› ひねりてのお直ししまSHOW › 修理(アレンジ)

お願いとおことわり


   ・インスタグラム始めました花火
    ブログ以上に店主の趣味嗜好をご紹介してますので
    良かったらご覧ください。
    「いいね!」と「フォロー」で応援していただけると
    嬉しいです音符
    ひねりてインスタグラム

   ・このブログは
    広島近郊の方には、お店の詳細を知っていただくために
    遠方の方には
    身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
    公開しております。パソコン

   ・右下の方にあるカテゴリの、一番上の記事
    「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
    ご来店ください。家

   ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格
    納期などをご紹介しておりますが
    同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
    価格や納期は変わります。
    あくまで目安として
    参考にしていただくために公開しておりますので
    予めご了承ください。スマイル

   ・2014年4月より前の記事では
    その当時の消費税率5%で価格表示してありますが
    実際にはご来店時点での消費税率で
    対応させていただくこととなります。金貨

   ・当店は予約制ではありませんので
    営業時間内のご都合の良い時に、修理したい商品と
    どんな修理にしたいかという構想を持って
    ご来店ください。家
    場合によってはお客様が集ってしまうこともありますがアセアセ
    その際は、携帯電話をお持ちの方には
    店外で他の用事などをしてお待ちいただき
    受付の順番になったら、ご連絡させて頂いております。黒電話


2019年08月03日

FREITAGのショルダーバックを使いやすくアレンジ



こんにちは

今日の商品はこちらのショルダーバック

FREITAG生まれの鞄ですカメラ




FREITAGといえば

トラックの幌を再利用して作られている

一つとして同じものが無い商品ということで

有名だと思いますがパー

ひねりて的には、その商品の生み出し方が興味深く

好感の持てるメーカーです花まる



さてそのFUREITAGから生まれたこちらの鞄、

持ち主様的には

天口部分の使い勝手が良くないという事ちっ、ちっ、ちっ


というのは、このベルトを外して↑

折れ曲がった天口を広げて中身を出し入れする

というのが不便という事でした×


まあ、セキュリティ面では安心なデザインだと思いますがクローバー

たしかにパパッとスムーズに物を出し入れすることは

出来ないですねキョロキョロ



ということで、

今回はこんな感じにアレンジしてみました↓


長さをだいたい12~13センチほどカットしてますハサミ




元の天口周りのパーツは活かしたい

というご要望だったので、間をカットして

元の入り口にいろいろパーツがついている部分を

少し加工した上で、再度取り付けてありますパー


なので、元の仕様通り

内側のナイロンベルトを持つと

手提げかばんとしても使えますgood



表側




裏側








これならストレスなく

物の出し入れが出来ますねOK


FREITAGショルダーバックの長さを
短くカットアレンジ        7000+税円

作業期間             1週間




持ち主様はお店に入るなり

一目で気に入って下さいました拍手


この方

いつもこういう機能面でのアレンジを

依頼してくださいます家

ご自身にとってどうすればストレスを無くせるのかが

よく分かっていらっしゃる方ですよねクローバー

ひねりても見習いたい

素敵な物付き合いだなと思いますピカピカ





  


2019年07月13日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その2)





