思い入れがある品なのかなぁ・・・?」

と少し妄想が膨らんでしまいました、すみませんニコニコ アセアセ




お赤飯、その後、大変おいしくいただきましたごはん

お陰でひねりての腕前もアップした?ように思いますアップ グーニコニコ

Kさま、ありがとうございました

どうぞ末永くご愛用いただけますようにクローバー


  
  • LINEで送る


Posted by ひねりて at 18:31Comments(0)

2016年10月08日

プラダショルダーバックの内張り交換(その後)


CSファーストステージ始まりましたね!

さて、いったいどちらがカープのお相手になるのでしょうか・・・?目

楽しみですねぇ♪野球ボールバット




はい、では前回の続きをご紹介しましょう!

プラダのショルダーバックの内張り交換の結果は

こちらでございますカメラ


以前はこげ茶色のプラダのロゴが織り込まれた生地でしたが

持ち主様が選んだのは

こちらのペイズリー模様が織り込まれた

エンジ色系の生地でしたピカピカ



本体の色合いに近いということもあって

織模様は個性的でありながら

うまく全体にまとまっていると思うのですがgood

いかがでしょう?スマイル




前ポケットの内張りはこんな感じです




元の構造とほぼ同じ仕上がりですが




ここはあえて変えてあります↓

before                          
      after









元々は左のように表から内張り生地は見えてませんでしたちっ、ちっ、ちっ

構造としては

表側の赤い生地の折り返し部分に

内張りが挟み込まれていて

この縫いしろ2~3㎜で縫いとまっていましたパー



が、今回この部分が長年の使用で

本体から下左側の写真のようにはずれてきていたためなき

あえて上右側の写真のように表生地には挟まずに

折り返して2重になった

内張りの端と表の端を重ねて縫止めることで

しっかりほころび難い仕上がりにしてみましたグー


この生地なら表から少し見えても違和感がないですし

逆にさりげなくお洒落な感じがするなと思っています花まる



before                                after














今回収穫した初代内張りです↓




このような織の大きい生地は

ほころび始めると、こんな感じに横糸が抜けてきて、

縫い留めているステッチの間から外れやすくなってしまいますガーン


なので、ひねりてでは

生地を使用する際は意識的に縫いしろをしっかり取るようにしフンッ グー

切り口からのほころびが原因で

不具合が起きることの無いような作業を心がけていますクローバー




プラダショルダーバック内張り交換
本体(内ポケット無)
前ポケット(本体からの分解あり)    26000+税円

作業期間              2~3週間



お陰様で今回も

持ち主様の満足そうな笑顔を拝見することが出来ましたニコニコ


さらにこの方を紹介してくださったお得意様にも喜んでいただけニコニコ

ひねりても思わず笑顔に・・・ニコニコ


一つの修理で笑顔が三つそろいました音符ニコニコ ニコニコ ニコニコ

これがスロットなら大当たりですね~花火




  
  • LINEで送る