お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年11月09日

ルイヴィトンバック 根ももと内張り交換



こんにちは

今日は久しぶりに修理のご紹介ですスマイル

商品はルイヴィトンの

かわいらしい箱型ショルダーバック↓


ご依頼場所はここ↑

根ももがちぎれてしまってますねなき





反対側はまだ切れてはいませんが

そろそろ寿命も近そう・・・

という事で、両方新しく交換しますパー






























あとはここ


内張りが劣化して少しずつ表面に症状が出始めていましたガーン




パッと見まだしばらく大丈夫そうに見えますがちっ、ちっ、ちっ

大抵は使い始めた途端

使用による摩擦と紫外線の影響などで

一気にこの症状が広がってしまいます

今回もそれが予想されるような状態だったので

内張りも交換することにしましたグー



では仕上りご覧ください
















根ももは左右とも元より気持ち厚めにして

内側にはナイロンテープを入れて

元より強度あげて仕上げてありますアップ



内張りはこんな感じ


ベージュ色の豚革のスムース面を表にして

使用してあります

色、見た目とも元の雰囲気に近くて良く馴染んでますOK

この素材なら、もう合皮のような劣化を

心配する必要はありませんgood










































今回、内ポケットはなしの構造ですが

タグやアクセサリーパーツは移動させましたパー






































最後にこちらの鞄のヌメ革が

全体的に乾燥して劣化も進んでいる状態でしたので

その旨伝えてミガキも受付まして

レーダーオイル、レーダーフレーゲ

レーダーフレーゲクリームを順にたっぷり重ねて

しっかりメンテナンスさせていただきましたピカピカグー


ルイヴィトンショルダーバック
根もも交換2か所
内張り交換(豚革使用)
全体保革メンテナンス        27000+税円

作業期間             3~4週間



ひねりてでは

修理とセットでミガキのご依頼をいただくと

通常の料金の半額でさせていただいてまして

今回の場合2000+税が1000+税になっていますダウン


こちらの鞄

持ち主様が娘さんと共用するご予定とのこと

親子で仲良く愛用していってほしいですクローバー



  


2019年10月12日

法被をショルダーバックにリメイク



こんにちは

今日はちょっと珍しいリメイクのご紹介ですスマイル


まずは仕上がりからのご紹介

こちらが完成品です!

今回のオーナー様は

元々何かお仕立ての仕事をされていらっしゃった方

という事もあって

はっきりとしたイメージをお持ちでした拍手



なのでひねりては、

そのイメージをどこまで忠実に形に出来るか

という事に専念することが出来ましたハサミ


そのイメージの中でも

オーナー様が特にこだわってらっしゃった点を

いくつかご紹介しますねピカピカ



その1

この法被を使う事↓


以前所属されていた消防団で

羽織ってらっしゃったものだそうです炎



その2

内張りに帯を使う事


ファスナー付の内ポケットも

長財布が横に入るサイズをご希望されました↑



背面側には特に注文はありませんでしたが

丁度いい感じに白いラインの模様を配置できましたOK




そして一番のこだわりは

熊本の文字をここに持ってくること


ご希望のサイズに合わせるには

丸が一部途切れてしまいますが

それは問題ないという事でしたちっ、ちっ、ちっ



カット前の写真がありませんが

この背中のど真ん中に

あの熊本の文字があったんですパー


思い出を鞄に記録しておきたかったのでしょうねクローバー



内張りに使った帯




詳しい写真を撮り忘れましたが

斜め掛けできるストラップと根ももは

オイルのたっぷり入ったしぼ入りの黒革で

丈夫に作成してありますグー



法被をショルダーバックにリメイク
ナスカン付ストラップ1本、根もも2か所革で作成
ファスナー付内ポケットあり        40000+税円

作業期間                 1か月~2か月



最後に

かぶせの赤いラインもご希望のひとつです。

ラインの入れ方や方向はお任せいただいていたので

いろいろ思案の末

この位置にさせていただきました

法被の片袖部分を使っていますパー


それにしても

お引き取り時のファッションにぴったりですよねgood

その場で身につけてお帰りになられましたニコニコ



  


Posted by ひねりて at 17:32Comments(0)修理(アレンジ)