こんにちは

さっそくですが、前回の続きです


ルイ・ヴィトンのボストンバックが

こんなトートバックに生まれ変わりましたので

ご覧くださいカメラ


今回持ち主様のご希望で

革部分は本体の色に近い濃い濃茶で作成しましたパー

ご本人様もおっしゃってましたが

とてもシックにどんなスタイルにでも合わせやすい

仕上がりになったと思いますピカピカ




持ち手は

厚着の冬にも問題なく肩にかけて使える程度の長さで

鞄本体の端から端までが約50㎝です




持ち手付け根の本体内側には革とナイロンテープで

しっかり補強してありますグー







天口周りのテーピングもこんな感じにまとめてあります





横から見た図


ここはひねりて的に

ミシンの糸調子を合わせるのが難しく

ちょっと苦手なところなんですがアセアセ

今回は割とすんなり仕上げられました花まる


内側から見た図


補強テープにも軽くて扱いやすいモノグラムと

アクリルテープを使用することで

ヌメ革を使用するよりコストダウンできていますOK



分解したときはこんな感じで

変形跡がくっきり残っていたので

綺麗に汚れを落とした後

アイロンで出来るだけ折跡をとって作業してあります




それでも、やはりこの後は残ります↓




























もちろん跡が残るのは、持ち主様ご了承の事ですが

元々あった革帯を取り外して

そこに何も縫い留めないで仕上げてあるため

ステッチ跡はそのまま残るし、

革があったところとなかったところのモノグラムの色合いも

微妙に違いますキョロキョロ



ほら、内側から見たらよく分かりますでしょニコニコ




































角度によってもこんな感じ


でも、全体的に引いてみたら

ひねりて的にも、持ち主様的にも気にならないので

OKということなんですねOK



これはもともとついていたDカンです。

















特にこれを取り付ける予定ではありませんでしたが

ひねりてのサービスですクローバー

内ポケットも何もない鞄なので、

ここにキーホルダーをひっかければ使いやすいかなと・・・鍵



持ち主様にも喜んでいただけました拍手






ルイ・ヴィトン、キーポル45をトートバックにリメイク
サイズ(W28XH30XD14㎝)       58000+税円

作業期間                  約1か月半




ちなみにこの方

ひねりての以前のブログの作業例を見て

ご相談に来られました家

2018/04/14
ルイ・ヴィトン キーポル バンドリエールをリメイク!

これは革部分がすべてヌメ革で

内側の補強テープにもヌメ革を使用してあり

今回より少し横長サイズのタイプですパー


良かったら参考までに・・・


  


2019年07月06日

ルイ・ヴィトンボストンバックをトートバックにリメイク(その1)



こんにちは

ちょうど一年前の今日

西日本豪雨災害があったなんて思えないほど

今日の広島は晴天です。


被害に遭われた方全員が

一日も早く日常を取り戻されることと

災害で亡くなられた方々のご冥福を

心よりお祈り申し上げます。


つい先日の九州地方での豪雨といい

ここ数年、災害につながる天候が増えてきてますよね・・・

今日のこの日を

水害への備えについて意識し、

点検する日にさせていただきたいと思います。




では、当たり前に仕事ができる毎日に感謝して

今日も修理のご紹介です。

商品はこちらのルイ・ヴィトンのボストンバックボストンバック

恐らくサイズ的にキーポル45だと思います。





革部分は全体的に乾燥が進んでいて

ずいぶん弱っていましたなき



























以前は旅行に活躍していた鞄ですが

最近はキャスター付きのスーツケースに押されて

なかなか出番もなく

このままでは

劣化への一途をたどるばかりと思われた持ち主様が

一念発起して雷

ひねりてに相談しに来られたというわけです家





確かに、この鞄にいっぱい荷物を入れたら

ドア・トゥ・ドアでなければ持ち歩くのは大変で

出番が少なくなるのも致し方ないですよねぇアセアセ

この持ち主様のご希望は

日常的に使いやすい

トートバックに作り替えることでしたピカピカ





ってことで

お手持ちの使いやすいトートバックを参考に

このボストンバックでとれるサイズを

割り出しながら打ち合わせをし

トートバックに作り替えることにさせていただきましたパー






では分解ですハサミ


今回は弱っていた革パーツはすべて取り外して

新たにこげ茶色の革で必要なパーツを作成して

組み立てることにしましたグー




仕上がりはまた次回のお楽しみなんですが・・・

気になりますよねぇ目






じゃあ、ちょっとだけよっ音符

こんな感じに仕上がりました↓




詳細は次回のお楽しみという事で

皆さま良い週末をお過ごしくださいませクローバー



  


