› ひねりてのお直ししまSHOW › 研修、出張のご報告 › 浅草 世界のカバン博物館

お願いとおことわり


     ・このブログは
      広島近郊の方には
      お店の詳細を知っていただくために、
      遠方の方には
      身近なものを修理して使用する楽しさをお伝えするために
      公開しております。パソコン

     ・カテゴリ一番上の記事
      「ひねりてからのおことわり」の内容にご了承の上
      ご来店ください。家

     ・ブログ内で、過去に修理した作業内容や価格、
      納期などをご紹介しておりますが、
      同じ修理内容でも対象商品の状態や仕上げ方などによって
      価格や納期は変わります。
      あくまで目安として
      参考にしていただくために公開しておりますので、
      予めご了承ください。スマイル

     ・2014年4月より前の記事では
      その当時の消費税率5%で価格表示してありますが、
      実際にはご来店時点での消費税率で
      対応させていただくこととなります。金貨


2013年02月25日

浅草 世界のカバン博物館


出張から帰って1週間

少しずつ体だけでなく心も日常ペースに戻ってきましたicon06



さて、今日は東京の浅草にある鞄博物館についてご紹介しますねicon96




こちらの博物館は、

エース株式会社の創業者、新川柳作さんが開設されたもので

鞄の歴史、構造などの知識情報、

世界50か国以上から収集されたコレクションがわかり易く

きれいに展示されていましたicon166



鞄についての基礎知識が足りていない

と自覚するひねりてにとって

かなりありがたい情報と刺激icon05がいっぱいのテーマパークでしたicon66





では、数ある展示品の中でも

特に印象深かったものをいくつかお披露目いたしましょうicon100



牛革ポートマントウ


かなり古い鞄のようですが、

上質な革のお蔭でとってもいい味出して存在感がありました。








         棒屋根型のボストンバック

          赤い模様がおそらくベルベットで、

          柄と質感からとってもしゃれた雰囲気が漂っていましたicon12




















ドクターバッグ型の手提げかばん

濃い茶色に鮮やかな青Xオレンジのラインがアクセントになっていて、

これまたおしゃれな一品でしたicon156




















シマウマのボストンバック

ロエベ社製、

同じ柄は世界に二つとない一品、

周りを黒革でシックにまとめている分、この柄がよく引き立ってますよねicon163












         


         空き缶で作ったアタッシェケースと
リサイクルバック

          アタッシェケースは、

          セネガルの子供達が生活の糧にお土産物として作ったもの


          リサイクルバックは、

          地球環境へに意識とデザイン感性の融合で生まれた

          ケニアのアート作品


          ほんとにどちらもアートだなぁと見入ってしまいましたface08




















センザンコウのハンドバック


白アリなどを食べるセンザンコウという動物の革だそうです。

扇型の模様と落ち着いた色合いが上品で、

金具のゴールドがさらに上質感を引き立てている感じでしたicon12

 





























カエルの革(左)、鮭の革(右)で出来た商品達

初めて間近でみましたが、

カエルは確かに模様がカエルっぽい感じで、

鮭は鱗模様があるため、トカゲや蛇の革にも見えました。


どちらもデリケートで扱いにくそうなだけに

高価な一品だということですicon169












         


          個性的なショルダーバック


           これはどこの国のものだったか忘れましたが、

           形と色、模様使いが個性的で面白いなと思ったので、

           載せてみました。


           確かアフリカ方面だったと思うのですが・・・すみませんicon10




















カラフルなスーツケース


これは単純に色がかわいいし、

形がレトロでシンプルなところがすてきだな〜

と思ってご紹介しましたface02


なんだか旅に出るのが楽しくなりそうな鞄ですよねぇicon66

久々に海外旅行行きたくなってきたなぁicon31
















と、まだまだご紹介したいくらい魅力的な鞄でいっぱいの博物館ですicon26





この博物館には、

館長と関係者の方々の鞄に対する熱い思いと深い愛情が

いっぱい詰まってるように感じられ、

とっても興味深く心地よく鑑賞できましたicon96






「もっと知りた〜い!」icon136

と思った方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細はこちらでご確認ください→世界の鞄博物館





あっ!断っておきますが、

私はこの博物館の回し者ではありませんよicon23

あくまで素直な感想をお伝えしただけですので、

誤解の無いようにお願いしますねicon166




  • LINEで送る

同じカテゴリー(研修、出張のご報告)の記事画像
東京でのあれこれ(神頼み編)
東京でのあれこれ(仕入れ編)
東京でのあれこれ(交流編)
東京でのあれこれ(お宿編)
大阪のゲストハウス 緑家
大阪仕入での収穫♪
同じカテゴリー(研修、出張のご報告)の記事
 東京でのあれこれ(神頼み編) (2017-07-29 14:52)
 東京でのあれこれ(仕入れ編) (2017-07-22 18:45)
 東京でのあれこれ(交流編) (2017-07-14 16:41)
 東京でのあれこれ(お宿編) (2017-07-08 16:32)
 大阪のゲストハウス 緑家 (2016-08-06 17:49)
 大阪仕入での収穫♪ (2016-07-01 16:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。