2019年09月21日

ゲンテンショルダーバックのシミ隠し



こんにちは

今日の商品はゲンテンのショルダーバックですカメラ


今回も修理前の写真を撮り忘れるという失態をしまして

完成後の写真しかございません・・・ガーン


修理スイッチが入ると写真のこと忘れて

すぐに作業してしまいたくなっちゃうんですよねぇ

今回のは修理前の写真があったほうが

違いが分かり易かったんですけどねぇ・・・すみませんワーイ


持ち込まれた時はこのかぶせの右側に

横長の楕円形にシミが出来ていて

色が周りより濃くなっていましたなき


オーナー様曰く

お孫さんのお守をしていたころに気づいたらできていたのもので

何のシミかは不明とのこと

こういう天然な風合いの革は

周りからの刺激に素直に反応しやすいという特徴があるので雷

しっかり染め仕上げをしている革に比べると

シミも汚れも浸み込んで定着し易いんですよねぇ悪魔

シミの部分は周りより固くなっていましたがいこつ



で、今回はオーナー様と相談して

このキーホルダーの柄を抜いて

シミを隠すことにしたというわけです↓




いかがでしょう?


最初は真ん中も抜いたままにする予定だったのですが

穴をあけてみると、革自体が固く乾燥していたこともあって

1か所切り口から割れてきてしまいタラーッ

隣の穴とつながりそうな状態になってしまったのでアセアセ

急遽予定変更して

裏から革をあてて補強して仕上げましたグー

特に大きな力のかからないかぶせ部分なので

この程度の補強で充分問題ないと思いますOK


仕上げに周りをステッチで囲って

シミの境界線に目が行かないようにしておきましたグー




ゲンテン ショルダーバック
シミ隠しアレンジ(柄抜き加工)   4000+税円

作業期間              2~3日


今回はキーホルダーを

そのまま参考にして型紙が作れたので

料金も抑えることが出来ましたダウン

新たにモチーフを考えたり、作成したりする場合は

追加料金を頂くことになりますのでご了承くださいませ パー  



オーナー様は

これならシミを気にせず使えると喜んでくださいましたニコニコ


出来てしまったシミはゼロには出来なくても

隠したり、皆既日食

ごまかしたりキョロキョロ

あえて模様を活かして加工してみたりすることでハサミ

さらに愛着湧く一品に変身させることも可能です王冠ピカピカ

みなさまのタンスに眠る一品も例外ではないかも!?

挑戦してみたい方は一度ひねりて迄ご相談くださいませアシ





  


2019年08月31日

ルイヴィトン、バケットGMの内張りとテーピングを交換




こんにちは

今日の商品はこちらのルイヴィトン

バケットGMですカメラ


全体にかなり乾燥していて

内張りもヌメ革も劣化がが進んでいる状態でしたダウン
































こちらの鞄

持ち込まれた方のご主人が30年前に

お母様(おそらく持ち込まれた方のお義母様です)

にプレゼントされたもので

亡くなられた今となっては、大切な形見なのだそうですピカピカ


いろいろ相談させていただいた結果

今回は、内張りをポケット無で作成し

天口のテーピング交換と

全体に栄養を補充するメンテナンスを

させていただくことになりましたスマイル



では仕上がりです↓



内張りは合皮のような劣化が起こらない

豚革のスムース面を表側にして作成しましたブタ





↓チェーンは元の場所に取り付けてあります




















天口周りのテーピングは

分解とともにポロポロと崩れてしまうくらい劣化してましたが

新しいヌメ革で作成し直したので

もう大丈夫OK





白っぽい色も、日光の元使用していけば

すぐに周りと馴染んでくれるでしょうgood



















乾燥しきって、パキパキ割れ始めているヌメ革にはしょんぼり



























表                 裏












タピールのこの3点

レーダーオイル、レーダーフレーゲ、レーダーフェット

を駆使してたっぷり栄養を与え

表面を保護してあげましたグー





















































































ルイヴィトン、バケットGM
内張り交換(内ポケット無)
天口テーピング交換
全体メンテナンス
カシメ交換X2        24500+税円

作業期間          1か月



今回はヌメ革部分はテーピングのみの交換でしたが

今後早い段階で持ち手部分の劣化が進んで

修理が必要になる可能性があるということは

ご了承いただいてまして

その際にはまたどうするか考える

という前提でご依頼いただいておりますパー 


ひねりてとしましては

出来るだけ長くご愛用いただけるよう

たっぷり愛情込めてメンテナンスさせていただきましたので

もうしばらくは大丈夫なんじゃないかなぁ?

と期待してますクローバー
       






  


2019年08月17日

TUMIレザーブリーフケースの持ち手革カバー交換



こんにちは

ご心配おかけしておりましたが

ひねりては、台風の影響もなく

昨日より元気に営業しております!家



さて、本日の商品は

お馴染みのTUMI製ブリーフケース!?