2019年05月25日

BREE セミショルダーバックの持ち手交換とメンテナンス



こんにちは

今日の商品はこちらです↓




グレー系のスエード革に

かわいい刺繍が施されたセミショルダーバックボストンバック



ご依頼場所はこちらの持ち手


手で持つ部分もそうですが

本体に縫い留められている部分の革も裂けてきていたので

持ち手を交換することにしました。



では仕上りご覧くださいカメラ


同じ色合いのスエードは持ち合わせがなかったし

出来るだけ強度も上げたかったので

しぼ入りスムース革のこげ茶を表に

スムース革の紫を裏に使って作成しましたグー




オーナー様のご要望で持ち手部分は

元のようには折り曲げずに仕上げてありますパー



ステッチは裏側の色に合わせて紫色にしてあります↓


深い紫色なので、

光の具合によってはあまり目立ちませんが

その隠れたお洒落的な感じが素敵でピカピカ

オーナー様にも気に入っていただけました花まる





こちらの鞄はBREEさんの商品なんですが

BREEといえばヌメ革製の鞄をイメージするひねりては

初めてお目にかかったデザインです目

















この刺繍が良く出来ていて

こんな風にステッチで表現できるんだなぁ

と感心してしまいました拍手


良く表現出来てますよねぇ花まる



ウサギやウザギ














ハリネズミもかわいいですねずみ


















せっかくのかわいい刺繍ですので

持ち手の付け根のこの部分も移動させて残しましたハサミ

before                                     after




















あとは、この機会に出来るだけ汚れも落としましょうと

ミガキを引き受けさせていただいたのですが・・・アセアセ

違い分かりますか?しょんぼり

before                                     after











  


















いい訳ですが

刺繍を傷めずに汚れを落とすのはなかなか困難でして

スプレータイプ、消しゴムタイプ、生ゴム、金ブラシ、砂けしタイプ

とあらゆるクリーナーを駆使してみたのですが・・・タラーッ

結果こんなまだらな感じの仕上がになりましたニコニコ アセアセ


でも、折り跡部分が黒ずんでいたところやシミは

ずいぶん目立たなく出来ていますよOK






BREE セミショルダーバック
持ち手交換(刺繍部分移動)
全体メンテナンス        24000+税円




サイズ的にしっかり荷物も入りつつ

持ち易そうな一品

これからさらに活躍してくれるでしょうね溜め息


そしていつか

青い鳥まで導いてくれるといいなぁ音符

なんて妄想は膨らみますクローバー






  