お馴染なようで実はこちら、総革製

形は良く見かけるタイプと似てますが

革ならではの上質感漂う一品ですピカピカ







今回のご依頼場所もこれまた同様に

こちらの持ち手↓




カバー部分が劣化してひび割れてきています悪魔



このカバー部分も

これまでご依頼いただいたものとちょっと違っていて

これまでこのタイプは仕上げ方がコバ仕上げだったのですが

へりかえし処理の仕上げになっていましたパー



では仕上りご覧くださいカメラ


当店ではご依頼の多いTUMI用に

質感つや感の近い革をご用意してありますので

今回もいい感じに馴染ませることが出来ましたgood







TUMIブリーフケース、レザー製
持ち手革カバー交換(全長25.5㎝)  14000+税円

作業期間               1~2週間



持ち主様曰く

だいたい5年ほど使い続けたカバンという事でしたが

ご自身でも時々お手入れをされていらっしゃる

という事もあって

持ち手部分以外は状態も良く拍手

いい感じにエイジングされてきていましたので

これからもさらに5年10年・・・と

共に歩んでいってほしいなと思っておりますボストンバック



今月は通常と異なり

毎週日曜、月曜

お休みいただいておりますので

どうぞご注意くださいませ!パー



  


2019年08月03日

FREITAGのショルダーバックを使いやすくアレンジ



こんにちは

今日の商品はこちらのショルダーバック

FREITAG生まれの鞄ですカメラ




FREITAGといえば

トラックの幌を再利用して作られている

一つとして同じものが無い商品ということで

有名だと思いますがパー

ひねりて的には、その商品の生み出し方が興味深く

好感の持てるメーカーです花まる



さてそのFUREITAGから生まれたこちらの鞄、

持ち主様的には

天口部分の使い勝手が良くないという事ちっ、ちっ、ちっ


というのは、このベルトを外して↑

折れ曲がった天口を広げて中身を出し入れする

というのが不便という事でした×


まあ、セキュリティ面では安心なデザインだと思いますがクローバー

たしかにパパッとスムーズに物を出し入れすることは

出来ないですねキョロキョロ



ということで、

今回はこんな感じにアレンジしてみました↓


長さをだいたい12~13センチほどカットしてますハサミ




元の天口周りのパーツは活かしたい

というご要望だったので、間をカットして

元の入り口にいろいろパーツがついている部分を

少し加工した上で、再度取り付けてありますパー


なので、元の仕様通り

内側のナイロンベルトを持つと

手提げかばんとしても使えますgood



表側




裏側








これならストレスなく

物の出し入れが出来ますねOK


FREITAGショルダーバックの長さを
短くカットアレンジ        7000+税円

作業期間             1週間




持ち主様はお店に入るなり

一目で気に入って下さいました拍手


この方

いつもこういう機能面でのアレンジを

依頼してくださいます家

ご自身にとってどうすればストレスを無くせるのかが

よく分かっていらっしゃる方ですよねクローバー

ひねりても見習いたい

素敵な物付き合いだなと思いますピカピカ





  


2019年07月20日

アイグナー、セミショルダーのストラップ交換


こんにちは

今日の商品はこちら

アイグナーのセミショルダーですカメラ




ストラップが全体に乾燥していて

数か所でパキッと折れたりちぎれてしまってますがいこつ




一見厚みがあって丈夫そうですが

中の紙芯が乾燥しきっているために

こんな感じで、簡単に割れてしまう状態でしたアセアセ




ということで

ストラップを新しい革で作りかえて取り付けましたハサミ


























































いかがでしょう?

丁度元の革と質感や風合いの似た革がご用意できたので

かなりしっくり馴染んでいます拍手





こうやって見ると元より色が明るいですが↓




元の状態のままの

底コーナーのあて革と比べると

あまり変わらないですよね↓


おそらくストラップも最初はこのくらいの明るさで

使用によって焼けて

今の状態になったのではないかと思いますキョロキョロ


新しいストラップには革だけで厚みを付けて

間にナイロンテープの芯を入れて仕上げてあるので

元のストラップのように

乾燥によって簡単に割れてしまうような事にはならないよう

丈夫に出来ていますグーアップ








AIGNER セミショルダー
ストラップ交換(分解あり)  10000+税円

作業期間           7~10日間




今回は元の革や糸色と

かなり近いものをご用意できたこともあって

いい感じに馴染む仕上がりに出来ました花まる

オーナー様にも喜んでいただけて

一安心してるとこです音符



ストラップの乾燥具合に比べると

本体はヌバックでまだ油分もある様子だし

状態も良かったので

今後また長く元気に活躍してくれると期待してますクローバー


          

  


2019年07月13日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2)