2019年04月13日

マッキントッシュのコートをアレンジ修理


こんにちは

今日はこちらの商品をご紹介しますカメラ


マッキントッシュのコートです。

これはひねりての私物でして

だいぶ色褪せちゃってますが、紫色で

10年以上愛用しているお気に入りの一品です花まる



今回も残念なことに

修理前の写真を撮り忘れてしまっていて

比べることが出来ないのですがワーイ

仕上がりだけでもご紹介させていただきたいと思いますカメラ


こちらの商品、

ご存知の方も多いかと思いますが

防水性のあるゴム引きの特殊な生地が特徴的な商品で

その特殊性のためか

どのクリーニング店でも受付けてくれるというわけではなくちっ、ちっ、ちっ

気楽にメンテナンス出来る代物ではありませんでしたキョロキョロ


これまで自己メンテナンスや

メーカー推奨のクリーニング店に依頼してのメンテナンスで

12年ほど愛用してきましたが

さすがに襟の付け根部分の黒ずみが目立ってきたりタラーッ

クリーニング店で接着し直してもらった

袖ぐり周りのシームテープも

再度剥がれてきてしまったりと大泣き

このまま着るには忍びない姿になってきたためがいこつ

意を決して自己治療をすることにしましたグー



まずは襟元


修理前の襟元はこのように

2枚の生地を圧着させているカーボンや

生地の間のゴムが

皮脂や汚れなどによって劣化して溶解し

染み出てきて黒ずんでしまっていましたなき


なので、この表の生地を紫のラム革に交換しましたハサミ






次に袖ぐりの表側



ここは、そこまで目立ってませんでしたが

少し擦れて穴が開きかけている部分があり

着用時には良く擦れる部分なので

今後少しでも長く愛用するために、

早めに予防する目的で

表からカバーして補強しておきましたアップ







袖ぐりの内側のシームテープがはがれていたところは


同じ紫のラム革でテープを作り

接着してカバーしましたクローバー



袖口も擦れてきて破れかかっていたので

同じくラム革を使ったパイピングでカバーして

擦れを隠し補強しましたアップ














襟表側の生地を革に交換       12000+税円

袖ぐり表側補強革カバー        
袖ぐり内側シームテープを革に交換  24000+税円

袖口周りにテーピング補強      8000+税円


合計                44000+税円

作業期間              約1か月

*修理場所に近いところの
他のシームテープがはがれかけている場合
追加料金が発生しますパー




あくまでひねりての見解ですが

正直なところこのコート

他の素材と比べて機能性が良いとは言えませんちっ、ちっ、ちっ

ゴム引きのせいか、コート自体が結構冷たくなって雪

決して保温性に優れているとは言い難いですし

細身のデザインなので着にくいし動き難い悪魔


それでも色とデザインと着用時のラインの美しさに

一目ぼれして購入して依頼

気に入って愛用し続けてます花まる


基本ひねりては

機能性とデザイン性のバランスが良いものが

好みではあるのですが

たまにはそういうお気に入りがあってもいいと思ってます音符


ただ、状態良くメンテナンスしたり保管することが

他の素材より難しいという点で

なにかと頭を悩まされ続けたのには参りましたぁガーン


今回、ここでご紹介したのは

ひねりてと同じように

ゴム引きコートを愛用していて

同じような劣化具合で着るに着られず

処分も出来ずに困ってる方がいらっしゃるのではないか

と思ったからなんですスマイル


参考までに

修理後2か月ほど着用してみた

ひねりての感想をお伝えしますと

襟元をしなやかで柔らかいラムに変えたことで

首への肌あたりが柔らかくて気持ちが良く、

着心地は良くなりましたOK


そして何よりうれしかったのは

今後長期保管する際は

良く擦れて汚れる部分が革になっていることで

革用のクリーナーとオイルで

自己メンテナンスして保管することが出来るので

毎年「高額なクリーニングに出そうか、どうしようか・・・」

と頭を悩ますこともなくなるな、と思うと

とても気分が楽になったことですクローバー


もし、同じような境遇の方いらっしゃいましたら

一度ひねりて迄ご相談くださいませ家

一緒にマッキントッシュあるある話が出来れば嬉しいですニコニコ








  


2019年03月22日

ルイヴィトン、エピのボストンバックをトートバックにリメイク(その2)



こんにちは

明日はお休みさせていただくので

いつもより早くの更新ですノートパソコン



お待たせしました、前回の続きですね

さっそくですが、予想外の展開というのはこちらです↓


組み立ててみたらこんな感じで

予想以上になんだか丸っこくなってしまったんですオドロキ



少しは予想してたんですけどしょんぼり

そもそもひねりては見た目も大事だけど

長く使うための強度を重視してしまうため

縫製部分の革の厚みを厚めにしてしまう傾向がありましてアップ

今回、もっと革をしっかり薄く漉いたり

折り目が付きやすくステッチ部の脇に溝を掘っておけば

ここまで丸くはならなかったでしょうタラーッ



















あとは、組み立て方によっても違ってきます。

今回のように内側からつまんで縫うのではなく

外側につまんで縫って、

切り口はコバコートで仕上げるという方法なら

オーナー様のイメージに近いものになりそうでしたクローバー


ただ、劣化が早そうという理由で

この部分はコバ仕上げにしたくないという

オーナー様のご要望があって

この仕上げを選ばなかったという事情がありますパー


ちなみに今回オーナー様が

イメージの見本として持ってこられたのがこちらの鞄↓

*以下の画像はヤフーショッピングHPサイトから引用しております。


サイズや仕立て方は使える革が限定されるので

同じにはいかないのは了承済みですが

置いたときの安定感や角の出具合などが

この鞄のイメージと

違う感じに仕上がりそうなのが気になりましたしょんぼり



















ただ、もうすでにカット&縫製してしまっている

という状況では

方向転換する選択肢にも限りがありますキョロキョロ


もちろん、これから仕上げていく中で

もう少し角は出せる予定で

細かい構造などもすべてお任せいただいているので

このまま進めても問題ないかもしれないのですが

やはり出来るだけオーナー様に、心から納得して

喜んでいただける商品に仕上げたかったのでちっ、ちっ、ちっ

一旦作業を中断し、色々案をひねりだしまして雷

オーナー様に再度来店してもらって

相談をさせていただきました。家


結果、これまた予想外にオーナー様は

この感じを気に入って受け入れてくださり

予定外の作業は少し増やすことになりましたが

このまま作業を進めることになりました溜め息


これまた結果オーライで良かったです拍手




では、仕上りをご覧くださいカメラ


元の鞄からとれる最大限のマチサイズに合わせて

仕上げたらこんな感じの横長トートバックになりました。




入り口の4隅を手縫いでつまんであるので

だいぶん形も整いました花まる
























中はこんな感じ


マチについていたポケットを内ポケットに使いましたパー

内側につまんだ縫いしろは

そのままにしておく予定だったのですが

見た目を考えて布テープでテーピング仕上げにしましたクローバー

新しく使う材料はすべてコバに合わせて黒色にすることで

統一感を出していますgood



底は元のボストンの時と同じように仕上げました。




もともとついていたパーツは出来る限り移動させてありますクルマ溜め息






ということで

今回のオーナー様のご要望通り

劣化したコバを綺麗にしピカピカ




端の擦れた部分をカットして無くしハサミ




ご希望の形にリメイクさせていただきましたグー



ルイヴィトン、エピ、スピーディ
横長トートバックにリメイク     54000+税円

作業期間(打ち合わせ待ち期間除く) 1か月     
       


先日オーナー様が引取りに来ていただき

笑顔のご褒美を頂きましたニコニコ


今回の予想外は大きく2回ありましたが

何とか乗り越えることが出来

その分今後に活かせる

多くの貴重な経験をさせていただきました。

これが一番のご褒美だった
王冠

今になって思えています天使


直面した時は

到底そんなこと思えませんでしたけどね・・・がいこつアセアセ


何はともあれ

みんな笑顔で終われて良かったです拍手











  


2019年03月16日

ルイヴィトン、エピのボストンバックをトートバックにリメイク(その1)




こんにちは!

今日は、インスタグラムでちら見せしておりました

こちらの商品ボストンバック


ルイヴィトン、エピ、スピーディ30のボストンバックです。




発売当時は良く見かけた鮮やかなブルー

目を引く綺麗な色ですねピカピカ



オーナー様のご要望は

まずこの持ち手のコバの劣化をきれいにすることと




この擦れた部分をなんとかすることと


ご希望の形にリメイクすることですパー




これはなかなかの難問だったんですがアセアセ

オーナー様に具体的なイメージがあり

見本を持ってご相談いただけたので

見積と打ち合わせの時間をしっかり頂いたうえで

受付けさせていただきました家



言葉だけで

内容についてあれこれ説明しても分かりにくいので

写真とともにご説明させてもらいますねカメラ



ではまず分解ですハサミ


これは何度経験しても緊張感のある作業でして

責任の重さを一番感じる瞬間でございます雷

もうやるしかないグー

前に進むしかないダッシュ

・・・・とね



そして、修理には分解して気付く

予想外の事はつきものなんですが

今回のは結構焦りましたタラーッ


マチについていたポケットを取り外してみると

隠し扉が・・・・オドロキ

これは、この鞄を組み立てる工程において

必要な切り込み口のようで

内側から革を貼ってふさいであったこともあって

ひねりては、事前にこの構造に気づくことが出来ておらず

発見した時はしばらく固まってしまいましたぁ叫び雪


というのも今回の

オーナー様のご希望の鞄に仕上げるには

このマチ部分をしっかり使う必要があったからなんですパー


冷静になって

良くよく吟味した結果キョロキョロ

何とかぎりぎりご希望のサイズくらいには仕上げられそうで

内張りに革を貼った跡が残っている所には

元と同じように元々貼ってあった革を貼リ戻す事で

オーナー様にご了承を頂け一安心天使

良かったです花まる



持ち手や根ももは取り外した時に

劣化したコートを取り除いて新しくコートしなおしましたピカピカ

before                                   after























before




after




その後

底の端の方の擦れた部分は無くなるように

カットしたうえで組み立てていきます↓





大体仕上がりのイメージついてきましたでしょうか?




ここまで来たらあと少しなのですが

ここからまた予想外の事に遭遇し悪魔

頭を悩ますこととなりましたぁキョロキョロ


では

その予想外の展開と仕上がりについては

また次回のお楽しみという事で音符

・・・今日はこの辺で失礼しまーすダッシュ






  