こんにちは

さっそくですが、前回の続きです


ルイ・ヴィトンのボストンバックが

こんなトートバックに生まれ変わりましたので

ご覧くださいカメラ


今回持ち主様のご希望で

革部分は本体の色に近い濃い濃茶で作成しましたパー

ご本人様もおっしゃってましたが

とてもシックにどんなスタイルにでも合わせやすい

仕上がりになったと思いますピカピカ




持ち手は

厚着の冬にも問題なく肩にかけて使える程度の長さで

鞄本体の端から端までが約50㎝です




持ち手付け根の本体内側には革とナイロンテープで

しっかり補強してありますグー







天口周りのテーピングもこんな感じにまとめてあります





横から見た図


ここはひねりて的に

ミシンの糸調子を合わせるのが難しく

ちょっと苦手なところなんですがアセアセ

今回は割とすんなり仕上げられました花まる


内側から見た図


補強テープにも軽くて扱いやすいモノグラムと

アクリルテープを使用することで

ヌメ革を使用するよりコストダウンできていますOK



分解したときはこんな感じで

変形跡がくっきり残っていたので

綺麗に汚れを落とした後

アイロンで出来るだけ折跡をとって作業してあります




それでも、やはりこの後は残ります↓




























もちろん跡が残るのは、持ち主様ご了承の事ですが

元々あった革帯を取り外して

そこに何も縫い留めないで仕上げてあるため

ステッチ跡はそのまま残るし、

革があったところとなかったところのモノグラムの色合いも

微妙に違いますキョロキョロ



ほら、内側から見たらよく分かりますでしょニコニコ




































角度によってもこんな感じ


でも、全体的に引いてみたら

ひねりて的にも、持ち主様的にも気にならないので

OKということなんですねOK



これはもともとついていたDカンです。

















特にこれを取り付ける予定ではありませんでしたが

ひねりてのサービスですクローバー

内ポケットも何もない鞄なので、

ここにキーホルダーをひっかければ使いやすいかなと・・・鍵



持ち主様にも喜んでいただけました拍手






ルイ・ヴィトン、キーポル45をトートバックにリメイク
サイズ(W28XH30XD14㎝)       58000+税円

作業期間                  約1か月半




ちなみにこの方

ひねりての以前のブログの作業例を見て

ご相談に来られました家

2018/04/14
ルイ・ヴィトン キーポル バンドリエールをリメイク!

これは革部分がすべてヌメ革で

内側の補強テープにもヌメ革を使用してあり

今回より少し横長サイズのタイプですパー


良かったら参考までに・・・


  


2019年07月06日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1)



こんにちは

ちょうど一年前の今日

西日本豪雨災害があったなんて思えないほど

今日の広島は晴天です。


被害に遭われた方全員が

一日も早く日常を取り戻されることと

災害で亡くなられた方々のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。


つい先日の九州地方での豪雨といい

ここ数年、災害につながる天候が増えてきてますよね・・・

今日のこの日を

水害への備えについて意識し、

点検する日にさせていただきたいと思います。




では、当たり前に仕事ができる毎日に感謝して

今日も修理のご紹介です。

商品はこちらのルイ・ヴィトンのボストンバックボストンバック

恐らくサイズ的にキーポル45だと思います。





革部分は全体的に乾燥が進んでいて

ずいぶん弱っていましたなき



























以前は旅行に活躍していた鞄ですが

最近はキャスター付きのスーツケースに押されて

なかなか出番もなく

このままでは

劣化への一途をたどるばかりと思われた持ち主様が

一念発起して雷

ひねりてに相談しに来られたというわけです家





確かに、この鞄にいっぱい荷物を入れたら

ドア・トゥ・ドアでなければ持ち歩くのは大変で

出番が少なくなるのも致し方ないですよねぇアセアセ

この持ち主様のご希望は

日常的に使いやすい

トートバックに作り替えることでしたピカピカ





ってことで

お手持ちの使いやすいトートバックを参考に

このボストンバックでとれるサイズを

割り出しながら打ち合わせをし

トートバックに作り替えることにさせていただきましたパー






では分解ですハサミ


今回は弱っていた革パーツはすべて取り外して

新たにこげ茶色の革で必要なパーツを作成して

組み立てることにしましたグー




仕上がりはまた次回のお楽しみなんですが・・・

気になりますよねぇ目






じゃあ、ちょっとだけよっ音符

こんな感じに仕上がりました↓




詳細は次回のお楽しみという事で

皆さま良い週末をお過ごしくださいませクローバー



  


2019年06月22日

パイソン手提げかばんの破れ補修


こんにちは

今日の広島は蒸し暑いです赤面

ひねりて的にはもうとっくに梅雨入りしてる予定だったのに

実際は来週頃梅雨入り予定みたいです雨

う~ん、ギュギュっと

一気に降るようなことにならないといいんだけど・・・

ちょっと心配ですねしょんぼり

非常持ち出し袋、今週末点検してみます!