2019年02月09日

ヴィトンエピの折財布を費用抑え目に修理



こんにちは

今日はこの冬最大の寒波到来という事で

厳重装備で出勤したのですが

なんだ前回の寒波の時の方が寒かったような・・・しょんぼり

いまからなのかなぁ・・・キョロキョロ

せっかく寒いなら、雪もセットが好みなひねりてです雪



さて、ここで一つお知らせですマイク

この度ひねりては

インスタグラムデビューいたしました花火

相変わらずデジタルなことは苦手なのですがパソコン

やはり一人でも多くの方にひねりてのこと

修理の事を知ってもらうべく

なんとか重い腰を上げてみましたアセアセ


でも、正直まだ生まれたての小鹿状態

危なっかしくて見てられない?かもしれませんがタラーッ

このブログ同様

温かく見守っていただけると幸いですスマイル


ひねりてが、

なんだか変な動きしてるよキョロキョロ

マナー違反だよちっ、ちっ、ちっ

という行動をしているのを発見したら叫び

ダメだし、つっこみ

どうぞ遠慮なくお願いいたしますニコニコ


ということで、

怖いもの見たさで興味のある方は

こちらから覗いてみてくださいませ~目

ひねりてのインスタグラムクリック

「フォロー」や「いいね!」

で応援していただけると、なお嬉しいです音符




では本題にいきましょう

今日の商品はルイヴィトンのエピ

折財布です↓


今日はいつも以上にピンボケ酷くって

申し訳ないのですがワーイ

やはり状態を把握していただくには

写真があったほうが良いので

載せさせてもらいますパー






表              裏










ベルトが折れ曲がった部分を中心に

かなり劣化しています











折財布にはあるあるの

曲がった部分の両端が劣化していますがいこつ

特に下側は、元の縫い位置くらいまで革が削れて

なくなっているところもありますなき



これを今後長く使用できるように

しっかり丈夫に修理する場合

全体的に補強をしながら

全ての縁に新しい革でテーピングを施すことになり

かなり大がかりな作業になってしまいます金貨アップ

その内容をオーナー様に説明すると

諦めかけられたのですがダウン

「再発の時期は早い可能性高く

どれだけ使用していけるかは分からないけど・・・」しょんぼり

という枕詞付で

上記内容より費用を抑えて出来る修理をお伝えすると

それならお願いしたいという事で

ご依頼いただきましたOK



では仕上がりですカメラ





革が削れてなくなっているところだけ

革でカバーして補強してありますアップ

表              裏























革は、残念ながら

表と同じタイプはありませんが

内側のタイプにそっくりな革を持っていたので

それを使いましたパー


これは予定外の作業なのですが

もともと、ご依頼時の話で

元の縫い位置からずらして縫っても良いという

了解を得ていて○

どの程度の仕上がりを望まれているかというメージも

だいたい把握していましたので

このくらいのデザインの変化もOKと判断してOK

より強度をあげられる方法で作業することにしましたアップ


ステッチのかけ方も

使用時に負荷がかかり易い部分は

2~3目縫い返して3重に縫い留めてありますグー

表                  裏












こちらは小銭入れのバネホック

バネが壊れていたので、メス側だけ交換しました


これは交換後の写真です

当店で交換される場合は

ブランドオリジナルのロゴは無くなりますパー



あとこちらも予定外でしたが

バネホックのオス側だけ交換しました↓


通常はこっちのメス側が壊れて修理することが多いのですが




今回はオス側がこんな状態でしたオドロキ


丸かったはずの突起が

両サイド削れて、楕円のような形になってます。

長年の使用で

メス側のバネとの摩擦によって削れてしまったんでしょうねぇアセアセ

こういう状態をまじまじと確認したのは初めてだったので

ちょっと新鮮でした!クローバー




ルイヴィトンエピ折財布
表面4辺縫製し直し
2か所革あて補強
バネホックオス側交換1か所
バネホックメス側交換1か所    10000+税円

作業期間             1週間  



費用を抑えたとはいえ

決してお安くはありませんよねぇちっ、ちっ、ちっ

今回の作業の中で

出来る限りの補強はさせていただいたので

それなりにもってくれるだろう

もってほしいと願うばかりですピカピカ天使



このお財布

オーナー様が病気の父親を看病した時に

その御礼として

お父様が買ってくださったものだそうですプレゼント

そのお父上・・・

今は元気に過ごされているそうで

なによりです拍手







  


2019年02月02日

ハンドバックに脱着可能なストラップを作成


こんにちは

今日はアレンジ修理のご紹介ですスマイル


商品はこちらのハンドバックカメラ


青系統のコントラストがなんとも目を引く

お洒落な一品ですピカピカ



今回のオーナー様のご希望は

この鞄を斜め掛けに出来るようにしたいという事マイク




良く見てみると目

持ち手は脱着可能な構造になっていたのでOK

斜め掛けできる長さのストラップを新たに作成して

ハンドバックにもショルダーバックにも出来る

ツーウェイバックにアレンジさせていただくことにしましたグー



元々の持ち手は

かなり濃いめのこげ茶色でしたが

今回は費用を抑える目的もあって

鞄の中にもある黒色の

平レース革を使用することにしましたパー


裏には黒い革を貼って、コバを磨いて仕上げてありますgood


斜め掛けしたいときは

こんな感じに元の持ち手を取り外して

新しく作成したストラップを取り付けます↓






ハンドバック
ショルダー用のストラップ(134㎝)作成  9000+税円

作業期間(材料仕入れ有)          2週間




ところでこの鞄、全体的にとてもカラフルで

ちょっとしたパーティにも使えそうな一品でしたよカクテル



表はもちろんの事・・・




カブセを開けると・・・オドロキ


かぶせの内側は

キラキラ光るブルーの生地が一面に使ってあって・・・ピカピカ



内張りはまた寒色系でまとめた

かわいい図柄のプリント生地音符


と、とっても賑やかなんだけど

色合いが統一されているせいか、うるさく感じない

魅力的な一品でした花まる



持ってるだけで気分があがりそうなアップ

遊び心いっぱいの鞄ですよねぇ

素敵です拍手



これからどんどん出番が増えてくれますよう

願ってますクローバー




  


2019年01月26日

GUCCI トートバックの持ち手をアレンジ交換&底角破れの修理


こんにちは!

雪ですねぇ、広島市内は初雪かな?

これでこそ冬、好きな季節です雪



さあ、今日の商品はこちらですボストンバック


あら?デジャヴ?と思った方

いえいえ、先週と同じ種類の鞄なんですよちっ、ちっ、ちっ

そして、持ち主さまは別の方ですパー


最初にこの鞄がご依頼いただいていて

1週間もしないうちに

先週ご紹介した鞄が持ち込まれた時には

ひねりても驚きましたがオドロキ

これが結構ひねりてあるあるでしてニコニコ

なぜか同じ種類の鞄が同じ時期に集うことが

よくあるんですよねぇ

鞄同士が呼び合うんでしょうか・・・?謎ですキョロキョロ


とにかくこういう時は、

修理内容や引き渡す方を間違えないようにと

結構気を使いますアセアセ


さて、余談はこの辺にして

今回のご依頼場所はこちらの持ち手部分カメラ


持つ部分を中心にして全体に劣化してきていますが

この付け根部分の革が折れて↓

首の革一枚状態になっています叫び




後もう一つ、ちょっとわかりにくいですが

底の4隅の穴あき部分です↓


ご依頼主様と相談の結果

持ち手は新しい革で交換して

底の部分は、穴が隠れるところまで詰めて

余分はカットして仕上げることにしましたハサミ




で、仕上がったのがこちらカメラ


光の加減で違って見えはしますが

元の革色に近い濃茶で作成してあるので

いい感じに馴染んでいます花まる


そして、密かに見える裏の革は・・・濃い紫色

ちら見えする感じがお洒落ですよね音符


オーソドックスに見せておいて、

隠れたところに少し個性を出す感じ

ひねりても嫌いじゃありませんgood



土台の長方形の革は元の革と糸で

その上に新しい持ち手を縫い付けてありますグー


持ち手のステッチの色を

元の色合いに近いものでご用意できたこともあって

これまたしっかりマッチしてると思うんですが

いかがでしょう?スマイル



左が新しい持ち手でピカピカ右が元の持ち手ですがいこつ




底の穴あき部分は約1センチほど詰めて仕上げましたハサミ


穴は綺麗に無くなっていますOK

この作業によって、変わる鞄のサイズについて

厳密にいうとマイク

マチが2センチほど幅広になって

丈が1センチ短く

横幅が2センチ狭くなっていますが

たぶんパッと見分からない程度の違いです目



内側は、ひねりてでご用意できる

布テープで仕上げたので

明るい茶色になっています↓






GGプラスハンドバック
持ち手交換
底マチ詰め両サイド       23000+税円

作業期間            2~3週間



この鞄は

持ち込まれた方がお母様にプレゼントされたもので

使い込んで傷んでいたものを

再度その息子さんが修理に持ってこられたという

家族愛感じるご依頼でした拍手


プレゼントしたものをプレゼント

修理が必要なくらい使い込んでもらえるというのは

送りがいのある、嬉しいことですよねハート

また蘇らせて、

改めてプレゼントしたくなる気持ちもよく分かりますピカピカ


今回、使用する革を選ぶ際

堅実なお仕事に従事されるお母様には

出来るだけ元と同じオーソドックスな仕上げが良いだろうと

表革には元に近い色を選ばれていましたが

裏革に紫を選ばれたのは、

依頼された息子さんの遊び心を入れた感じでした音符


今頃お母様は

息子さんからの2度目の贈り物をプレゼント

大切な相棒として

毎日連れまわしてくれてることでしょうね溜め息