さて、今日の商品はこちらボストンバック


パイソン(蛇革)の

大型手提げかばんです!


こちらの商品

持ち主様の息子さんからの贈り物だそうで

嬉しくて

お仕事用に毎日ガシガシ使用していたため


こんな感じに変形して、結構くたびれた状態でしたなき




正直なところ全体的に傷みがひどくタラーッ

簡単には手を付けられない状態だったのですが

まずは大きく傷んだ場所をご覧くださいカメラ


ここが一番重傷だったところで

かなり大きく破れ、革が一部ちぎれて無くなっていますワーイ

以前どこかに修理に出されたという事で

その際の処置なのか、大きく破れている付近は

内側の生地に貼りつけられていました。



底の角の鱗が破れてはがれています




手前の持ち手の左側付け根に巻いてある革帯が

1か所無くなっています↓




底角の革が破れて無くなっています





他にも見た目にはわかりにくいですが

元々薄手の蛇革が、長年の使用で劣化しているため

鱗の継ぎ目が薄くなっていて

いつ破れてもおかしくないような状態のところが

あちこちにありました大泣き


まず最初にこの状態を確認した後

これをそれなりに安心して持てるようにするには

10万超えの覚悟が必要だけど

そこまでやっても再発が早い可能性はあるので

こちらとしては安易に修理をお勧めできない

という事をはっきりお伝えさせていただきましたパー



が、この方、

息子さんからの大切なプレゼントなので

どうしても手放せないし

このままの状態で置いておくのは

あまりに見た目が傷みすぎていて息子にも申し訳ないなき

ということで、

もう使用は出来なくても

思い出の品として飾っておける程度に

見た目を整えてほしいとのことでしたマイク



それなばらとひねりて

いつものように

あれこれリスクと条件を提示し、ご了承後

受付させていただきました家



では仕上がりですピカピカ


一番傷んでいたところ

分かりますか?



革が違うからわかりますよね!左上のあたりです


まず天口部分のステッチを大きくほどいて

この表面の劣化部を含む半分以上の範囲に

裏から不織布を張り付けて補強し

その後、破れ部付近を大きめにカバーするサイズの羊革を

裏から貼り付けて天口部分を縫いもどしてありますグー


基本的に飾るための修理で

見た目をよくすることが最優先なので

破れ部に新たな縫い目はいれず、接着だけで仕上げてありますパー



中央右寄りの天口ステッチ近くにも同じく

裏から革で補強してありますアップ




底角の革が無くなっていた部分も同じく作業しました↓


ここも大きく分解して

出来るだけ広範囲に不織布で補強して縫い戻してありますgood



持ち手付け根の革帯は新しく作成してます


手前の左側です↑



別方向から見るとこんな感じ

右側が交換したほうです↓


こうやって比べるとわかりますが

同じ種類の羊革で作成してますので

遠目にはわかりにくく馴染んでいますOK



最後に内張りも縫い目部分が全体に引っ張られて

大きく綻んで縫いしろが無くなっているようなところもあったので

とりあえずの簡易的な方法ですが

つまんで縫い留めておきました。


このやり方だと、

本体のサイズよりも若干小さめになっているため

あくまで形だけ元に戻すための修理で、

ガシガシ使えるようにするための修理ではありませんちっ、ちっ、ちっ









パイソン(蛇革)大型手提げかばん
穴あき、破れ部革あて補修3か所
(分解数か所、破れ部周辺の補強あり)
内張りほころび修理
全体メンテナンス
持ち手付け根パーツ作成1か所    33000+税円

作業期間              約1か月



先日引取りに来られた持ち主様

仕上がりを見るや否や

「ああ、これならまだ持てる音符使いたいわぁメロメロ

とおっしゃったので

「ん~、飾って保管するには十分な強度にはしてますが

ガシガシ使う前提での修理ではないですから

取り扱いには気を付けてくださいね!」

と一言お願いさせていただきましたニコニコ アセアセ


でも、使いたいお気持ちもわかります

息子さんがこれをプレゼントされたのは

十数年前ということで

まだ、お仕事されて間もないころに

高価な贈り物をされてますよね金貨プレゼント

お母様もそんな息子さんの気持ちが

ほんとにうれしかったご様子で

高額な費用をかけてでも修理して大切にしたかったようですハート


親子愛溢れる修理に関わらせていただき

ひねりても幸せです音符